魚とルアーのアップ写真

ルアープラグでメバリングを楽しみたい!プラッギングの釣り方+おすすめアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

メバルのルアーゲーム=メバリングを楽しむアングラーが、年々増えています。

堤防などでよく見かけるのが、ジグヘッドにワームを装着してキャストするワーミングの釣り方ですが、ルアープラグを用いたプラッギングによるアプローチも興味深いです。

ここでは、メバリングをプラッギングで楽しむ方法や、おすすめのルアープラグをご紹介しましょう。

メバルのプラッギングゲームにおすすめのアイテム①ダイワ・月下美人 夜霧Z

メバリングをルアープラグで楽しむ、プラッギングの釣り方は、とても魅力的で奥深いものがあります。

ワームよりもルアープラグのほうが、飛距離を伸ばせますし、水押し効果が高くなります。

いわゆる波動でルアープラグの存在感を際立たせて、メバルを振り向かせるわけです。

ワームはエサに近いフォルムや微細な動き、ニオイ・味などを表現できますが、メバルの居場所が確定できないとき、引き寄せて食わせるほどのパワーが備わっていません。

そういう点で、ルアープラグを操るプラッギングのほうが、メバルに遭遇できる可能性は高いといえそうです。

しかも自分の操り方次第で、釣果が変わるのですから、ヤリガイに満ち溢れている側面も持ち合わせています。

メバルのプラッギングゲームに使ってみたくなる、おすすめのルアープラグとしてまず挙げたいのが、ダイワからリリースされている月下美人 夜霧Zシリーズです。

水面に浮かぶフローティング仕様から、ボトムに向かって沈んでいくシンキング仕様まで、月下美人 夜霧Zシリーズには合計4種類のタイプがラインナップされています。

トレース可能なレンジが、それぞれで異なるため、きっちりと使い分けができるのが大きなメリットでしょう。

重心移動システムを小さなボディ内部に搭載しているので、イメージよりもはるかに飛距離を伸ばせます。

この一点においても、ワームによる釣り方とは一線を画しています。

月下美人 夜霧Z42Fは、全長42mmでウエイト1.9g。

フックには、サクサス仕様の14番サイズトレブルフックが、前後に2つ付いています。

水面で漂わせるような操り方をすると、メバルが下から突き上げてくるかもしれません。

月下美人 夜霧Z42Sは、全長は同じでウエイトは3.7gまで跳ね上がります。

飛距離はこちらのほうが伸びますし、メバルが沈み気味のときに有効です。

月下美人 夜霧Z42F-DRは、ウエイトが2.2gで、水深1m程度のレンジをトレースするのに向いています。

月下美人 夜霧Z42S-DRは、ウエイトが3.1gで、水深1.5m程度のレンジを横方向に探るのに適しています。

この4種類の月下美人 夜霧Zを持っていれば、釣り当日のメバルの居場所を、短時間で絞り込めるのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) アジング メバリング 月下美人 夜霧Z 抱卵エビ 42S-DR ルアー

ダイワ(DAIWA) アジング メバリング 月下美人 夜霧Z 抱卵エビ 42S-DR ルアー

最安値価格
¥1,056(楽天市場)

Amazonへ ¥1,123

楽天市場へ ¥1,056

Yahoo!へ ¥1,056

メバルのプラッギングゲームにおすすめのアイテム②ダイワ・月下美人 しらすJ

メバリング用に作られた、ジョイント構造のシンペンが、月下美人 しらすJです。

2種類のタイプが用意されていて、55SSのほうが、全長55mmでウエイト2.5gのスローシンキング仕様。

サクサス加工の14番トレブルフックが、2つ付いています。

55Sのほうが、全長は同じでウエイトが3gのシンキング仕様になっています。

どちらも頭部アゴ下に、極小のリップのような突起が出ていて、ここに前方からの水流が当たるので、軽い引き抵抗を感じながらリトリーブを続けることができます。

また水面から飛び出してしまうことも、しっかりと防いでくれています。

実際に水中でスイミングさせると、震えるようなアクションをイレギュラーに発生させます。

これがシラスなどのベイトフィッシュが持つ生命感を、じんわり溢れさせてくれるのです。

そばまで近寄ってきたメバルが、迷わずにバイトしてくるのを見ると、まさに生き物そのものと判断しているのでしょう。

頭部アゴ下には、ウエイトルームも飛び出しています。

独特な形状ですが、これによって全体が低重心化し、安定したスイミングアクションのベースを作り出しているのでしょう。

ウエイトルームそのものに透明感があるのも、メバルの好みに通じている感じがします。

ダイワ(DAIWA) 月下美人 しらすJ 55SS

ダイワ(DAIWA) 月下美人 しらすJ 55SS

最安値価格
¥1,161(楽天市場)

Amazonへ ¥1,288

楽天市場へ ¥1,161

Yahoo!へ ¥1,190

メバルのプラッギングゲームにおすすめのアイテム③タックルハウス・オルガリップレス

メバリングに欠かせないルアープラグをリリースしているのが、老舗ルアーメーカーのタックルハウスです。

中でもとてもシンプルなデザインで人気が高いのが、スローフローティング仕様のオルガリップレスです。

水面に浮かべて、水に絡んでは浮き上がるアクションを繰り返していると、メバルがスーッと集まってきます。

そこからただ巻きリトリーブを開始するだけで、最後尾のトレブルフックをきっちり吸い込んでくれるでしょう。

V字の引き波は、さほど強いものではありませんが、逆にそれが功を奏しているのかもしれません。

全長50mmタイプは、ウエイトが3.3g。

これならメバリング用のスピニングタックルで、ロングキャストを敢行しやすいでしょう。

少し沖合いの潮目を叩きたいときや、潮の流れに乗せてプラッギングをおこないたいときに重宝します。

リップが突き出ていないデザインなので、飛距離は伸ばしやすいのではないでしょうか。

小さなボディなのに、重心移動システムを搭載しているので、広範囲を探ることができます。

潜行深度は、水深20cm程度と考えてください。

ゆらゆら・ふらふらとローリングアクションを繰り返しながら、メバルをどんどん引き付けてくれます。

タックルハウス(TackleHouse) ミノー ショアーズ オルガリップレス 50mm 3.3g アミボール #43 SOL50 ルアー

タックルハウス(TackleHouse) ミノー ショアーズ オルガリップレス 50mm 3.3g アミボール #43 SOL50 ルアー

最安値価格
¥1,353(amazon)

Amazonへ ¥1,353

楽天市場へ ¥1,375

Yahoo!へ ¥1,376

メバルのプラッギングゲームにおすすめのアイテム④シマノ・ソアレ アーマジョイント60F/60Sアーマブースト

シマノからもメバリングに適したルアープラグが、数多くリリースされています。

ソアレ アーマジョイントには、フローティング仕様の60Fと、シンキング仕様の60Sがラインナップ。

60Fは、全長が60mmでウエイト4.1g。

フックは、14番サイズのトレブルフックが、前後に1つずつ付いています。

60Sは、全長が同じでウエイトが5.5g。

1秒で22cmフォールするように作られています。

実際にフィールドでよく使うのが、60Fのクリアシルバーカラー。

キャストして水面に浮かべながら、時折ロッドワークを加えると、ボディをくの字に曲げてクイックなターンを繰り返します。

その際に発生する波動が、水面を強めに攪拌しますから、メバルをしっかり引き付けてくれます。

そのままアクションを止めて、漂わせた状態でバイトに持ち込むことができます。

またリトリーブを開始して、ゆらゆらとボディをくねらせながらスイミングさせていると、真下からの突き上げバイトが発生することも。

独特な水押し効果が備わっていて、特にタフコンディション攻略に効果があるように感じました。

ジョイント部分の可動域が大きく、ここまでボディが折れ曲がるルアープラグは珍しいかもしれません。

アングラーの釣りスキルによって、もっと幅広い使い方に対応できる、フトコロの深さを実感します。

カラーバリエーションは、合計10種類と豊富ですから、日照や常夜灯の光量や潮の濁りなどに合わせて、使い分けてみましょう。

シマノ(SHIMANO) ライトソルトルアー ソアレ アーマジョイント 60F アーマブースト XJ-160W 008 クリアシルバー

シマノ(SHIMANO) ライトソルトルアー ソアレ アーマジョイント 60F アーマブースト XJ-160W 008 クリアシルバー

最安値価格
¥1,188(amazon)

Amazonへ ¥1,188

Yahoo!へ ¥1,510

メバリングをプラッキングでアプローチして大物を釣り上げよう!

メバリングをプラッキングでアプローチする方法や、おすすめのルアープラグをご紹介しましたが、いかがでしたか?

まだまだ数多くのルアープラグが存在していますから、自分でお気に入りを探してみるのも楽しいかもしれません。

海水に浸けた後のフックは、必ず真水で洗浄してから乾燥保管するように心がけましょう。

メバリングの関連記事はこちら

メバリング」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング