ルアーのアップ写真

オネスティに2023年追加カラー登場!エバーグリーンのシーバス用シンキングミノー

FISHING JAPAN 編集部

まるでストレートワームをただ巻きリトリーブして泳がせているような、レンジキープが安定している状態で、ウォブリングなどのアクションを抑えているミノーが、エバーグリーンから発売中のオネスティです。

2023年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップ。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

オネスティとは

オネスティとは、エバーグリーンからリリースされている、シーバスゲーム用のシンキングミノーのことです。

全長は95mmで、ウエイトは9.0g。

フックは、6番サイズのトレブルフックが、お腹側と最後尾に標準で付いています。

オネスティの特徴は、シーバスにプレッシャーを与えずに素直にバイトさせるところにあります。

ハイプレッシャーや低活性が重なりがちな市街地河川などでは、ストレートワームのような微細なスイムアクションでないと、シーバスの警戒を解いてバイトに持ち込むことが難しいケースがあります。

でもワームリグでは、飛距離が足りない事態に陥ることも。

オネスティなら抵抗面の小さなリップが付いていて、水流を素直に受け流しつつスイムアクションを抑えられます。

とはいいながら、ボディの浮き上がりを抑えて、レンジキープ力を高めてくれるリップです。

腹部にはフィンが突き出ていて、整流効果を発揮。

ただ巻きリトリーブする際のボディのふらつきを制御し、キャストの際には飛行姿勢を安定させます。

タングステン重心移動システムを内部に搭載していますから、納得の飛距離を叩き出してくれるでしょう。

ファストリトリーブにシフトすると、ややローリングしながらのウォブリングアクションを発生。

それがミディアムスピード以下のリトリーブに変えると、ほとんど泳がない設定になっています。

オネスティの実釣インプレ!

オネスティの既存カラーモデルを、実際にフィールドでキャストしてみました。

釣り場は、河川の河口域から少し上流の、市街地水路エリア。

水深は3m前後で、さほど流れはキツくありません。

スピニングタックルで軽めのキャストをおこなうと、イメージしていたよりもしっかり飛んでくれます。

空中でくるくると回ってしまう展開にはならず、安定した飛行姿勢をキープしてくれるのは、とても嬉しいです。

バス釣りでいうところの、I字系ミノーの微細アクションに似ていて、神経質なシーバスを攻略するのにベストマッチではないでしょうか。

合計10種類のカラーバリエーションから状況にマッチしたものを選ぼう!

オネスティには、2023年新しい10種類のカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●#737 ヒットマンブルー

●#835 銀粉ミドキン

●#843 ハクピンクベリー

●#844 スケルトンチャート

●#845 銀粉稚アユ

●#857 レッドヘッドソリッドパール

●#861 銀粉ゴールドキャンディ

●#864 トウゴロウマニア

●#866 ライムサンドパール

●#867 ハーフミラーカタクチ

エバーグリーンで人気の定番カラーが、豊富に揃っているのが印象的です。

さまざまなシチュエーションで、活躍してくれるものばかりでしょう。

オネスティをキャスト&リトリーブするのにおすすめのロッドを選んでみた!

オネスティをロングキャストしてただ巻きリトリーブを敢行するのに向いている、おすすめのスピニングロッドをご紹介しましょう。

8ftから9ft程度の長さがあれば、飛距離を伸ばしやすく、ロッドワークも繰り出しやすくなります。

あまり重くないほうが、長時間の釣りに対応しやすいでしょう。

ダイワ(DAIWA) シーバスフラット X 86ML

ダイワ(DAIWA) シーバスフラット X 86ML

最安値価格
¥10,010(楽天市場)

Amazonへ ¥10,038

楽天市場へ ¥10,010

ダイワからリリースされているシーバスゲーム用スピニングロッド・シーバスフラットXシリーズのラインナップから、86MLを選んでみました。

全長は2.59mですから、飛距離を伸ばすのにじゅうぶんな長さでしょう。

MLパワーというしなやかさも、オネスティのウエイトにはマッチしそうです。

ウエイトは130gで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、134cmにまで縮まります。

適合するルアーウエイトは、7gから35gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号までで、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまで使えます。

ブランクスの先径/元径は、1.8/12.4mmです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、88%になっています。

実際に手に取って振ってみると、とてもしなやかで胴に乗せてルアーをキャストできるブランクスだと感じました。

実売価格は1万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

市街地の河川なら、これぐらいの長過ぎないスピニングロッドのほうが、扱いやすいのではないでしょうか。

オネスティ追加カラーの気になる発売日はいつ?

オネスティ追加カラーの気になる発売日は、2023年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,600円です。

リップのサイズを考えると、ジャークやトゥイッチを繰り出すのではなく、レンジキープを念頭にただ巻きリトリーブを徹底するほうがいいでしょう。

どれくらいのスピードで浮き上がり始めるかを確認してから、さまざまなポイントを攻めてみてください。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング