ワームと魚のアップ写真

ヴァラップスイマー3.3inchに2022年新しいカラーが追加!カバーに強いシャッドテールワーム

FISHING JAPAN 編集部

小魚そっくりのシェイプにボリュームが与えられて、バスやシーバスが好みそうなアクションを発生させることができる、ボトムアップのヴァラップスイマー3.3inch。

2022年には、新しいカラーバリエーションが3種類追加されることになり、ますますフィールドでの使用頻度が上がりそうです。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

ヴァラップスイマー3.3inchとは

ヴァラップスイマー3.3inchとは、オカッパリのレジェンド・川村光大郎さんが主宰するボトムアップから発売中の、細身シャッドテールワームのことです。

長さは3.3inch=8.382cmと、ひと口サイズに作られていますから、バスやシーバスの目の前にアプローチできれば、一瞬で口の中に吸い込まれるでしょう。

2/0前後のオフセットフックを装着してキャスト、スローにリトリーブを開始してみると、最後尾のシャッドテールが素早く左右にアクションします。

その振動がボディに伝わり、タイトなウォブリングアクションを作り上げるようになっています。

側面がチラチラと目に映るのは、ウォブリングにロールアクションが重ねっていくからで、小魚の泳ぎに似た生命感をしっかりと醸し出せているといえそうです。

背中とお腹にはスリットが刻まれていて、オフセットフックを真っ直ぐに装着しやすく、バイト時にはフッキング効率がアップする仕組みです。

頭部アゴ下には肉盛りが施されているので、オフセットフックのクランク部分をきっちりホールド。

フッキングの際の身切れを抑える効果も見込めるのが、とても嬉しいです。

実際にフィールドでヴァラップスイマー3.3inchをキャストしてみました。

全体的にソフトなマテリアルなのですが、背中側は塩の含有量が少なく、お腹側は多めの塩で満たされています。

こうすることで低重心化が図れるので、安定したスイミング姿勢を維持できるでしょう。

12lbのフロロカーボンラインを巻いたベイトタックルで、冠水植物周りをチェックします。

他のルアーなら引っ掛かってしまうようなシチュエーションでも、ヴァラップスイマー3.3inchのノーシンカーリグなら、上手く乗り越えて泳ぎを続けられます。

プルッ!とカバーから外れた瞬間や、カバーに突入する直前で、バスやシーバスに襲われることが多いです。

甘噛みするようなバイトはほとんど無く、ひったくってUターンするような展開になりやすいので、ラインがピーンと張り詰めてからフッキングに移っても間に合うでしょう。

バイトの衝撃でヴァラップスイマー3.3inchの表面はザラつくようになりますが、身切れしてしまう事態には遭遇していません。

ひとつのワームで複数の魚を釣り上げられる、しっかりした耐久性を持たせている印象です。

沖合いの地形変化を攻めるのに適しているヴァラップスイマー3.3inch!

ヴァラップスイマー3.3inchは、沖合いの地形変化を叩くのに向いています。

1/8oz前後のジグヘッドリグを頭部に装着して、スピニングタックルで遠投してみましょう。

岬などの地形変化に対して、カーブフォールで落とし込んでいきます。

着底すればラインがたるみますから、そのタイミングでバイトが無ければ回収。

別のポイントへ再度遠投を決めて、探ってみてください。

着底後にスル引きをすると根掛かる可能性が高まりますから、バイトが無いと判断した時点でロッドを立てて回収するのがベターです。

日中の太陽光が強めなシチュエーションで、意外とカンタンにバイトが取れますから、ぜひ試してみてください。

合計3種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

ヴァラップスイマー3.3inchには、全部で3種類の追加カラーバリエーションが用意されています。

●リアルフィッシュカラー

●デッドリーワカサギカラー

●ブルーバックチャートカラー

どれも小魚に似た配色で、水質の濁りや日照の強弱などに合わせて使い分けられるでしょう。

特にダークトーンなデッドリーワカサギカラーなら、濁り強めな水質の中で、スローリトリーブによるアプローチが効果的かもしれません。

ブルーバックチャートカラーは、河口域のカバーやストラクチャー周りで、シーバスを狙うのに使ってみたくなる配色です。

ヴァラップスイマー3.3inchを操作するのに使ってみたいおすすめのタックルを選んでみた!

ヴァラップスイマー3.3inchを操るのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

カバー周りを攻めるつもりなら、太いラインを用いたベイトタックルがベストマッチです。

遠投して沖合いの地形変化やディープゾーンを叩くなら、PEラインを巻いたスピニングタックルを使ってみましょう。

PE0.6号にショックリーダーラインの2号を合わせれば、ショートバイトでもフッキングに持ち込みやすいはずです。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 2610ML-2

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 2610ML-2

最安値価格
¥22,990(amazon)

Amazonへ ¥22,990

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

シマノのエクスプライドシリーズが、2022年に新しくなりました。

扱いやすいラインナップが2ピース仕様に増えていて、オカッパリによるアプローチが楽しめるようになっています。

全長は2.08mとやや長めなので、遠投するのに適しているでしょう。

仕舞寸法は107cmですから、釣り場ポイントまでの持ち運びがとても便利です。

自重は92gと、長さに対してとても軽く作られています。

先径は1.5mmとやや細目で、適合するルアーウェイトは4gから12gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまで、PEラインなら最大1.2号までです。

グリップの長さは217mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は96.8%です。

実際に手に取ってみると、とても軽くてグリップ周りが細い印象です。

手元感度は高く感じますが、ロッドティップが下がり気味になるので、意識して持ち上げなければなりません。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

ガイドのバット側がKガイドになっていないのは、テストしたメーカースタッフの好みでしょうか。

ラインがまとわり付くトラブルには発展しておらず、長く使い続けるにはこの仕様がいいのかもしれません。

シマノ(SHIMANO) 21 アルテグラ 2500SHG

シマノ(SHIMANO) 21 アルテグラ 2500SHG

最安値価格
¥14,399(amazon)

Amazonへ ¥14,399

楽天市場へ ¥17,271

コスパ優秀なアルテグラシリーズの、2500番ハイギアモデルです。

ギア比は6.0対1で、ハンドル1巻きにつき89cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.5/4.0kgです。

自重は220gと軽めで、スプール寸法は直径47mmでストローク17mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを110m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、ハンドル回転は軽やかさをキープ。

ローター回転もしっかり追従してくれるので、安定した巻き心地を堪能できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

2500番なら0.6号や0.8号のPEラインを使いこなすのに向いているので、バス釣りやシーバスゲーム・チニングゲームはもちろん、エギングゲームなどにも転用しやすいでしょう。

ヴァラップスイマー3.3inch追加カラーの気になる発売日はいつ?

ヴァラップスイマー3.3inch追加カラーの気になる発売日は、2022年の3月上旬を予定しています。

メーカー希望販売価格は、847円です。

クランクベイトやスピナーベイトでアプローチしてみて、バイトがあるのに乗らなかった場合などに重宝するワームです。

ノーシンカーリグによる使用頻度が増えるでしょうが、ジグヘッドリグやキャロでも活用してみましょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング