ロッドのアップ写真

シーバスフラットXは2023年新発売のシーバス+ヒラメをターゲットにしたエントリーロッド!

FISHING JAPAN 編集部

ソルトウォーターゲームを楽しむなら、河口域を始めとしたさまざまなエリアでその姿を見ることのできるシーバス、サーフエリアで大型サイズを狙えるヒラメをターゲットにしてみたいものです。

2023年ダイワからリリースされるロッド・シーバスフラットXなら、どちらも対象魚にできるスペックを誇っています。

詳しい特徴や、マッチしそうなおすすめリールをご紹介しましょう。

シーバスフラットXとは

シーバスフラットXとは、2023年ダイワから新発売となるソルトウォーターゲーム用スピニングロッドのことです。

設定機種は、全部で5種類用意されています。

シーバスヒラメの大型サイズが掛かっても、その負荷に耐えられるように設計されているのが特徴です。

ブランクスのバット部分には、ネジレに強いブレーディングXを採用。

パワーロスを軽減して、ロングキャスト性能や操作性能を高めています。

それではシーバスフラットX全機種のスペックを、個々にチェックしてみましょう。

シーバスフラットX・86ML

全長2.59mと、ややショートレングスなブランクスを採用しているスピニングロッドです。

2ピース仕様で、仕舞寸法は134cmにまで縮まります。

ウエイトは130gと軽めで、先径/元径は1.8/12.4mm。

適合するルアーウエイトは、7gから35gですから、小型ミノーやシャッド・シンペンなどを操るのに向いているでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで、PEラインなら0.6号から1.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%になっています。

港湾や河川・水路などで、アキュラシー精度の高いキャストが求められるシーンに使ってみたくなります。

シーバスフラットX・90ML

全長2.74mとやや長めの設計になった、オールラウンドに使えるスピニングロッドです。

継数は2本で、仕舞寸法は141cmに。

ウエイトは135gで、先径/元径は1.8/13.4mmとなっています。

適合するルアーウエイトは、7gから35gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで、PEラインなら0.6号から1.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%に作られています。

釣り場のシチュエーションも幅広く、シーバスゲームをやり込むなら持っておきたい1本でしょう。

9.6ftモデルが充実しているシーバスフラットXシリーズ!

シーバスフラットX・96ML

全長が2.90mもあるので、シーバスゲームだけでなく、ヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュもじゅうぶんに狙えるロッドに仕上がっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は149cm。

ウエイトは145gで、先径/元径は1.8/14.8mmです。

適合するルアーウエイトは、7gから35gまでに設定。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで、PEラインなら0.6号から1.5号までになっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、87%です。

MLパワーブランクスなので、しなやかさがバイトをむやみに弾かずに、安定したフッキングレスポンスを提供してくれるはずです。

シーバスフラットX・96M

全長は2.90mで2ピース仕様のMパワーブランクス、仕舞寸法は150cmになっています。

ウエイトは160gで、先径/元径は2.0/14.8mmと太め。

適合するルアーウエイトは、10gから50gまでなので、重めのバイブレーションルアーなどをしっかりポイントまで届けることができます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまで。

PEラインなら、0.8号から2.0号まで対応可能です。

ブランクスのカーボン素材含有率は、87%です。

シーバスフラットXの最長モデルを詳しくチェック!

シーバスフラットX・100M

全長が3.05mと、最長を誇るスピニングロッドです。

サーフエリアでロングキャストを敢行可能なので、ヒラメ・マゴチをターゲットにしたフラットフィッシュゲームを楽しめるでしょう。

もちろん広大な河口域などで、シーバスを狙うこともOKです。

2ピース仕様で、仕舞寸法は157cmに。

ウエイトは170gで、先径/元径は2.0/14.8mmです。

適合するルアーウエイトは、10gから50gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまで対応可能。

PEラインなら、0.8号から2.0号まで扱えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、87%です。

ライトショアジギングゲームにも転用できる、ロングキャスト目的の1本といえるでしょう。

シーバスフラットXに装着して使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

それではシーバスフラットXに装着して使ってみたくなる、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

まずはショートレングス寄りのロッドにマッチするものから。

番手は3000番台なら、ラインのストック量も丁度いいのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT3000S-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT3000S-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥12,100(楽天市場)

Amazonへ ¥12,500

楽天市場へ ¥12,100

Yahoo!へ ¥12,875

ダイワのコスパ優秀なスピニングリール・レグザシリーズの中から、3000番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき93cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

ウエイトは245gで、最大ドラグ力は余裕の10kg。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを100m、PEラインなら0.8号を200mまで巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトで滑らかなハンドル回転を体感できます。

ローターの追従性も良好で、ドラグの利きもじゅうぶん。

港湾から河川エリアにかけて、さまざまなシチュエーションでシーバスを狙うのに適しているでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に抑えられています。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT4000S-CXH(2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT4000S-CXH(2019モデル)

最安値価格
¥15,121(amazon)

Amazonへ ¥15,121

楽天市場へ ¥17,325

Yahoo!へ ¥15,420

4000番サイズのレグザも扱いやすく、ロングレングスのスピニングロッドとの相性はバツグンです。

ギア比は6.2対1で、ハンドル1回転につき99cmのラインを巻き取れるようになっています。

ウエイトは275gで、最大ドラグ力は12kg。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m、PEラインなら1.5号を170mまで巻くことができます。

ハンドルの長さは60mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、ハンドルは軽快に回りますし、ハンドルノブの握り心地もバッチリ。

大きな負荷が掛かっても、これなら強引に回して魚を引き寄せることができるでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

このラインキャパなら、ライトショアジギングゲームへの転用も難なくこなせるはずです。

シーバスフラットXの気になる発売日はいつ?

シーバスフラットXの気になる発売日は、2023年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、13,000円から15,500円です。

ベーシックなエントリーロッドがどんどんラインナップされると、ソルトウォーターゲームを始める人が増えてきます。

釣りの楽しみを分かち合えるのは嬉しい限り、もっともっと扱いやすいエントリーロッドが開発されることを望みます。

硬めブランクスのアイテムがあっても面白いので、追加ラインナップのリリースも期待しましょう。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング