ルアー 写真

ショアスキッドジグはコスパ最高のスキッドジグ!フォール時の振り子アクションで、あらゆる魚に猛アピール!

FISHING JAPAN 編集部

アブガルシアのショアスキッドジグというルアーをご存知ですか?

ショアジギング・ライトジギングに使えるスキッドジグで、青物やカレイなどの根魚に最適です。

では早速、気になる特徴やインプレ、使い方などをご紹介します!

目次

  • ショアスキッドジグの特徴
  • 使い方はこちら!
  • ヒラメや青物の釣果も!?ショアスキッドジグの評判は?
  • カラーラインナップはこちら!

ショアスキッドジグの特徴

ショアスキッドジグは、スキッドジグの特徴である振り子落下とゆらゆらアクションが特徴です。

キャスト後から着底までの長い時間、左右にスライドしながら落下するように専用小型設計が採用されています。

また、リトリーブを始める時に生じる不要な横方向の運動を抑えるため、センターキールをボディの下部縦方向に設備し、こだわりの前後縦アイ仕様にしています。

さらに、アシストフックにセッティングされた、虹色に光るオーロラシートとティンセルがフォール時や、リトリーブでのアクション時に魚に猛アピールします。

すでにセッティングされているので、自分で付け足す必要もありません。

4サイズのラインナップ!

サイズラインナップは、20・30・40・60gの4種類あります。

ヒラマサからイナダ、サバ、ヒラメ、シーバス、マゴチ、サゴシなど、あらゆるターゲットに合わせて使い分けることができるラインナップです。

使い方はこちら!

基本的な使い方は、キャスト後にゆっくりフォールさせながら、振り子のようなアクションで誘います。

特に魚の活性が低い場合は、このフォール時の誘いが肝心です。

ショアからのキャスティングやショアラインからのボート釣り、浅場のライトジギングなどに最適です。

詳細はこちらの実釣動画をご覧ください!

ヒラメや青物の釣果も!?ショアスキッドジグの評判は?

実際に使った人からは、遠投性が高く、ただ巻きでも簡単に泳がせることができるとの声が多く、人気が高いです。

使い方は、リフト&フォールで、スローに誘うのに適しています。

青物やヒラメなどあらゆる魚が釣れています。

また、フック付きで500円台とコスパもいいので、評判が高いです。

それでは、評判や釣果をご紹介します!

作り、カラー、ちょっとした気遣い。価格。かなりの良品です。シングルフックの針先にカバーが付いているのが嬉しい一品。

出典:アマゾン

マゴチ、アコウが釣れました。根掛かりでロストしたため、複数再購入です。

出典:天孫

ただ巻きの場合、ゆっくりとした巻きスピードだとあまりウォブンロールしないので比較的速巻きする必要があります。例えるなら、鉄板バイブを巻く位のスピードです。ジャーク&フォールでゆっくり見せる、ショアスロージギング向きだと思います。

出典:アマゾン

カラーラインナップはこちら!

カラーラインナップは全部で15種類あります!

・BPK(ブルーピンク)

・AKA(アカキン)

・GRG(グリーンゴールド)

・ IWS(イワシ)

・PK(ピンク)

・ZEB(ゼブラ)

・MAJ(マアジ)

・GCC(ゴールドコットンキャンディー)

・GLEG(グローエッジゴールド)

・SDBLU(サイドブルー)

・SDPK(サイドピンク)

・RDBIW(アカハライワシ)

・GDGD(ゴールドゴールド)

・SLVPL(銀メッキ)

・GDPL(金メッキ)

カラフルな色使いが特徴的で、いろんな状況に適応できます。

価格帯も500円台と、リーズナブルなので何個かカラー違いで持ちやすいです。

釣り人の皆さんも、ショアジギングやライトジギングに挑戦する時は、ぜひショアスキッドジグの性能を試してみてはいかがでしょうか?

詳細は、アブガルシアの公式HPをご覧ください。

ご購入はこちら!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する記事の一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

ライター紹介

FISHING JAPAN 編集部

「釣り人のみなさんのフィッシングライフを100倍楽しく」を目標に、最新かつ耳寄りな情報をお届けします!

このライターの全ての記事を見る

記事ランキング