ベストのアップ写真

ライトフロートベストDF-6322は2022年新発売の磯釣り・ルアー釣りに対応したフローティングベスト!

FISHING JAPAN 編集部

磯釣り用のフローティングベストに見えがちなフォルムですが、実は違います。

2022年ダイワから新発売されるライトフロートベストDF-6322は、磯釣りにもルアーのキャスティングゲームにも使える、汎用性の高いフローティングベストです。

その特徴について、詳しくチェックしてみましょう。

ライトフロートベストDF-6322とは

ライトフロートベストDF-6322とは、2022年にダイワからリリースされる、マルチパーパスなフローティングベストのことです。

サイズ設定はフリーサイズのみで、ボディの表地には、ポリエステルが100%使われています。

もちろん撥水加工が施されているので、波飛沫を被ったり、雨に濡れても水を弾いてくれるでしょう。

ボティ内部には、浮力材が入っています。

独立発泡材になっていて、素材はポリエチレン100%です。

その浮力は、7.5kg/24時間以上に設定されていますから、通常のライフジャケットの浮力に匹敵するレベルです。

ただし、国土交通省が承認している桜マーク付きのライフジャケットではありませんので注意してください。

ライトフロートベストDF-6322には、調整可能なショルダーベルトや腰ベルトが、標準で装備されています。

自分の体格に合わせて、自由にサイズを切り換えながら、着心地の良さを追求してみましょう。

ロッドワークなどがおこないやすいように、微調整を繰り返すのがベターです。

上着の上から着用するので、やや大き目のサイズになるようショルダーベルトや腰ベルトを合わせてから、微調整に入りたいものです。

また8個ものフロントポケットや内ポケット、携帯用ポケットを配備しています。

腰部分のポケットには、21×15×3cmサイズのタックルケースなら、すっぽり入る容量が与えられています。

その内側には、磯釣りを楽しむときに便利な、ライン用小ポケットも付けられています。

外側には脇から手を入れる面ファスナーポケットが、内側にはフライヤーポケットが設けられています。

ポケットの数が多いと、ついつい小物類を詰め込んでしまいがちですが、あまりに増えてしまうと肩などに負担がかかります。

歩いて移動するのも辛くなってしまうかもしれませんから、釣りの邪魔にならない程度に抑えておきましょう。

D環やコンビアップシステムも用意されているライトフロートベストDF-6322!

ライトフロートベストDF-6322には、胸ポケットの下にD環を装備しています。

ラインカッターやプライヤーの尻手コードなどを取り付けておくと便利でしょう。

それからコンビアップシステムを組んでいるアウターウェアが用意されていて、このフローティングベストが一体化するようになっています。

動きやすさが際立つので、釣り場でのアプローチをスムーズにおこなえるのは、間違いなさそうです。

過去のフローティングベストには、着ぶくれして動きにくくなってしまうものが結構ありました。

せっかく大物が掛かっても、柔軟に対応しにくいウエアを身に着けていたら、最悪の場合バラシてしまうかもしれません。

安心して釣りを楽しむためにも、工夫を満載したライトフロートベストDF-6322を活用してみましょう。

合計3種類のカラーバリエーションがラインナップ!

ライトフロートベストDF-6322には、合計で3種類のカラーバリエーションが用意されています。

●ブラックカラー

●グレーカラー

●カーキカラー

どれもジャケットやスーツに合わせやすいものなので、好みのカラーを選んでコーディネイトを楽しんでみてください。

景色にカモフラージュできるものなら、魚に見つかりにくく、プレッシャーを抑えたアプローチを実践しやすくなります。

おすすめのゲームベストを選んでみた!

ライトフロートベストDF-6322と同じように、浮力を持ったおすすめのゲームベストを取り上げてみましょう。

まずは、ダイワのアイテムから。

軽量でシンプル・機能的なデザインのものなら、釣り場での活用の幅が広がるでしょう。

ダイワ(DAIWA) フィッシングベスト フロートゲームベスト ブラックレッド フリー DF-6206

ダイワ(DAIWA) フィッシングベスト フロートゲームベスト ブラックレッド フリー DF-6206

最安値価格
¥13,908(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ ¥21,393

Yahoo!へ ¥13,908

着丈が33cmに設定された、ダイワの定番ゲームベストです。

フリーサイズになっていて、本体の素材はポリエステル100%。

ポーチ部分の素材は、ポリ塩化ビニルになっています。

浮力材の部分は、ポリエチレン独立発泡を採用していて、浮力は7.5kg/24時間以上に作られています。

ポイント移動を繰り返しながら、ターゲットを絞り込んでいくアクティブなアングラーにマッチするでしょう。

肩ベルトの一部を衝撃吸収材に切り換えているので、実釣の最中に発生しがちな衝撃を吸収できます。

それにより身体への負担やベルトのズレを抑える働きを持っています。

またプライヤーホルダーや500mlのペットボトルを吊り下げ可能なカラビナ付きドリンクホルダーも付いています。

大容量のターポリンポーチには、止水ファスナーが取り付けられていますから、水に濡らしたくないものを収納しておくと重宝するでしょう。

実際に着用してみると、とても着心地が快適で、軽さを体感できる仕様です。

各部ベルトでの調整が可能で、防寒ジャケットの上からでも着用しやすいのが魅力です。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に抑えられています。

これなら初めてのフローティングベストとして購入しやすいですし、カラー違いのものを予備用としてクルマに積んでおくのにも向いています。

着丈が短いことで、サーフエリアや河口域などでのウェーデングシーンでも、活用しやすいでしょう。

ポケット部分を水に濡らさないようにして、広範囲を移動しながら魚の居場所を見つけてみてください。

合計で5種類のカラーバリエーションが用意されていますから、服装に合わせて選びましょう。

プロックス(PROX) フローティングゲームベスト 大人用フリー ブラック×レッド PX399KR

プロックス(PROX) フローティングゲームベスト 大人用フリー ブラック×レッド PX399KR

最安値価格
¥7,752(amazon)

Amazonへ ¥7,752

楽天市場へ ¥7,889

Yahoo!へ ¥7,835

プロックスからリリースされている、低価格で多機能なゲームベストです。

大人用のフリーサイズモデルで、ウエスト部分の対応目安として100cmから150cm程度と考えてください。

表地にも裏地にも、ポリエステル素材が使われています。

浮力材には、発泡ポリエチレンを採用していて、浮力は7.5kg。

ファスナー部分には、大型のジッパータブを搭載しているので、例えばグローブを着用した状態でも開閉しやすくなっています。

胸元部分には、取り外しできるポーチが付いていますから、釣りスタイルに合わせて外してみるのも面白いかもしれません。

その他ドリンクホルダーやプライヤーホルダーも標準装備で、背面にはレインウェアなどを収納可能な大型ポケットを設けてあります。

浮力材の部分は、取り外して洗うことができますし、長く使い続けたいアングラーにしっかり応えられる逸品です。

実売価格は6千円台と、とても安い価格帯に抑えられています。

初心者アングラーはもちろん、複数のゲームベストを所有して、ローテーションしながら使いたい人に向いています。

ライトフロートベストDF-6322の気になる発売日はいつ?

ライトフロートベストDF-6322の気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、17,000円です。

釣り方専用モデルではないところに、幅広いユーザー層に向けた斬新なコンセプトが、はっきりと見えてくる製品といえるでしょう。

実際に使ってみて可能性を体感できれば、ユーザーはどんどん増えていくに違いありません。

マルチパーパスな釣りタックル・釣りウエアが、もっともっと増えてくれることを期待してしまいます。

2022年モデルの関連記事はこちら

ライフジャケット」カテゴリの人気記事

釣りウェア」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング