ロッドのアップ写真

5ピース仕様ロッド・ブラックレーベル トラベルに2022年モデルが3機種新登場!

FISHING JAPAN 編集部

ブラックレーベルシリーズといえば、ダイワのバス釣り用ロッドとして有名です。

その中に5ピース仕様のマルチパーパスなロッドがラインナップされていて、ブラックレーベル トラベルシリーズとして人気を博しています。

2022年には新しく3機種が追加される予定になっていて、どんなスペックなのか気になるところです。

ここでは、その詳細や使い方についてご紹介しましょう。

ブラックレーベル トラベルの追加3機種を個別にチェック!

ブラックレーベル トラベルシリーズとは、5ピース仕様のルアーキャスティングロッドのことです。

仕舞寸法が50cm以下になるので、航空機を使った遠征釣行などにも柔軟に対応できるのが強みです。

2022年には待望の追加機種が登場しますから、ひとつずつ詳しくチェックしてみましょう。

●ブラックレーベル トラベル・C66ML-5

このベイトロッドは、全長が1.98mと2mを下回っている長さです。

取り回しがよく、連続キャストをどの角度からでも投入できる扱いやすさが備わっています。

仕舞寸法はなんと46cmで、旅行バッグの中にすっぽり収まってしまいます。

ウエイトは107gと軽めで、先径/元径は2.1/12.9mm。

適合するルアーウエイトは、3.5gから21gですから、かなり守備範囲の広いロッドといえるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから14lbまで、PEラインなら最大3号までです。

ブランクスはレギュラーテーパーで、カーボン素材の含有率は99%です。

投げやすさと操作性・感度を重視した作りで、高弾性HVFナノプラスをブランクスに採用しています。

ベイトフィネスによるワーミングや、トップウォーター・ジャークベイトなどを軽妙に操作できるようになっています。

大口径のダブルフットステンレスフレームガイドが搭載されていて、衝撃に対する耐久性も兼ね備えています。

クランクベイトをキャストしてリトリーブをおこなう際に、カバーを柔らかくクリアできるようなテイストに仕上げられているとのこと。

硬過ぎないブランクスなら、バス釣りはもちろんボートシーバスやチヌゲームにも応用が利きそうです。

ブラックレーベル トラベル・C70M-5のスペックを知りたい!

●ブラックレーベル トラベル・C70M-5

こちらもベイトロッドで、全長は2.13mと長めに作られています。

仕舞寸法は49cmで、ウエイトは120gと軽め。

先径/元径は2.4/13.9mmと太目で、適合するルアーウエイトは5gから28gです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lb、PEラインなら最大で3号までです。

ブランクスはレギュラーファーストテーパーで、カーボン素材含有率は99%です。

強いロッドティップと曲がりのしっかりしたベリー、そして強靭なバットセクションが連なっていて、投げやすさとロングキャスト性能を満喫できるでしょう。

比較的重めのルアーも背負えますし、バス・ロックフィッシュ・シーバス・青物などもターゲットにすることが可能です。

しっかり飛距離を伸ばして、広範囲からフィッシュイーターたちを呼び寄せたいものです。

ブラックレーベル トラベル・S70ML+-5はロングキャスト対応可能なスピニングロッド!

●ブラックレーベル トラベル・S70ML+-5

こちらはスピニングロッドで、全長2.13mで仕舞寸法が50cmです。

ウエイトは113gと軽めで、先径/元径は1.8/12.3mmとなっています。

適合するルアーウエイトは、2.7gから28gと幅広く、適合するラインはモノフィラメントラインなら6lbから14lbです。

PEラインなら、最大で1.5号までです。

ブランクスはファーストテーパーで、カーボン素材含有率は99%に設定されています。

バットパワーを強くしているので、1オンス級の重さのルアーでも、しっかりトロングキャストできるようになっています。

ボートシーバスや小型青物のキャスティングゲーム、ヒラメ・マゴチ・チヌゲームなどにも対応可能です。

ロンググリップや大口径ガイドにより、大物とのやり取りも安心して楽しめるでしょう。

ブラックレーベル トラベルにマッチしそうなおすすめリールを取り上げてみた!

ブラックレーベル トラベルの追加ラインナップにマッチしそうな、おすすめのリールを選んでみましょう。

まずは、ベイトリールから。

太目のラインを贅沢に使いたいなら、ラインキャパの大きなものが向いています。

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

ダイワ 21 タトゥーラ TW 300XH

最安値価格
¥26,454(楽天市場)

Amazonへ ¥26,455

楽天市場へ ¥26,454

Yahoo!へ ¥26,454

タトゥーラTWシリーズで、300番サイズの大型モデルです。

ギア比は8.1対1なので、ハンドル1巻きにつき109cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は11kgで、大型魚が掛かってもドラグフルロックで対処できそうです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを145m巻けます。

PEラインなら、5号を160m巻けます。

自重は325gとやや重めで、スプール径は43mmです。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に使ってみると、結構ボリュームはあるものの、手のひらに収まるサイズに設計されています。

重いというより、豪快に魚を引き寄せられるウインチのような印象のほうが強いです。

TWSを装備しているので、ロングキャストは得意。

特に太いラインで飛距離を伸ばせるのが、大きなメリットといえるでしょう。

バックラッシュトラブルは皆無だったので、テンポよくさまざまなポイントへルアーを送り込めるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

大型のペンシルやビッグベイト・ジョイント系スイムベイトなどをキャストし続けたい人に、ぜひ使ってもらいたい逸品です。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック LT4000-CXH (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 バリスティック LT4000-CXH (2019モデル)

最安値価格
¥30,980(amazon)

Amazonへ ¥30,980

楽天市場へ ¥36,458

Yahoo!へ ¥31,665

人気のバリスティックシリーズで、中型4000番サイズのスピニングリールです。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき99cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

標準自重は210gと軽めで、最大ドラグ力は12.0kgもあります。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら10lbを190m巻けます。

PEラインなら、2.0号を170m巻くことができます。

実際に手に取ってみると、滑らかな巻き心地が継続するので、安定したリトリーブをおこなえる印象です。

ローターの回転もスムーズで、フッキング後の負荷にも耐えながら順調に巻き取れます。

引っ掛かりや巻き心地の変化は、しばらく使ってみても感じられませんでした。

ラインローラー部分に浮きゴミなどが付着するので、定期的に取り除いてライントラブルにつながらないように努めたいものです。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

ボートシーバスゲームなどで使い勝手のいいスピニングリールなので、遠征先でボートに乗る機会があるようなら、ぜひ持参したいものです。

ブラックレーベル トラベル追加モデルの気になる発売日はいつ?

ブラックレーベル トラベル追加モデルの気になる発売日は、2022年の2月を予定しています。

シリーズ全機種のメーカー希望販売価格は、43,000円から48,000円です。

どんどん旅行ができるようになれば、釣り遠征の機会も増えます。

旅行バッグに収められる仕舞寸法でありながら、高いスペックを誇るブラックレーベル トラベルの需要は、もっと大きく膨らんでいくでしょう。

モバイルロッドの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング