ロッドのアップ写真

ワイズストリームは2022年リリースのネイティブトラウトをターゲットにした新ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

源流や渓流エリアに足を運んで、イワナやヤマメ・アマゴなどのネイティブトラウトを狙える季節はもうすぐです。

ダイワの新しい専用ロッド・ワイズストリームを手に、トラウトゲームを楽しんでみませんか?

その詳細スペックや、マッチングのいいおすすめリールをご紹介しましょう。

日本全国の渓流釣り場には、さまざまなローカルルールが設けられています。

地元の漁協などにアクセスして、ルールの把握から始めてみましょう。

ワイズストリームとは

ワイズストリームとは、2022年ダイワからリリースされる、ネイティブトラウトゲーム専用ロッドのことです。

スピニングロッド5機種、ベイトロッド3機種の合計8機種がラインナップされています。

全てが3ピース構造か振出式を採用しているので、極めて携行性の高いモデルに仕上がっているのが特徴です。

誰もがどこへでも持ち歩けるロッドなら、釣りの幅が大きく広がるのは間違いないでしょう。

まずは、ワイズストリームのグリップ周りに注目してください。

太過ぎないデザインになっているので、とても握り込みやすい印象です。

かといって細過ぎることもないので、しっかりとグリッピングしてトゥイッチやジャークを繰り出しやすくなっています。

キャスティングやフッキングの際も、チカラを入れやすいでしょう。

ベイトロッドのグリップには、ショートトリガーが配置されています。

これにより指の移動が楽になり、自由自在なキャストをこなせるのがメリットです。

リールフットを支えるリールシートには、ひとつひとつの柄が異なる天然木を使っています。

高い質感が伴ないますし、道具として長く手元におきたい気持ちにさせてくれます。

次にブランクス周りに目を移してみましょう。

ガイドは、口径の大きなサイズを採用していて、キャストの際のライン抜けの良さを引き出しています。

軽いルアーでもしっかりと放出され、急激に減速されることなくピンポイントへ届きます。

いわゆるアキュラシー精度の高いキャストを、誰もが実践できるのです。

ガイド径が大きければ、低水温時のガイド凍結を防いでくれるかもしれません。

渓流解禁時は、まだまだ寒い日が続きますから、こういった装備は現場でとても助かるでしょう。

バット部分のネーム周りには、ブルー+シルバーのスレッドを組み合わせた、飽きの来ないデザインが用いられています。

ワイズストリームのスピニングロッドを全機種チェック!

ワイズストリームのスピニングロッド5本をチェックしてみましょう。

●46TUL・・・振出式で仕舞寸法が41cmにまで縮まり、機動性に優れていますから、小さな渓流や源流釣行におすすめです。

●48UL-3・・・3ピース仕様で、源流・渓流とさまざまなシチュエーションに対応できます。

●50TUL・・・少し長めの振出式モデルで、オールラウンドに使えるスタンダードな味付けです。

●53L-3・・・里川の規模でロングキャストにも対応可能な、3ピース仕様です。

●56TL・・・ミノーイングを中心に展開しながら、河川の中流域までカバーできるモデルです。

ワイズストリームのデモンストレーション動画はこちら

ワイズストリームのベイトロッドはこの3本!

ワイズストリームのベイトロッド3本を取り上げてみましょう。

●46ULB-3・・・3ピース仕様の源流域・渓流域で手返しよく使えるモデルです。

●50TULB・・・振出式で柔らかく、軽いルアーのキャストに長けています。

●53LB-3・・・3ピース構造で長めのブランクスですから、里川レベルの開けたエリアでロングキャストを楽しめる1本です。

ワイズストリーム全機種のスペック表はこちら

ワイズストリームに装着して使いたいおすすめのリールを選んでみた!

それではワイズストリームに取り付けて使ってみたくなる、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

スピニングリールは、1000番から2000番クラスのコンパクトなモデルが合います。

ラインキャパも確認しながら、自分の釣り場にマッチしたものを見つけてください。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 20 ルビアス FC LT2000S (2020モデル)

最安値価格
¥14,590(Yahoo!)

Amazonへ ¥27,100

楽天市場へ ¥27,455

Yahoo!へ ¥14,590

軽量なスピニングリールとして人気を博している、ルビアスシリーズの2000番モデルです。

ギア比は5.1対1ですから、ハンドル1回転に対して67cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

安定したステディリトリーブを続けたいなら、これぐらいのギア比が扱いやすいでしょう。

自重は驚異の150gで、ここまで軽いと手首やヒジ・肩などに、ほとんど疲れを感じずに扱えるはず。

当然トゥイッチやジャークなどのロッドワークも、俊敏に正確に決まるようになります。

最大ドラグ力は5.0kgで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら4lbを100m巻けます。

PEラインなら、0.5号を170m巻けます。

ボールベアリングは、9個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、軽さによる高い感度が、多くの情報を寄せ集めてくれるのが体感できます。

ハンドル回転もスムーズで滑らかですから、それが途切れるような変化が発生すれば、すぐに感じ取れます。

フッキングしてからランディングするまで、ドラグのレスポンスは良好そのもの。

ライトラインによるアプローチでも、カンタンにラインブレイクに至るような展開にはなりませんでした。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

上位機種にルビアスエアリティがラインナップされていますが、渓流トラウトをターゲットにするなら、このモデルでじゅうぶん対応できるでしょう。

釣行後は、丁寧にメンテナンスを施して、水分を取り除くようにしたいものです。

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R (2020モデル)

ダイワ(DAIWA) ベイトリール 20 アルファス AIR TW 8.6R (2020モデル)

最安値価格
¥16,040(Yahoo!)

Amazonへ ¥29,797

楽天市場へ ¥30,602

Yahoo!へ ¥16,040

直近でノーマルギアモデルがリリースされた、アルファスAIRシリーズです。

こちらのギア比は8.6対1ですから、ハンドル1巻きで75cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

自重は160gと軽めで、サイドハンドキャストやバックハンドキャストなどを繰り出しやすくなっています。

最大ドラグ力は、3.5kgです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら8lbを45m巻けます。

ハンドルの長さは80mmで、スプールの直径は28mmと小さ目。

ボールベアリングは、6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトで手のひらに収まりやすく、キャストの際に扱いやすい印象です。

クラッチはカンタンに切れますし、ボディの剛性感も高めで、巻き心地は良好です。

手返しよくピンポイントを撃ってはリトリーブを繰り返し、岩や沈木に接触させながらネイティブトラウトを引きずり出しましょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

バックラッシュトラブルか伴なうので、最初に用いるときはブレーキ力強めでキャストに移ってください。

4m程度しか飛ばなくてもかまいません。

徐々に飛距離を伸ばしていき、限界まで来たところで初めて、ブレーキを緩めるようにしてください。

ワイズストリームの気になる発売日はいつ?

ワイズストリームの気になる発売日は、2022年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、22,500円から24,500円です。

とにかくコンパクトな仕舞寸法になるので、タックルバッグやデイパックに収納して、さまざまな釣り場を目指してください。

専用の竿袋が標準装備されていますから、それに収納してガイドやロッドティップを保護するように努めましょう。

トラウトの関連記事はこちら

トラウト」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング