ルアーのアップ写真

シーバスハンター シンペンZなら投げて巻くだけ!2022年新登場のシーバス用シンペン

FISHING JAPAN 編集部

ミノーをキャストしてもなかなか口を使ってくれないタフなシーバスには、よりナチュラルな演出のできるシンペン=シンキングベンシルベイトに頼りたいところ。

2022年にダイワから新発売されるシンペン・シーバスハンター シンペンZなら、広範囲を的確に探って誘いをかけられるでしょう。

その特徴やアプローチ方法、おすすめのタックルについてご紹介します。

シーバスハンター シンペンZとは

シーバスハンター シンペンZとは、2022年ダイワからリリースされる、シーバスゲーム用のシンペンのことです。

全長は90mmとややコンパクトで、ウエイトは16.5g。

これならポイントに過度なプレッシャーを与えず、連続でアプローチしてシーバスを誘えるでしょう。

リトリーブするとタイトなウォブンロールアクションを発生し、トレースする水深は約30cmから約80cmほど。

シーバスが小魚を追い詰める水面直下付近を泳げるので、その視野にとらえられる可能性は高いでしょう。

フックは、トレブルフックのST-46の6番を標準で装備していて、スプリットリングは3番サイズです。

そもそもダイワのシーバスハンターZシリーズは、コスパ優秀なルアーとして知られています。

多くのアングラーに使われていて、長期に渡るヘビーユーザーもかなりいるはず。

そのシリーズにシンペンが加わることで、ますますファンが膨れ上がるのは、間違いなさそうです。

シンペンは、小魚が傷ついて弱った状態を表現するのを得意としていますから、キヒキビ動くリップ付きミノーとは、アクションの質が異なります。

まずはミノーを投入して水押しアクションで誘いをかけ、シーバスの反応がイマイチならシンペンにローテーションするのが、攻略の糸口となるかもしれません。

シーバスハンター シンペンZなら価格も安く、さまざまなカラーバリエーションを揃えやすいので、ルアーローテーションの一角を担わせるのに適しています。

キャストしてスローリトリーブすると、きっちりテールスイングしながらアクションを繰り出しますから、ゆっくりとただ巻きするだけで誘いはOK。

そこでキルを入れてフォールさせると、水平姿勢のままローリングアクションでフォールします。

縦方向に誘いをかけることも可能なので、ストラクチャーをなぞるようにアプローチにも向いているでしょう。

他魚種を幅広く狙うのに向いているシーバスハンター シンペンZ!

シーバスハンター シンペンZの細長いフォルムは、ロングキャストに向いています。

ということは、サーフエリアで沖合いにキャストして、ヒラメやマゴチ・青物などもターゲットに含めることが可能になるでしょう。

標準の6番トレブルフックを太軸にしたり、5番や4番に換装したりして、他魚種に対処してみるのも面白いかもしれません。

とてもシンプルなデザインなので、アングラーが工夫を加えやすく、自由なイマジネーションで使うことのできるシンペンになってくれそうです。

フィッシュイーターたちの歯型を、ボディにたくさん残してみたいものです。

合計10種類のカラーバリエーションから選択可能!

シーバスハンター シンペンZには、合計で10種類ものカラーバリエーションが用意されています。

流行りのコノシロ模様や、チャート系の目立つものなど、釣り場にマッチしたカラーを選んでラインに結ぶようにしましょう。

●キビナゴフラッシュカラー

●チャートバックパールカラー

●バーニングイワシカラー

●不夜城カラー

●ブルピンイワシカラー

●マットチャートイワシカラー

●レーザーマイワシカラー

●レッドヘッドカラー

●3Dイナッ子カラー

●3Dコノシロカラー

ダイワのシーバス用ルアーに採用されている人気カラーや、実釣でよく使われるカラーなどから選べるよえになっているのが嬉しいです。

シーバスハンター シンペンZをキャストしてリトリーブを繰り返すのにおすすめのタックルを選んでみた!

シーバスハンター シンペンZを操作してシーバスを誘い出すのに向いている、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

スピニングタックルなら、ロングキャストによるアプローチを実践しやすいです。

ラインキャパ多めのスピニングリールを装着して、広範囲からビッグサイズのシーバスを誘い出しましょう。

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ・R 90ML・R 釣り竿

ダイワ(DAIWA) シーバスロッド ラテオ・R 90ML・R 釣り竿

最安値価格
¥19,281(amazon)

Amazonへ ¥19,281

楽天市場へ ¥19,360

Yahoo!へ ¥19,360

ダイワのラテオシリーズなら、コスパ優秀で購入しやすいでしょう。

ブランクスには適度な張りがあり、ロングキャストを決めることもカンタンにおこなえます。

全長は2.74mと、取り回ししやすい長さに作られています。

継数は2本で、仕舞寸法は142cmにまで収まりますから、クルマからの積み下ろしも楽でしょう。

標準自重は123gと、やや軽め。

先径/元径は、1.6/12.4mmと細めに設計されています。

適合するルアーウエイトは、7gから35gまでですから、シーバスハンター シンペンZをキャストするのにベストマッチです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで。

PEラインなら、0.6号から1.5号までを扱えるようになっています。

0.6号で10lb以上の強度があるので、シーバスハンター シンペンZのウエイトならじゅうぶん耐えられるでしょう。

細いPEラインを用いれば、かなりの飛距離を期待できます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96%です。

実際に手に取って振ってみると、ブランクスのパワーはしっかり備わっていて、ブレの収束もスムーズ。

ガイドにはラインが絡まりにくいですから、ライトラインを積極的に使ってみるのがいいかもしれません。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に設定されています。

シーバスゲームはもちろん、サーフエリアでロングキャストするのにも転用可能なのが嬉しいです。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT3000S-CXH (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス LT3000S-CXH (2020モデル)

最安値価格
¥28,000(amazon)

Amazonへ ¥28,000

楽天市場へ ¥28,527

Yahoo!へ ¥28,088

軽量で扱いやすいと定評のある、ダイワのルビアスシリーズ・3000番モデルです。

ギア比は6.2対1なので、ハンドル1巻きにつき93cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

自重は180gと軽めで、長い時間の釣行でも手首や腕が疲れにくいでしょう。

最大ドラグ力は余裕の10.0kgで、ラインキャパはPEラインなら、0.8号を200m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実際に手にして使ってみると、軽さが高い感度を生み出していて、ラインから伝わる情報をきっちりとらえられる印象です。

ハンドル回転はエクストラハイギアにもかかわらず、滑らかでスムーズ。

ローター回転の追従もバッチリで、軽くラインスラックが発生しても、瞬時に解消してスプールに収めることができます。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

連続キャストを丁寧に実践しながら、シーバスや他のフィッシュイーターによるバイトを、確実にフッキングに持ち込むようにしましょう。

ドラグのレスポンスも秀逸なので、しっかり効かせてラインブレイクに鳴らないように対処したいものです。

シーバスハンター シンペンZの気になる発売日はいつ?

シーバスハンター シンペンZの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、900円です。

千円を切る安さで基本性能が充実しているシンペンですから、さまざまなショアキャスティングゲームのシーンで活躍することになりそうです。

フックポイントのチェックはこまめにおこなうようにして、少しでも鈍っているようなら即座に交換する習慣を身に着けましょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング