ロッドのアップ写真

バスワンXT+は2023年新発売のバス釣り用エントリーロッド【シマノ】

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りを楽しみたい!と思ったら、最初に握るロッドを探すことになります。

豊富なラインナップの中から、自分にマッチしたものを見つけ出すのに、2023年リリースのバスワンXT+はとても有効でしょう。

その特徴やおすすめの機種について、詳しくご紹介します。

バスワンXT+とは

バスワンXT+とは、2023年にシマノから新発売となる、バス釣り専用ロッドシリーズのことです。

ベイトロッドが8機種、スピニングロッドが6機種用意されています。

グリップ周りには、シマノオリジナルの軽量・高強度素材であるCI4+を採用していて、全機種2ピース仕様に作られています。

仕舞寸法の最長が107cmしかありませんから、さまざまなシチュエーションへ持ち込みやすいですし、電車・バスなどの公共交通機関を利用した移動も楽におこなえるでしょう。

最もショートレングスなのは、ベイトロッドのバスワンXT+・156ML-2。

全長は1.68mなので、ミノーやジャークベイトをキャストして、ロッドティップを下向きに構えやすくなっています。

トゥイッチイングやジャーキングをカンタンに実践できることで、釣れる機会がアップするのは間違いないでしょう。

ショートレングスだと飛距離が出ないのでは?と考えがちですが、現行のシマノのベイトリールなら、問題なく飛距離を伸ばせます。

アキュラシー精度の高いキャストで、カバー周りへ正確に着水。

そこからすぐにアクションを加えられるメリットが、ショートレングスのバスワンXT+・156ML-2には備わっているので、ぜひ使いこなしてみてください。

それでは豊富なラインナップの中から、おすすめの3機種を取り上げてみましょう。

●バスワンXT+・166L-BFS/2

エントリーロッドであるバスワンXT+で、ベイトフィネス対応のロッドが選べるようになったのは、とても嬉しいことです。

全長は1.98mと取り回ししやすい長さに設計されていて、ファストテーパーのブランクス。

2ピース仕様で、仕舞寸法は102cmと短め。

ウエイトは115gと軽くて、先径は1.6mmになっています。

適合するルアーウエイトは、3.5gから10gまで。

適合するラインは、6lbから12lbまでです。

PEラインなら、最大1.5号まで使えるでしょう。

グリップの長さは221mmで、セパレート仕様。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96.9%です。

スモラバやネコリグなど、軽量・コンパクトなルアー・ワームリグを存分に使いこなしてみましょう。

ガイドは小径タイプが並んでいて、数も多めのセッティングになっています。

細やかなロッドワークに対し、ビビッドに反応してくれるはずです。

ビッグベイトを使えるバスワンXT+のベイトロッドはこちら!

●バスワンXT+・1610H-SB/2

ビッグベイトやスイムベイト・ビッグペンシルに対応可能なロッドもラインナップ。

全長は2.08mなので、軽く振るだけで飛距離を伸ばしやすいでしょう。

レギュラーファストテーパーで2ピース仕様、仕舞寸法は107cmです。

ウエイトは130gとやや軽めで、先径は2.2mmと太め。

適合するルアーウエイトは、14gから56gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら12lbから25lbまで、PEラインなら最大で5号まで対応できます。

グリップの長さは261mmでセパレート仕様、ブランクスのカーボン素材含有率は、97%になっています。

トップガイドは太いラインの干渉を考慮して大きめ、バットガイドには高い負荷が掛かることを想定した、ローライダーガイドが装備されています。

ソリッドティップ搭載で繊細に誘えるバスワンXT+のスピニングロッドをチェック!

●バスワンXT+・266L-S/2

ソリッドティップを先端に搭載したスピニングロッドも、しっかりラインナップされています。

繊細な誘いのアプローチを実践するのに、とても便利でしょう。

全長は1.98mで、エキストラファストテーパー。

2ピース仕様で、仕舞寸法は102cmになっています。

ウエイトは102gで、先径は0.9mmと細め。

適合するルアーウエイトは、2gから7gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら2.5lbから5lbまで、PEラインなら最大0.8号まで使えます。

グリップの長さは211mmでセパレート、ブランクスのカーボン素材含有率は、97.5%に設定されています。

シマノオリジナルのソリッドティップを搭載、ショートバイトを弾いてしまわない繊細な釣りを展開できるでしょう。

バスワンXT+に装着して使いたいおすすめリールを選んでみた!

バスワンXT+に装着して使ってみたくなる、おすすめのリールをご紹介しましょう。

まずは、ベイトフィネス対応リールから。

ライトラインをトラブルなく制御するための、専用ブレーキシステムが搭載されているモデルが、こちらです。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス SLX BFS 2021 XG RIGHT バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス SLX BFS 2021 XG RIGHT バス釣り

最安値価格
¥18,161(楽天市場)

Amazonへ ¥18,838

楽天市場へ ¥18,161

シマノからリリースされている、ベイトフィネス対応の軽量コンパクトなリールです。

ロープロファイルデザインなので、とてもパーミングしやすいのが特徴です。

ギア比は8.2対1なので、ハンドル1回転につき82cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は3.5kgで、ウエイトは170g。

スプール寸法は、直径が32mmで幅は22mm。

適合するラインは、フロロカーボンラインなら8lbを45m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってフィールドで使ってみると、搭載されているマグネットブレーキ・FTBの利きは良好で、バックラッシュトラブルはほぼありませんでした。

キャスト後半の伸びも良く、狙ったピンポイントへ軽量ルアーやワームリグを送り込むことが可能です。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

バスワンXT+と組み合わせて、ベイトフィネスの釣り方を習得していくのに丁度いいリールといえるでしょう。

シマノ(SHIMANO) 22 ミラベル 2500SHG

シマノ(SHIMANO) 22 ミラベル 2500SHG

最安値価格
¥10,200(amazon)

Amazonへ ¥10,200

楽天市場へ ¥10,200

シマノの新しいスピニングリール・ミラベルの中から、2500番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき91cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力は2.5kgで、最大ドラグ力は4kg。

ウエイトは205gで、スプール寸法は直径が46.5mm、ストロークが14.5mmです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら5lbを100m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて扱いやすい印象を持ちました。

ハンドル回転は軽快で、ローターの回転もしっかり追従してくれます。

ラインスラックが発生しても、これならすぐに回収できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定に収まっています。

シマノにはサハラシリーズという、ブラック+ゴールド系配色のスピニングリールが用意されているので、ロッドとのカラーコーディネイトを重視したい人は、そちらも検討してみてはいかがでしょうか。

バスワンXT+の気になる発売日はいつ?

バスワンXT+の気になる発売日は、2023年の2月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、10,500円から12,000円です。

バス釣りには、ベーシックな釣り方を習得できるという魅力も含まれています。

このロッドシリーズで、釣りの魅力にハマってみましょう!

2023年新製品関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング