エギ 写真

エギング仕掛けはどれを選べばいいの?初心者が知りたいおすすめエギ・リーダー・ライン特集

FISHING JAPAN 編集部

エギングをマスターしたい!と思っている初心者の人は多いでしょう。

「でもどんな仕掛けを用意して臨めばいいの?」

心配は全く要りませんよ!

ここでエギングに必要な仕掛け、すなわちエギ・ショックリーダー・ラインについて、詳しくご紹介します。

そもそもエギングとは?

エギングとは、アオリイカやコウイカを、エギを使って獲る釣り方のこと。

エギ自体は、日本古来の疑似餌として親しまれてきましたから、その操り方は広く知られています。

「いや、全然詳しくないんだけど・・・。」

とてもカンタンなんですよ、エギをキャストして、ゆっくり沈めていくだけで基本はOKです。

エギングで狙うポイント

エギングでは、イカが潜んでいそうな藻の生えた岩場にエギを投入します。

藻があるかどうか分からないときは、防波堤から風下に向けてキャストしてください。

そうすることで、①飛距離を稼いで広範囲を探れます。

広範囲を探れば、藻がエギに引っ掛かってきて、生えている場所を見つけることができますよ。

②風下に向けてキャストすると、ラインが自分からエギへ真っ直ぐに伸びることになります。

もしイカが抱き付いてきたら、その感触が手元に伝わりやすいですよ。

エギングを始める前に用意しておきたいエギ・リーダー・ライン

以上のようにエギングをスタートさせる前に、準備しておかなくてはならないのが、エギとショックリーダー、そしてPEラインでしょう。

これらエギング仕掛けの中心となるものは、数多く発売されていますから、どれを選べばいいか迷ってしまいます。

そこでまずはおすすめのエギからご紹介しましょう。

エギングでおすすめのエギはこちら!

エギングで使うエギは、3.5号から始めてみましょう。

あらゆる釣り場でキャストしやすいサイズ・重さですから、エギングに慣れるまでは3.5号エギを試してください。

ラトルの入った音の鳴るタイプやエビそっくりのタイプ、アジやイワシなどの小魚に似たタイプも用意されていますよ。

根掛かりしてロストすることも考慮すれば、3個から5個は持参したいですね。

キャストしてボトムまで落ちる前にGET
、合計14杯のイカとお友達になれました。

出典:amazon

エギングでおすすめのショックリーダーはこちら!

次に用意するのが、ショックリーダーです。

フロロカーボンラインにすると、水中に積極的に沈めていくことが可能です。

ナイロンラインのショックリーダーなら、比重が低いですから沈みは遅めになります。

初心者の人なら、フロロカーボンラインから始めてみましょう。

結びやすいし強い
ポケットにも入るサイズで現場ですぐ取り出せる
満足!

出典:amazon

エギングでおすすめのPEラインはこちら!

エギング仕掛けにおいて。ラインはとても重要です。

遠くへ飛ばすために、細いものを用意しなければなりません。

ただし、カンタンに切れるようではダメですし、感度の鈍いものでも、イカをとらえることは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、PEラインです。

最初は0.6号前後のPEラインから始めると、スムーズに扱えるでしょう。

単独で釣り場へ行かずに、的確なアドバイスをもらえそうな知り合いと一緒に出かけるようにしてください。

安い!びっくりライン見える
0.6ならこれで決まり

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング