ルアーのアップ写真

ギルネードに2023年フローティングモデル新登場!ダイワのギル型プロップベイト

FISHING JAPAN 編集部

極細の金属ペラが前後に取り付けられた、ダイワのプロップベイト・ギルネード。

遅めに沈めてI字引きで使用していたのですが、2023年には新たにフローティングモデルが登場します。

ストップ&ゴーで漂わせて誘う方法も可能となりますので、バスは弱っているブルーギルと間違うでしょう。

その特性や操作方法について、詳細をご説明いたしましょう。

ギルネードとは

ギルネードとは、ダイワから発売中のバス釣り用スローシンキングプロップベイトのことです。

2023年には、待望の水面に浮かび上がるフローティングモデルが仲間入りします。

全長は50mmと、とてもコンパクトなフォルムに設計。

ウエイトは、6.2gにとどまっていますから、スピニングタックルがメインになるでしょうか。

ベイトフィネスタックルでも、じゅうぶんキャストできそうです。

フックには、サクサス加工が施された7番サイズのトレブルフックが用意されていて、お腹側と最後尾に付いています。

最後尾のフックを見てみると、金属製の筒状パーツがラインアイに挟まっています。

これによりリアの極薄ペラとトレブルフックの距離を取り、ペラの回転に支障が出ないようになっています。

フッキングの際にも、ペラの存在が妨げにならないでしょう。

ギルネードには、ウォータースルーギル構造が搭載されています。

頭部の口周辺に注目してください。

口の下アゴが開いていて、その中を水が通り抜けるようになっています。

水流の行先は、エラ。

エラにも穴が開けられているので、リトリーブを続けている間はずっと、水を通し続けることに。

このおかげで、本来はノー感じになりがちな引き感が、若干の抵抗を感じ取りながらおこなえます。

当然ダウンフォースに近いチカラも発生するので、同じ層をトレースし続けるのに有効でしょう。

トップウォーターでダブルスイッシャーを使っていると、こういった繊細で行き届いた工夫には、なかなか出会えません。

キャストしてリトリーブするだけの釣り方だからこそ、細部にこだわった仕様が必要なのです。

信頼のおけるダイワ製品だからこそ、徹底した作り込みによる製品化に至ったのだと推察できます。

ボリュームか小さく抑えられていることで、アングラーのスキルに左右されずに、誰でもカンタンにバスを釣ることができるようになっているのも秀逸です。

サイトカラーを配置して見やすくなっているギルネード!

ギルネードの頭部・背中寄りに、視認しやすいチャートカラーが塗られています。

いわゆるサイトカラーを配置することで、ルアーの位置を確認しやすく、またバイトの瞬間を見つけやすいメリットを持っています。

ロングキャストするほどルアーは見えにくくなるもの。

このサイトカラーがマーカーの役割を果たしてくれるおかげで、フッキングするタイミングを見誤らなくて済むかもしれません。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選んでキャストしてみよう!

ギルネードのフローティングモデルには、全部で8種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●サイトクロキンカラー

●ピンクパープルカラー

●ナチュラルゴーストシャッドカラー

●ギザードシャッドカラー

●チギルカラー

●サイトSGギルカラー

●SGゴージャスギルカラー

●生ギルカラー

どれもナチュラルでリアルな配色になっていて、スレたバスでも見誤って飛び付いてくるでしょう。

透過系の配色は、目立ちにくいものの、クリアウォーターなどでしっかり活躍してくれるはずです。

ギルそっくりのタテ縞模様が入っている配色は、止めても泳がせても強烈にバスを誘い続けます。

ギルネードをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

ギルネードをロングキャストしてただ巻きのスローリトリーブを実践するのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、張りがあってしなやかに曲がり込むブランクスの、スピニングロッドがマッチします。

リールは、2500番サイズのスピニングリールなら、0.6号以上のPEラインを巻いてアプローチしやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) バスロッド バスX・Y 642MLS・Y 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド バスX・Y 642MLS・Y 釣り竿

最安値価格
¥9,491(amazon)

Amazonへ ¥9,491

楽天市場へ ¥12,433

Yahoo!へ ¥9,776

ダイワからリリースされているバス釣り用スピニングロッド・バスXシリーズの中から、6.4ftのMLパワーブランクスのものを選んでみました。

全長は1.93mと、ややショートレンクズに設計されています。

ロンクキャストはもちろん、カバーの際を狙うピンポイントキャストを実践するのにも向いているでしょう。

2ピース構造で、仕舞寸法は100cmにまで縮まります。

これならヤブコギしながらでしか入れないようなオカッパリポイントでも、歩を進めることができそうです。

ウエイトは94gと軽めで、先径/元径は1.6/10.4mmと細め。

適合するルアーウエイトは、1.8gから11gまでですから、ギルネード・フローティングモデルをロングキャストしたり正確に操ったりできるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまで。

PEラインなら、0.6号を中心に使えるはずです。

根ズレ対策のために、PEラインの先端には2.0号前後のショックリーダーラインを結ぶようにしましょう。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%になっています。

実際に手に取って継いでみると、とても軽くてしなやかなブランクスに仕上がっている印象を持ちました。

キャストの際のバックスイングだけで、しっかりと曲がり込んでくれるのは嬉しいです。

実売価格は7千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

これからバス釣りをスタートさせよう!考えている人に、おすすめの1本といえるのではないでしょうか。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT2500S-XH(2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 19 レグザ LT2500S-XH(2019モデル)

最安値価格
¥14,440(amazon)

Amazonへ ¥14,440

楽天市場へ ¥16,146

Yahoo!へ ¥14,874

ダイワから発売中の汎用型スピニングリール・レグザLTシリーズの中から、2500番サイズのエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1なので、ハンドルを1回転させると、87cmのラインを回収することができるようになっています。

ウエイトは235gで、最大ドラグ力は5.0kgです。

ラインキャパは、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

モノフィラメントラインなら、4lbを150m巻くことが可能です。

ボールベアリングは5個搭載していて、ハンドルの長さは55mmです。

実際にレグザLTの2500番を手に取ってみると、ハンドルの巻き心地は滑らかそのもの。

余計な引っ掛かりや負荷は皆無で、スムーズにローターを回してくれます。

ガタつきも感じないので、ギルネード・フローティングモデルを連続キャストしてリトリーブを繰り返すのに適しているでしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

2500番サイズなら、バス釣り以外にも海のエギングゲームやチニングゲームに転用できるので、1台持っておくととても重宝するはずです。

エギングゲームなら、スプールのラインも0.6号のPEラインのまま活用できるでしょう。

ギルネード・フローティングモデルの気になる発売日はいつ?

ギルネード・フローティングモデルの気になる発売日は、2023年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,200円です。

バスがブルーギルを襲う理由のひとつに、バスの卵を食べようとすることが挙げられます。

春に浅場でうろうろしているバスを見つけたら、すかさずギルネード・フローティングモデルをキャストしてください。

着水と同時に、豪快に食い付いてくるかもしれません。

2023年新製品関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング