ロッドのアップ写真

シマノのショアジギングロッドで大型青物を釣り上げたい!

FISHING JAPAN 編集部

メタルジグやルアーをショアからロングキャストして、回遊してくる青物やシーバス・ヒラメ・ロックフィッシュなどを狙うのが、ショアジギングゲームです。

シマノからリリースされているショアジギングロッドは、豊富なラインナップに支えられているので、自分の釣りスタイルやスキルにマッチしたものを選べるでしょう。

ここでは、シマノのショアジギングロッドについてご紹介します。

シマノのショアジギングロッドとは

シマノのショアジギングロッドとは、これからショアジギングゲームを始める人にも扱いやすいアイテムが揃っているロッドアイテム群のことです。

とくにかく種類が多くて、ビギナーからエキスパートまで満足できるラインナップを誇っています。

その中から自分に合った1本を選ぶにはどうすればいいのか、シマノのショアジギングロッドを紹介しながらチェックしてみましょう。

まず注目したいのは、ブランクスです。

シマノオリジナルのスパイラルXや、補強を担うハイパワーXはここにも健在。

大型青物が掛かって大きな負荷が掛かっても、しっかり曲がり込んで封じ込めるパワーが備わっています。

他のルアーキャスティングゲームで、スパイラルX・ハイパワーXの実力を体感してきた人にとって、その存在ほど頼りになるものはないでしょう。

ロッドは、曲がる際にねじれることがあります。

円筒形状のブランクスが、ねじれてツブレようとするのを元のカタチに復元できなければ、青物と対峙することは難しいでしょう。

強烈な引きで走り去ろうとする状況を、ロッドを立てることで曲がりを作ります。

一度曲がったブランクスは元に戻ろうとしますが、その復元力がずば抜けて高いが、シマノのブランクスなのです。

硬いから戻るのではなく、しなやかに曲がりを作りつつ、曲がったままでは許さないような、常に適度なラインテンションを発生させながら、青物とのやり取りに無理がないのが特徴といえるでしょう。

当然ブランクスの破断に、ほとんど遭遇したことがありませんし、ラインの破断につながるような粗い曲がりも起こりません。

しなやかさと強さ、そして高い感度を兼ね備えているのが、シマノのブランクスなのです。

上位素材のスパイラルXコアが採用されている機種もありますし、シマノオリジナルのXガイドやタッチフリーチタンフレーム、スクリューロックジョイント構造などを積極的に採り入れています。

携行性の高いマルチピースタイプも揃っているシマノのショアジギングロッド!

シマノのショアジギングロッドには、継数の多いマルチピースタイプのモバイルロッドも用意されています。

継数が多ければ、仕舞寸法が短くなります。

なんと、68.5cmにまで収納可能なロッドも出現するようになって、ショアジギングゲームを手軽にどこでも楽しめる環境が整ってきました。

特に遠征釣行を重ねているアングラーにとっては、この仕舞寸法の短さは大きなメリットといえるでしょう。

メインロッドとして使うのはもちろん、予備用として携行しやすいのは、とてもありがたいです。

継数が増えて気になるのは、継目の強度。

青物の高い負荷に耐えられるのか心配ですが、シマノではしっかりとした強度を与えていて、パワー不足を釣り場で感じてしまう展開にはならないでしょう。

シマノのライトショアジギングロッドからスタートするのも楽しいかも!

シマノのショアジギングロッドには、ライトショアジギングゲーム用のアイテムも含まれています。

防波堤やサーフなどからアプローチするなら、張りのあるタイプよりもライトな仕上がりのブランクスのほうが扱いやすいでしょう。

キャストの際に振り抜きやすいですし、小型から中型の青物が掛かってもバラシにくいメリットがあります。

しなやかに曲げて青物の走りに対処するのですが、ライトショアジギングゲーム用ロッドなら、それがカンタンに実践できてしまうのです。

ショアジギング初心者の人には、このタイプのロッドから手に取ることをおすすめします。

シマノでは、コルトスナイパーSSのLSJシリーズが該当します。

全4機種で、LパワーからMLパワーブランクスに絞り込まれているのが特徴です。

シマノのショアジギングロッドの中からおすすめのアイテムを選んでみた!

シマノのショアジギングロッドの中から、フィールドで使ってもらいたいおすすめのアイテムをご紹介しましょう。

まずは、スタンダードなモデルから。

ショアジギングゲームで釣れる青物には、かなり大型のものが含まれます。

しっかり耐えて浮かせるのに、頼りになるブランクスに設計されています。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96MH ショアキャスティング スタンダード 沖堤 サーフ ゴロタ浜 地磯 沖磯

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96MH ショアキャスティング スタンダード 沖堤 サーフ ゴロタ浜 地磯 沖磯

最安値価格
¥29,189(Yahoo!)

Amazonへ ¥30,600

楽天市場へ ¥29,190

Yahoo!へ ¥29,189

コルトスナイパーXRシリーズの中から、MHパワーブランクスの機種を選んでみました。

全長は2.90mと、扱いやすい長さに設計されています。

継数は2本ですから、仕舞寸法は149.5cmです。

ウエイトは307gで、先径は2.3mmと太め。

適合するプラグウェイトは、最大で70gで、メタルジグなら最大90gまで背負えるでしょう

適合するPEラインは、最大で4.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.1%になっています。

実際に手に取って継いでみると、しっかりとした張りとシャープが備わっている印象です。

ガイドバランスは良好で、PEラインが絡み付きにくい並びになっています。

これなら手返しよくロングキャストを繰り返せますし、釣れる魚の数も伸びるでしょう。

グリップ周りが細身で握りやすく、しっかり支えながら暴れる青物を抑え込めそうです。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

磯場などのロックショアはもちろん、防波堤やサーフエリアでも使うことができます。

もっと幅広いエリアで釣りを実践したいなら、前述のライトショアジギングゲーム用ロッドを投入してみましょう。

軽いルアーやメタルジグもキャストできるようになるので、反応してくる魚の種類も増えるはずです。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 コルトスナイパーBB 100M-T 振出モデル ソルト

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 22 コルトスナイパーBB 100M-T 振出モデル ソルト

最安値価格
¥16,345(amazon)

Amazonへ ¥16,345

楽天市場へ ¥17,320

振り出し式のショアジギング用スピニングロッド・コルトスナイパーBBの100M-Tです。

全長は3.05mとやや長めなので、飛距離を伸ばすのに長けています。

継数は3本で、仕舞寸法は116.5cmにまで縮まります。

持ち運びがとても楽になりますから、防波堤やサーフはもちろん、磯場・護岸エリアにも足を延ばせるでしょう。

ウエイトは255gで、先径は2.1mm。

適合するプラグウエイトは最大で45gまでで、メタルジグなら最大で60gまで背負えます。

適合するPEラインは、最大で2.5号まてです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.4%になっています。

2022年にリリースされた新しいモデルで、ライトショアジギングゲーム用に振ったテイストに仕上がっている印象です。

継目の強度はじゅうぶんですが、振り出し式のためにブランクスは薄くなっています。

あまりに強烈な負荷には対処できないかもしれないので、小型から中型クラスの青物をターゲットにするときに使うようにしましょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

シマノのショアジギングロッドを駆使して青物を釣り上げよう!

シマノのショアジギングロッドの特徴や選び方、おすすめのアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ショアラインでフルキャストを繰り返すことになるので、ライフジャケットの着用を必ず実施してください。

足元も滑りにくいシューズに履き替えて、安全を最優先するように努めましょう。

ショアジギングの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング