メバルとロッドとリールの写真

メバルロッドの選び方!コスパ優秀で人気のあるメバリング専用ロッドはどれ?

FISHING JAPAN 編集部

メバルが各地で釣れる季節になると、メバリング愛好家や初心者の人が専用タックルを求めて釣具店に出向きます。

店舗スタッフへの質問で多いのは、メバルロッドの選び方や使い方について。

どんな長さのロッドが好まれているか?や、どんなアプローチでメバルをゲットしているか?など、興味のあることを熱心に尋ねていますよね。

コスパ優秀で価格が安いことも、最重要ポイントでしょう。

そこでここでは、注目されているメバルロッドのスペックの紹介やインプレ等をピックアップしてみます。

メバルロッドとは

メバルロッドとは、ライトソルトゲームで扱う軽量で高感度のロッドを指しています。

メバリングと称される釣り方では、ジグヘッド+ワームをキャストして探るアプローチがメインになっていて、その操作性に長けたロッドが求められていますよ。

ブランクの軽さは、アジングロッドに匹敵するレベルで、ガイドシステムも細いラインを操りやすいものが採用されています。

ライントラブルに見舞われると、釣りの手返しやテンポが乱れてしまいますから、ガイドシステムにはしっかりこだわってロッド選びをおこないたいですね。

おすすめのメバルロッド①メジャークラフト・エヌワンメバルチューブラーNSL-T902MH

おすすめのメバルロッドをご紹介しましょう。

まずは注目の長さ・9ftモデルをラインナップしている、メジャークラフトのエヌワンメバルチューブラーから。

このロッドは、メバルロッドとしては珍しい長さ・9ftを採用しています。

約2.74メートルも長さがありますから、通常のメバリングとは異なるアプローチができますよ。

メジャークラフト メバリングロッド スピニング エヌワンメバルチューブラー NSL-T902MH 釣り竿

メジャークラフト メバリングロッド スピニング エヌワンメバルチューブラー NSL-T902MH 釣り竿

参考価格:¥19,800

Amazonへ

楽天市場へ

メジャークラフトのメバルロッド・エヌワンメバルチューブラーNSL-T902MHを実際に使ってみました。

ロッドティップは、その名の通りチューブラー仕様でビシッとしていて、ダルな感じは受けません。

最大ウエイトで20グラムまでのルアーをキャスト可能ですから、ジグヘッド+ワームだけに使うのはもったいない!というか、マッチしづらいですよね。

流行りのフロートリグ=重さのある飛ばしウキにジグヘッド+ワームを取り付けて、遠投で広範囲を探るリグで活用しました。

沖合いに潮目が見えるところへ、じゅうぶんに届いてしまう飛距離に納得。

メバリングでこんなにルアーを飛ばせることに、感動してしまいます。

当然これまで釣ることのできなかった、沖の表層にライズしているメバルの群れを叩くことが可能になりましたし、足元もシモリやテトラをうまく越えてランディングすることもできます。

極端にバラシが減って、自分のメバリングスタイルが変わったと実感させてくれるロッドですね。

フロートリグ以外では、マイクロサイズのメタルジグをキャストすることも可能ですよ。

ボトム付近から表層まで、きっちり探って尺メバルをゲットしたいですね。

ちなみに同じポイントから、ロックフィッシュが釣れてしまうことが多々あります。

アイナメの40センチクラスをこのロッドで掛けたのですが、キレイに曲がって耐えてくれました。

メバルのときのように、すぐに浮かせることはできませんでしたが、じゅうぶんなトルクとパワーでアイナメをランディングに持ち込めましたよ。

岩に引っ掛かってバラすこともなく、ラインも擦って傷めることもなく操れたのは、このロッドの長さのおかげかもしれませんね。

おすすめのメバルロッド②ダイワ・月下美人MXモバイル610L-S-5

ダイワのライトソルトゲーム用ロッドには、5本継ぎ仕様のモバイルタイプがラインナップされています。

これがかなり使い勝手の良いロッドで、自重はたったの67グラムしかありません。

最大ウエイトで8グラムのルアーまでキャストできますから、メバリングで使う軽量ルアーに対応できるでしょう。

ダイワ(DAIWA) 月下美人 MX モバイル 610L-S-5

ダイワ(DAIWA) 月下美人 MX モバイル 610L-S-5

参考価格:¥21,542

Amazonへ

楽天市場へ

実際に持ち運びしてみると、仕舞寸法が50センチに満たないので、全然邪魔になりません。

バッグの中に忍ばせておくことも、クルマのトランクルームの隅に保管しておくこともできますよ。

継ぎ部分はインロー継ぎでカッチリセットできるので、2ピースロッドと何ら変わらない使用感を楽しめるのがいいですね。

グリップはダウンロック機構を採用、リールフットを包み込むように握れるので、手元感度が上がっている気がします。

ガイドシステムは、オールチタンフレームのSiCガイドリングを搭載。

シャープに振り抜けて、シェイクしながらのリトリーブも余裕でこなすことができます。

メバルをフッキングしてみたら、ベリー部分から美しい弧を描いて曲がるので、水面まで浮かせるのにさほど時間はかかりませんでした。

多分もう少し時間をかけてメバルを弱らせることもできるので、大型の尺メバルサイズが掛かっても安心してやり取りができるでしょう。

昔はモバイルロッドといえば、釣りができればそれでよし!みたいなところがありましたが、質感の向上が釣りの幅を広げていると体感できるレベルにまで到達しています。

今後リリースされるモバイルロッドにも、大きな期待を寄せてしまいますね。

リールに関しても、もっと大胆にモバイル機能に特化したものが作られてもいいのではないでしょうか。

スピニングリールとベイトリールが、リールのほとんどを占めている状態が長く続いています。

そろそろそういったカテゴリーに属さない、全く新しいリールを見てみたいですね。

おすすめのメバルロッド③アブガルシア・ソルティーステージ メバルSTMS-762ULT-KR

こちらは7.6ftのファーストテーパーモデルで、ジグヘッドやミノーなどをキャストするのに向いているメバルロッドです。

自重97グラムと軽く、ルアーは8グラムまでキャストできますよ。

7フィート台の長さのメバルロッドは、オールラウンドにさまざまなアプローチに対応できるのがメリット。

釣り場のシチュエーションが分かりづらいなら、これを持参していろいろ試すようにしてみれば、メバルにたどり着くのが早まるかもしれません。

アブガルシア(Abu Garcia) メバリング ロッド スピニング ソルティーステージ メバル STMS-762ULT-KR

アブガルシア(Abu Garcia) メバリング ロッド スピニング ソルティーステージ メバル STMS-762ULT-KR

参考価格:¥12,705

Amazonへ

楽天市場へ

このロッドに2グラムのジグヘッドとシャッドテール系ワームを付けて、岩礁帯エリアの表層を引っ張ってみました。

ところどころに岩の亀裂が走っているので、その上までルアーが来たらキル。

ふわりと沈めてアタリを待つと、明確な引きでロッドティップが曲げられていきます。

その瞬間にフッキングを決めると、ブランクのパワーによってメバルがこちらへ飛んできますよ。

カサゴやアイナメ・ソイなどの重めのロックフィッシュを掛けても、伸されてしまうことはなく、アングラー主導でやり取りできるのが嬉しいですね。

グリップはコンパクト設計で握りやすいので、メバルの引きが強くても難なく寄せることが可能です。

コスパ優秀なおすすめメバルロッドもピックアップ

メバリングを始めたい初心者の人には、コスパ優秀で価格の安いメバルロッドが用意されています。

特にメジャークラフトからは、1万円を下回る安い価格のものがラインナップ。

これならスピニングリールとセットで購入しても、2万円以内でメバリングタックルが揃いそうですよね。

ハジメの一歩が釣りの場合とても重要で、そこに敷居の高さを感じてしまうと、なかなかのめりこめないことに陥ってしまいます。

メバリング自体が楽しい釣りですから、なんとか越えてもらうためにも、初心者向けアイテムが充実していることはメリットといえるでしょう。

メジャークラフト メバリングロッド スピニング ファーストキャスト メバル

メジャークラフト メバリングロッド スピニング ファーストキャスト メバル

Amazonへ

メジャークラフト メバリングロッド スピニング ソルパラ SPS-T792M 7.9フィート 釣り竿

メジャークラフト メバリングロッド スピニング ソルパラ SPS-T792M 7.9フィート 釣り竿

参考価格:¥8,850

Amazonへ

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック S76UL 7.6フィート

シマノ(SHIMANO) スピニングロッド ルアーマチック S76UL 7.6フィート

参考価格:¥5,471

Amazonへ

楽天市場へ

実際にファーストキャストやソルパラを手にしてみると、これでじゅうぶんメバリングが楽しめることを感じることができます。

持ち重り感はしないですし、軽いルアーでもしっかり狙ったところに届けることが可能です。

メバルが掛かってからも、弾いてバラしてしまうことは一度もなかったですから、このロッドからスタートしてみることをおすすめしたいですね。

細いPEラインやエステルラインを使うことで、ガイドリングとの接触度合いを気にする人がいますが、メバル自体がそんなに重い魚ではないので、ラインやガイドリングに負荷が掛かり過ぎることはないでしょう。

自分に合ったメバルロッドをゲットしてメバリングを楽しもう!

メバルロッドの選び方やおすすめアイテムを特集しましたが、いかがでしたか?

かなり幅広いロッドラインナップが、各ロッドメーカーから提示されていますから、選ぶのに戸惑ってしまうかもしれません。

そんなときは、今現在の自分の釣りスキル・レベルに合わせて、無理のない選択をおこなってください。

コスパ優先で購入を判断しても、全然かまわないでしょう。

安い価格帯のロッドにも、高機能なものが用意されるようになっていますから。

あとはランディングネットやフィッシュグリップを揃えるようにして、大型サイズが掛かっても確実に取り込める準備をしておきたいものです。

メバルの関連記事はこちら

「メバリング」カテゴリの人気記事

DAILYランキング