ルアーのアップ写真

コルセア85に2023年NEWカラーバリエーション登場!エバーグリーンのシーバス用シンペン

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームにおいて、小振りなボリュームのシンペンは欠かせません。

エバーグリーンから発売中のシンペン・コルセア85なら、ベイトフィッシュを追い廻しているシーバスを、効率よくバイトに持ち込めるでしょう。

2023年には、新しいカラーバリエーションが追加されることに。

その特徴や使い方、おすすめのタックルについて、詳しくご紹介しましょう。

コルセア85とは

コルセア85とは、エバーグリーンからリリースされている、シーバスゲーム専用のシンペンのことです。

全長は85mmと小振りで、ウエイトは12.5g与えられています。

フックは、8番サイズのトレブルフックが、前後に標準で付いています。

真横から見ると、とてもオーソドックスなカタチをしていますが、真上から見下ろすと、とても個性的なデザインです。

なんと最後尾にかけて、次第に幅広になっているのです。

いわゆるファットテールデザインで、安定した飛行姿勢を保つことを目的としています。

また飛距離を伸ばすのにも、効果があります。

コルセア85の内部にも注目してください。

低重心成型ウエイトが、ボディの腹部に配置されています。

ウエイトは固定されていて、アクションレスポンスを高めるのに影響を与えています。

それからレンジコントロール性能も高めていて、狙ったレンジをきっちりトレースするのに効果を発揮します。

実際にコルセア85をロングキャストしてみました。

軽くロッドを振り込むだけで、空気を切る音を鳴らしながら飛んでくれます。

なかなか失速せずに、遠くのポイントまで届いてくれました。

これなら広範囲を探りやすいですし、沖合いの潮目などに潜んでいるシーバスも狙えるでしょう。

河口域のシャローエリアで、イナッコの群れが回遊しているシチュエーションでも、効果的にシーバスを誘えるのではないでしょうか。

大きいミノーなどで誘っても、シーバスの反応が鈍いときがあります。

それはサイズ感・ボリューム感が、実際に捕食しているベイトフィッシュのものとかけ離れているからでしょう。

全長85mmという小振りなコルセア85なら、難しいシチュエーションでもシーバスをバイトに持ち込めるはずです。

コルセア85の実釣インプレをチェック!

コルセア85の既存カラーモデルを、実際に河川へ持ち込んで実釣してみました。

梅雨のナイトゲームなので、河川の水質には濁りが入っています。

こういうシチュエーションでアプローチするのは、上流からの淡水が流れ込んでいる、堰や水門です。

濁りはあるものの、淡水のベイトフィッシュが流れ落ちてくることがあり、しかも弱った状態で汽水域に浸かることになるので、通常の敏捷さはありません。

シーバスにとってこれほど都合のいい捕食対象はなく、それをコルセア85で演じればいいのです。

流れ込みそのものを撃つより、その周辺に着水させて、水が動いている場所をコルセア85で突っ切らせてみましょう。

グッと巻き抵抗のあるところが水流ですから、そこから抜け出る瞬間に集中力を高めてください。

シーバスは濁りの中に潜んでいて、豪快に食い付いてくる可能性があります。

コルセア85には、トレブルフック・スティンガーST-46が標準装備されているので、ランカーシーバスが掛かっても安心してやり取りを楽しめるでしょう。

合計9種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!お好みのカラーを選ぼう!

コルセア85には、2023年新しいカラーバリエーションが9種類追加ラインナップされます。

●#59 スケルトンチャートカラー

●#769 マットパープルパールカラー

●#788 マットチャートカラー

●#803 アサイーカラー

●#821 イナッコピンクベリーカラー

●#835 銀粉ミドキンカラー

●#845 銀粉稚アユカラー

●#857 レッドヘッドソリッドパールカラー

●#861 銀粉ゴールドキャンディカラー

どのカラーもシーバスゲームでは人気の配色で、水質やベイトフィッシュなどに合わせて使い分けてみてください。

コルセア85をキャストして操作するのにおすすめのタックルをピックアップ!

コルセア85をロングキャストしてリトリーブで誘いをかけるのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、ロッドワークがやりやすい長さのスピニングロッドがマッチします。

あまり長過ぎるものは、扱いにくいでしょう。

リールは、3000番サイズ以上のスピニングリールなら、飛距離を伸ばしやすく、掛かってからのやり取りも柔軟にこなせるはずです。

シマノ(SHIMANO) 22 エクスセンス ズーム S76-86ML

シマノ(SHIMANO) 22 エクスセンス ズーム S76-86ML

最安値価格
¥46,354(amazon)

Amazonへ ¥46,354

楽天市場へ ¥46,354

シマノからリリースされているシーバスゲーム専用スピニングロッド・エクスセンスズームシリーズの中から、S76-86MLを選んでみました。

全長は2.59mと、取り回ししやすい長さになっています。

継数はズーム部分を含めて3本で、仕舞寸法は118.5cmにまで縮まります。

ズームの長さは、30cmです。

ウエイトは135gと軽めで、ブランクスの先径は1.6mm。

適合するルアーウェイトは、5gから32gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.5号から1.2号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて振り切りやすく仕上がっているという印象を持ちました。

ルアーをぶら下げてロッドティップが素直に曲がり込み、バックスイングでしっかりしならせることができます。

これなら前へ押し出すようなキャストを実践でき、アキュラシー精度の高いアプローチをおこなえるでしょう。

実売価格は4万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

市街地エリアの河川や支流・水路などで使う際には、ズーム機能で短くして使えるのが嬉しいです。

ロッドティップやガイドなどを干渉させずに、きっちりスイングしてキャストをおこないましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

最安値価格
¥11,219(楽天市場)

Amazonへ ¥11,455

楽天市場へ ¥11,219

シマノから発売されているシーバスゲーム専用スピニングリール・エクスセンスBBシリーズの中から、C3000MHGを選んでみました。

ギア比は6.0対1なので、ハンドル1巻きにつき88cmのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgです。

ウエイトは240gで、スプール寸法は直径46.5mmで、ストローク14.5mmになっています。

ラインキャパは、PEラインなら1.2号を150m、モノフィラメントラインなら10lbを110m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個採用しています。

実際に使ってみると、ハンドルの巻き心地は滑らかで、ローター回転の追従もスムーズです。

ラインスラックが発生したら、素早く取り除けるギア比が使いやすいです。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

PEラインには伸びがほとんど無いので、使用前にドラグ調整をきっちりおこない、急なバイトによるラインブレイクを防いでください。

コルセア85追加カラーの気になる発売日はいつ?

コルセア85追加カラーの気になる発売日は、2023年の8月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,600円です。

シンペンでシーバスを狙う場合、その場所のベイトフィッシュに合わせるようにします。

サイズやボリュームはもちろん、カラーも似せるほうがいいでしょう。

それからアプローチは、実際にベイトフィッシュの群れを見つけて、それに絡ませて泳がせるのがベター。

そばに居るシーバスが、高い確率で襲い掛かってくるはずです。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング