ライフジャケット 写真

川釣り用ライフジャケットが発売されてるって知ってた?鮎釣りや渓流釣りにもお勧め!ブルーストームの高機能ライフジャケットをご紹介!

森川学

2018年2月から船で釣りをする場合は国土交通省型式承認品のライフジャケットを着用する事が義務化されましたが、川の釣りではまだまだです。

それどころか市販されている川釣り用のライフジャケットは極少数しかありません。

毎年、数名の方が川釣りの最中に亡くなる悲しい事故があるのも事実です。

泳ぎが得意な方でも過信せずに、もしもの時に備えてライフジャケットを着用してはいかがでしょうか?

高階救命器具株式会社から販売中!

ブルーストームのブランド名で発売されているBSJ-AY01がその商品です。

首部分に3Dメッシュを採用してクッション性を高めて長時間の着用も可能です。

また、肩の部分には滑り止めの生地を採用して竿を肩に担いだ時の滑り止めになるのもいいところですよ。

市販のベストと共に着用

ライフジャケット 写真

BSJ-AY01のみ着用時

出典:ブルーストーム

BSJ-AY01の着用は、胸ベルトを付けてから2か所のバックルを付けると簡単に着用出来ます。

また、フィット感が抜群で長時間の着用を可能にしたフロントクロスシステムの採用で、鮎ベストや渓流ベストと共に着用可能です。

BSJ-AY01を着用してから市販のベストを着用するので、お使いのベストがそのまま使用できます。

ライフジャケット ベスト 写真

BSJ-AY01をベストと共に着用時

出典:ブルーストーム

手動拡張式で濡れても安心

鮎釣りや渓流釣りの場合は、水に濡れる事が多いですよね。

特に鮎釣りでは立ち込んで釣る事もありますから、自動拡張式では不意の入水により膨張してほしくない時に突然膨張してしまう可能性があります。

こちらは手動拡張式なので、その点は安心ですね。

もちろん雨に濡れても安心です。

ただ、ライフジャケットが濡れた時には自宅に帰ってから完全に乾燥させて下さい。

濡れたままにしておくと 錆による腐食でボンベが使い物にならなくなります。

ライフジャケット 写真

BSJ-AY01拡張時

出典:ブルーストーム

スペックはこちら

●小型船舶用救命胴衣:TYPE G

●カラー:Black

●サイズ:胴囲70~100cm

●生地:ポリエステル420D

●重量:約413g

●浮力:初期浮力 約7.0kg

●交換ボンベキット:16UML MKS KIT

●定価:15000円
(※交換ボンベキットの定価は1900円です)

詳しくは、こちらをご覧下さい。

これからは川でもライフジャケットの着用を!

川の中で足が攣った経験はないでしょうか?

水深が浅いポイントでなら問題ありませんが、深い所や川を渡っている最中だったら危険ですよね。

そんな時にライフジャケットがあれば気持ちに余裕が出来て焦ることなく対処出来るのではないでしょうか。

ご購入はこちら

関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング