ルアーのアップ写真

シーバスルアーはどれを選べばいいの?初心者におすすめのアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

河川の河口域や防波堤・磯周りで、シーバスルアーをキャストするアングラーに出会うケースが増えました。

直近で始めた初心者の人も多く、どんなルアーをラインに結べばいいのか迷っていることも。

ここでは、効果的なシーバスルアーの特徴や使い方について、深掘りしてみましょう。

釣り場で頼りになるシーバスルアーの選び方!

シーバスルアーを選ぶ際に気に留めておきたいのは、釣り場にどんなベイトフィッシュが居るかということです。

ベイトフィッシュとは、シーバスの捕食対象になる小魚を指しています。

小魚は、読んで字のごとく、小さいサイズであることが大前提。

何故なら、シーバスの口に入らないサイズだと、捕食しようがないからです。

この着想から膨らませると、シーバスルアーは小さいほうが有効な印象を持ちます。

確かにそれは大正解なのですが、小さいルアーには大きなデメリットが。

それは、飛ばない・水中で目立たない=シーバスに存在を気づかれないという点です。

ここまで来ると、本当の正解が見えてきました。

シーバスの口に入る小さなサイズのルアーをいくつか集めてみて、実際に釣り場でキャストしてみればいいのです。

小さくても結構飛んでくれるものがあれば、デメリットは解消されます。

小さくてもよく動く+目立つカラーなら、もうひとつのデメリットもクリアでしょう。

具体的に挙げるとすれば、バイブレーションルアーでしょうか。

ただし、単にフラットでブルブル震えるだけのインパクトだと、キャスト数が増すごとにシーバスの反応が落ちてきます。

ミノーやシンペンのような細身スリムな外観にすれば、反応は良好なままに。

それでいて飛距離も伸びれば、ほぼカンペキに近いシーバスルアーとなるのではないでしょうか。

ハイブリッドという便利な言葉がありますが、バイブレーションルアーを起点にさまざまな要素を組み合わせていくと、そういう便利なルアーに行き当たるものです。

表題の画像に掲げている、タックルハウスのローリングベイトなら、キャストしてただ巻きするだけでシーバスの反応を得ることができます。

小さいサイズも細分化されていて、釣り場のベイトフィッシュに合わせて切り換え可能です。

どこから見ても小魚のフォルム、それでいてよく飛び、独特のローリングアクションを見せてくれます。

タックルハウス(Tacklehouse) R.D.C ローリングベイト バチセレクションカラー RB77 BS.8 バチクリアグリーンII

タックルハウス(Tacklehouse) R.D.C ローリングベイト バチセレクションカラー RB77 BS.8 バチクリアグリーンII

最安値価格
¥1,760(amazon)

Amazonへ ¥1,760

楽天市場へ 取扱なし

ジグヘッド+シャッドテールワームはシーバスルアーにベストマッチ!

小さいサイズのルアーで、発生するアクションをよりナチュラルなものにシフトしたシーバスルアーがあります。

それは、ジグヘッド+シャッドテールワームの組み合わせです。

ヘッドウエイトを切り換えることによって、トレースするレンジを変えられますし、飛距離も伸ばせます。

ヘッドに装着するシャッドテールワームを切り換えることによって、小さいサイズを細分化し、釣り場にベストマッチなボリューム感を作り出すことも可能です。

シャッドテールワームには個別のカラーが用意されていますから、定着しているベイトフィッシュに合わせれば、かなり強力なシーバスルアーとして機能するでしょう。

ジグヘッド+シャッドテールワームの使い方!

ジグヘッド+シャッドテールワームのシーバスルアーとしておすすめなのが、コアマンのVJシリーズです。

バイブレーションルアーの要素を含みつつ、細身スリムなナチュラルさが伴なっています。

キャストしていて感じるのは、シーバスがスレていかないということ。

反応が落ちずに、長い時間使い続けられるのが強みでしょう。

ワーム部分は、シーバスに噛まれて破損することがあるので、フックとともに定期的に交換しながら使ってみましょう。

こちらも、キャストしてただ巻きが基本。

ただし、ラインテンションを張り詰めてリトリーブするのではなく、時折たるみが発生する程度のスローリトリーブのほうが、シーバスの反応を見極めやすいです。

ロッドティップを自分の正面に突き出し、立てずに真っ直ぐ正面へ向けて構えると、ラインのたるみを識別しやすくなります。

たれているラインが、ピンッ!と張ったら、シーバスが追従していると判断してください。

COREMAN(コアマン) ルアー VJ-16 バイブレーションジグヘッド シルバーヘッド/コボラサッパ

COREMAN(コアマン) ルアー VJ-16 バイブレーションジグヘッド シルバーヘッド/コボラサッパ

最安値価格
¥1,725(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,130

Yahoo!へ ¥1,725

シーバスルアーを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

シーバスルアーをキャストしてリトリーブを繰り返すのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、飛距離をカンタンに伸ばせるスピニングロッドがマッチします。

リールは、3000番以上のサイズのスピニングリールなら、ラインのストック量はじゅうぶん足りるでしょう。

シマノ(SHIMANO) モバイルロッド 20 ルアーマチック MB S90ML-4 シーバス タチウオ ロックフィッシュ ライトショアジギング

シマノ(SHIMANO) モバイルロッド 20 ルアーマチック MB S90ML-4 シーバス タチウオ ロックフィッシュ ライトショアジギング

最安値価格
¥5,978(Yahoo!)

Amazonへ ¥7,280

楽天市場へ ¥8,041

Yahoo!へ ¥5,978

シマノからリリースされている、マルチピース仕様のシーバスゲーム用スピニングロッドです。

全長は2.74mとやや長めなので、軽く振るだけで飛距離を伸ばしやすくなっています。

継数は4本で、仕舞寸法は73.7cmまで縮まります。

ウエイトは152gと軽めなので、長い時間振り続けても疲れを感じにくいでしょう。

先径は1.6mmで、適合するルアーウェイトは、6gから32gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号まで、モノフィラメントラインなら4lbから10lbまでとなっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、94.0%です。

実際に継いで手にしてみると、シャキっとした張りとともに、しなやかに曲がろうとする味付けが施されています。

ルアーのウエイトでブランクスを曲げつつ、前方に押し出すようなキャストをすれば、飛距離を伸ばしやすいでしょう。

実売価格は7千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

シーバスゲーム以外にも、タチウオのワインド釣法やロックフィッシュゲームなどに転用できる1本です。

常時クルマに積んでおけば、さまざまなタイミングでキャスティングゲームを楽しめそうです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

最安値価格
¥16,626(amazon)

Amazonへ ¥16,626

楽天市場へ ¥20,196

シマノの汎用型スピニンクリール・ストラディックシリーズの中から、C3000番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.0対1になっていて、ハンドル1巻きにつき89cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgです。

ウエイトは225gで、スプール寸法は直径が47mm、ストロークが17mm。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を270m、モノフィラメントラインなら3.0号を150m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とても軽快に回転を続けてくれます。

ローター回転も滑らかで、ドラグの利きもじゅうぶん。

これならシーバスゲームで、さまざまなルアーをキャストすることが可能でしょう。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

リトリーブのスピードは、ギア比によって体感が変わりますから、ノーマルギアやエクストラハイギア仕様のスピニングリールもチェックしてみるといいでしょう。

シーバスルアーを駆使してランカーシーバスを釣り上げよう!

効果的なシーバスルアーの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

シーバスの捕食対象といえば、具体的にはイワシやイナッコになるでしょうか。

それらの群れを見つけたら、そばにシーバスが潜んでいるとみていいかもしれません。

群れまで届くようにロングキャストを実践し、丁寧にリトリーブしながら誘いをかけてみましょう。

最後尾のフックのみを甘噛みバイトするケースがあるので、リールハンドルを回すのを止めずに、ランディングに持ち込んでください。

シーバスの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング