ルアーのアップ写真

シーバスゲームでのシンペンの使い方特集!おすすめタックルもチェック

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームでは多種多様なルアーを用いますが、中でも大活躍してくれるのが、シンキングペンシル=シンペンです。

スリムなボディでロングキャストしやすく、河川の河口域やサーフなどで、数多くのシーバスを仕留めてくれます。

その特徴や使い方、マッチしそうなおすすめタックルについて、詳しくご紹介しましょう。

シーバスゲームでのシンペンの使い方!

シーバスゲームでは、デイゲームでもナイトゲームでも、シンペンをよくラインに結びます。

使い方は、至ってシンプルで、ロングキャストして広範囲をただ巻きリトリーブ。

これが最も効果的で強いアプローチだと、感じている人は多いでしょう。

ただし、サイズはしっかり選んだほうが、好釣果につながりやすいです。

その釣り場に棲息しているベイトフィッシュの体長に、シンペンの全長を合わせるのです。

ベイトフィッシュの居場所は、じっくり観察することで判明しやすいですし、季節に合わせて自分で想定してもかまいません。

春にこの場所なら、15cm程度のイワシの群れが入って来ているな!とかで、全然OKです。

マイクロベイトパターンのハクや、バチ抜けパターンのゴカイなど、イメージできる体長にシンペンの全長を合わせていきましょう。

全く想定できない場合は、飛距離重視で100mmから130mm程度の重めのシンペンを選びます。

そのほうが、シーバスに発見してもらいやすいからです。

115mm程度の長さがあって、ある程度重いのに、表層から水面直下をスローにリトリーブできるシンペンがあれば、かなり強力な味方になってくれるでしょう。

例えば、DUOからリリースされているシンペン・マニックシリーズには、スローシンキング仕様に115mmサイズが用意されています。

ベイトフィッシュ不明のエリアで、シーバスを効率よく振り向かせたり、追従させたりできる便利アイテムです。

ウエイトは12.5gで固定重心ですが、実際にフィールドでキャストしてみると、驚くほど飛距離を伸ばしてくれます。

着水音は静かで、しなやかに左右にローリングアクションを繰り返し、シーバスの好む波を作り出します。

ウォブリングアクションを大胆に消している辺りも、メーカーの意図が明確で好感を覚えます。

おすすめのカラーバリエーションは、ズバリ!チャート系。

この配色なら、デイゲームでもナイトゲームでも、バイトを呼び込める確率がアップするでしょう。

DUO(デュオ) ベイルーフ マニックスロー115 マットポップチャート CCC0190

DUO(デュオ) ベイルーフ マニックスロー115 マットポップチャート CCC0190

最安値価格
¥1,227(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,479

楽天市場へ ¥1,228

Yahoo!へ ¥1,227

ぶっ飛び君ライト95SSはシーバスゲームで積極的に使ってみたいシンペン!

シーバスゲームに用いるシンペンで、もうひとつおすすめのアイテムを取り上げます。

それは、ジャンプライズからリリースされているシンペン・ぶっ飛び君ライト95SSです。

全長は95mmなので、小型のベイトフィッシュが群れている場所で効果的。

ウエイトは16gですから、軽いとはいえロングキャストを狙える重さになっています。

キャストして着水、リトリーブをスタートさせると、速やかに水面直下まで浮上してくれます。

そしてそのレンジで、ノタノタと揺れるようなアクションを繰り出すのです。

このアクション、他のルアーにはあまり見かけない個性的なもので、傷付いて弱ったベイトフィッシュそっくりの動きに見えます。

しかもかなりスローなリトリーブでも、ノタノタが発生しますから、リトリーブにキルを入れてからの再リトリーブで、強めのノタノタを起こすことも可能です。

なんとか食わせたいときに、意図的にただ巻きリトリーブを止めることで、シーバスの捕食スイッチをオンに切り換えられるでしょう。

このシンペンのお腹側フックアイの位置に注目してください。

結構頭部から離れたところに配置されているので、ロングキャストしたときに、トレブルフックとラインが絡まりにくくなっています。

すぐに絡まってしまうようでは、その1投が無駄になり、シーバスが釣れる確率を下げることに。

その辺の細やかな工夫が、アングラーにストレスを感じさせないルアー作りとつながっています。

長く使い続けるシンペンなら、釣り道具としての工夫を盛り込んだものを選びたいです。

ジャンプライズ(JUMPRIZE) ぶっ飛び君ライト 95SS #213 リアルイワシ

ジャンプライズ(JUMPRIZE) ぶっ飛び君ライト 95SS #213 リアルイワシ

最安値価格
¥1,881(楽天市場)

Amazonへ ¥1,901

楽天市場へ ¥1,881

Yahoo!へ ¥1,951

シーバスゲームでシンペンをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

シーバスゲームでシンペンをロングキャストするのに向いている、おすすめのスピニングタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、長めブランクスでしなやかに曲がるブランクスのものが、扱いやすいです。

9ftを超えるような長さでも、柔らかければ対処しやすいのではないでしょうか。

リールは、3000番サイズ以上のスピニングリールなら、細いPEラインを大量にスプールに巻いて、ロングキャストを敢行することができます。

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S96ML シーバス ショアキャスティング

シマノ(SHIMANO) ソルトウォーターロッド シーバス ムーンショット 2021年モデル S96ML シーバス ショアキャスティング

最安値価格
¥12,076(Yahoo!)

Amazonへ ¥12,088

楽天市場へ ¥12,087

Yahoo!へ ¥12,076

シマノからリリースされているルアーキャスティングゲーム用スピニングロッド・ムーンショットシリーズのラインナップから、S96MLを選んでみました。

全長は2.90mとかなり長いブランクスなので、軽く振り抜くだけで飛距離を伸ばせるでしょう。

2ピース仕様で、仕舞寸法は148.7cmにまで縮まります。

ウエイトは151gと、この長さにしては軽めの設定。

ブランクスの先径は、1.8mmです。

適合するルアーウエイトは、6gから32gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.5%に設計されています。

実際に継いで振ってみると、とても軽くて扱いやすい印象を持ちました。

グリップはスリムで握りやすく、ロッドワークも機敏におこなうことができます。

ガイドにはラインが絡まりにくいので、どんどんキャストを繰り返しながら、広範囲をチェックしてみましょう。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

シーバスゲームはもちろん、サーフからのヒラメ・マゴチゲームや、ライトショアジギングゲームなどに転用できるでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 エクスセンス XR C3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 エクスセンス XR C3000MHG

最安値価格
¥25,054(amazon)

Amazonへ ¥25,054

楽天市場へ ¥25,054

シマノから発売中のシーバスゲーム専用スピニングリール・エクスセンスXRシリーズの中から、C3000番サイズのハイギア仕様を選んでみました。

ギア比は6.0対1なので、ハンドル1巻きにつき89cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は9.0kgで、ハンドルアームの長さは55mm。

ウエイトは、185gと軽めです。

スプール寸法は、直径/ストロークが47/17mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら10lbを110m、PEラインなら1.2号を150m巻けます。

ボールベアリングは、9個搭載されています。

実際に手に取ってみると、ハンドルの巻き心地はスムーズで軽快そのもの。

ローター回転も滑らかなので、ラインスラックが発生しても素早く回収できるでしょう。

ただ巻きリトリーブを安定して実践するのに、ちょうどいいスピニングリールではないでしょうか。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

シーバスゲーム専用機として作られているので、大きな負荷が掛かっても、ドラグレスポンスは良好です。

ラインが破断する前に、速やかにスプールから送り出してくれます。

シンペンを駆使してシーバスゲームを満喫しよう!

シーバスゲームで使ってみたいシンペンの特徴や使い方、おすすめのスピニングタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ショートバイトやミスバイトが多発するのも、シンペンの特徴ですから、フックポイントは常に確認してください。

鈍っているな!と感じたら、その場ですぐに交換しましょう。

シーバスの関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

釣り方」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング