魚とルアーのアップ写真

ショアジギング入門【初心者向き】釣り方+おすすめタックル

FISHING JAPAN 編集部

岸からのキャスティングゲームで、メタルジグをラインに結んでフルキャスト+リトリーブを繰り返す釣り方を、ショアジギングと呼んでいます。

使うメタルジグのウエイトに合わせて、スーパーライトショアジギングやライトショアジギングと呼び名が変わることがありますが、ひと括りでショアジギングと考えてください。

ここでは、ショアジギングの特徴やおこなう時期・釣り方・おすすめタックルについて、詳しくご紹介しましょう。

ショアジギングとは

ショアジギングとは、船の上からではなく岸=ショアからメタルジグをキャストして魚狙う釣りスタイルのことです。

元々ジギングといえば、船から真下を釣るバーチカルジギングを指していました。

これを船ではなくショアから、しかもバーチカルではなく前方へ向かってのキャスティングで、メタルジグを操るのが、ショアシギングなのです。

メタルジグには空気室が無く、飛距離がよく伸びる特性を持っていますから、これを最大限活かしてみよう!というのが、ショアジギングのスタートだったのでしょう。

実際にシーバスゲーム用ロッドに、30g程度のメタルジグを結んでキャストしてみたら、とんでもない距離を飛んでいきます。

空気室が含まれる通常のミノーとは、比較になりません。

ただし、着水したら一気にボトムまで沈んでしまうので、ゆっくり泳がせながら誘うのは苦手といえるでしょう。

最近では、幅広デザインで水の抵抗が大きくなるように作られた、スローアプローチに適しているメタルジグも作られていますが、それでも空気室はありませんので、ミノーよりはスピーディーな展開を強いられます。

となれば、ショアジギングではスピーディーにアプローチするのが当然!と割り切って、手返しよく次々と釣り場ポイントをチェックしていくようにしましょう。

最も軽いメタルジグ、1g程度のものを扱うショアジギングスタイルを、スーパーライトショアジギングと呼んでいます。

重くても10g程度のメタルジグに抑えるので、漁港内や周囲の近距離を丹念に誘うのに向いています。

メタルジグそのもののボリュームも小さいですから、アジングやメバリングゲームを楽しむのにマッチした釣り方でしょう。

使用するタックルも、アジングやメバリングに用いるものを、そのまま転用して使ってください。

ベリーやバットに、少し張りのあるものを選ぶと、メタルジグの跳ね上げなどに効果を発揮してくれるはずです。

トレブルフックを装着するより、ラインアイに直接アシストフックを付けて操るほうが、フッキングしやすいかもしれません。

防波堤に立ってキャストするのがセオリーですが、そのまま足元へフォールさせて、バーチカルに探るのも面白いでしょう。

アジやメバルの他に、イワシ・サバ・メッキ・カマス・ハゼ・アイナメ・ソイ・アコウなどが釣れることがあります。

ライトショアジギングってどんな釣り方なの?

ショアジギングには、ライトショアジギングというカテゴリーも存在しています。

前述のスーパーライトショアジギングで用いるメタルジグよりも重めで、通常のショアジギングよりも軽めになると考えてください。

具体的には、60gぐらいのメタルジグを上限とし、対象魚も中型サイズの青物が中心となります。

タチウオをメタルジグで狙うには、このライトショアジギングが向いているでしょう。

専用ロッドを揃えてもかまいませんが、エギングゲーム用やシーバスゲーム用のロッドでも代用することが可能です。

防波堤などの足場のいい釣り場からアプローチできるので、女性や子供が始めるのにも丁度いいといえそうです。

重めのメタルジグを用いてショアジギングを実践しよう!

100g前後のヘビーなメタルジグをキャストしたいなら、ショアジギングがぴったりハマるでしょう。

専用タックルのロッドは、ガイド周りが補強されていて、ダブルラッピングされているものもあります。

ブランクスの張りは強めで、重いメタルジグをロングキャストするのに向いています。

沖合いに発生するボイルを撃つこともできますし、広範囲を探りながら魚の居場所を見つけることも可能でしょう。

ショアジギングに適した時期は、春から夏にかけて、カツオなどの青物の回遊が多いとき。

また秋から冬にかけて、サワラ・サゴシなどが接岸してくるタイミングも、ショアジギングを実践するのにいいかもしれません。

用いるリールは大き目、ラインは太目になるので、強引なやり取りを楽しめます。

ショアジギングを楽しむのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではショアジギングを楽しむのに手に取りたい、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

重めのメタルジグを結んでロングキャストを繰り出すには、張りのあるロングレングスなブランクスがベターです。

やや重くなってしまいますが、体力勝負な面がショアジギングには少なからずあると考えてください。

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96H ショアキャスティング パワーモデル 大型青物 地磯 沖磯 離島

シマノ(SHIMANO) ロッド 20 コルトスナイパー XR S96H ショアキャスティング パワーモデル 大型青物 地磯 沖磯 離島

最安値価格
¥30,084(楽天市場)

Amazonへ ¥32,681

楽天市場へ ¥30,084

Yahoo!へ ¥30,422

シマノからリリースされているショアジギングゲーム専用ロッド・コルトスナイパーXRシリーズです。

全長は2.90mで継数は2本ですから、仕舞寸法は149.5cmになります。

やや長めなので、クルマからの積み下ろし作業にはじゅうぶん注意してください。

自重は315gで、先径は2.4mmと太目。

適合するプラグウェイトは最大100gまで、メタルジグウェイトは最大120gまで背負うことができます。

適合するPEラインは、最大で5号まで使えるようになっています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.7%です。

実際に継いで手に持ってみると、重く感じてしまうことはありませんでした。

グリップ周りは細身で握りやすく、大きな負荷が掛かってもしっかりと支えることができるでしょう。

実売価格は3万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C5000XG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C5000XG

最安値価格
¥21,899(amazon)

Amazonへ ¥21,899

楽天市場へ ¥23,431

シマノの軽量スピニングリール・ヴァンフォードシリーズの中から、C5000番のエクストラハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1になっていて、ハンドル1巻きにつき101cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力は6.0kgで、最大ドラグ力は11.0kgに設定。

自重はなんと220gしかなく、ハンドルの長さは57mmです。

スプール寸法は、直径が52mmでストロークが19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5号を150m、PEラインなら3号を200m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

SWタイプの6000番クラスがショアジギングには向いていますが、デメリットは重いこと。

どうしても軽めのスピニングリールでアプローチしたい人は、このヴァンフォードシリーズのC5000番でチャレンジしてみるといいでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

太いラインをもっと大量に巻きたい場合は、他機種の上の番手も試してみることをおすすめします。

ショアジギングをマスターして大型の青物を釣り上げよう!

ショアジギングの特徴や釣り方、おすすめのタックルについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

スーパーライトやライトショアジギングも、同時進行で実践してみるのも楽しいです。

釣り場に出向いて、そのシチュエーションにマッチしたタックルを組んで、釣りをスタートさせてみましょう。

ただし、持参するタックルの量は増えてしまいますので、覚悟の上でショアジギングの世界にどっぷりハマってください。

ショアジギングの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

DAILYランキング