ロッドのアップ写真

ディスラプションは2023年新発売のビッグベイト専用ベイトロッド【シマノ】

FISHING JAPAN 編集部

ウエイトが通常のルアーよりはるかに重くなるビッグベイトやビッグペンシルを、さまざまなシチュエーションでキャストする機会が増えています。

専用のベイトロッドをシマノが企画・製作したら、どのようなものが出来上がるのか、期待しているアングラーは少なくないでしょう。

2023年、ディスラプションという名称を得て、我々の前に登場してくれることになりました。

ディスラプションとは

ディスラプションとは、2023年シマノからリリースされる、ビッグベイト専用ベイトロッドのことです。

設定機種は、2種類用意されています。

まず最初に取り上げるのが、短いブランクスのディスラプション・C610-XX。

ビッグベイトの2ozから3ozクラスを、自在に扱えるように仕上げられています。

キャストしてただ巻きのみの使い方ではなく、もっとロッドワークが求められるアプローチに適しているでしょう。

シマノのロッドテクノロジーであるUBD=アルティメットブランクスデザインを採用し、理想のアクション・テーパーを実現しています。

弾性率の異なるカーボンシートを適所に配置、ぜい肉を省くことで軽量化も手に入れているのが特徴です。

ビッグベイトを上手く操るために、ブランクスはファストアクションに設定。

トゥイッチやジャークも繰り出しやすいテイストに作られているので、アングラーがイメージするロッドワークを実践しやすいでしょう。

接近してきたフィッシュイーターを、Uターンさせないためのひと工夫が、このロッドでおこなえることになるわけです。

全長は2.08mと、長過ぎず極端に短い値でもありません。

2ピース=グリップジョイント式の1ピース仕様で、仕舞寸法は171.9cmになっています。

ウエイトは未定で、先径は2.2mm。

適合するルアーウエイトは、18gから72gまでに設定されています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大で25lbまで。

グリップの長さは313mmでストレートタイプ、ファストアクションのブランクスのカーボン素材含有率は、89.1%になっています。

バス釣り専用でもソルトウォーターゲーム専用でなく、2ozから3ozのビッグベイトを操作するのに特化した1本だと理解してください。

シマノの各種ルアーロッドシリーズの垣根を越えた、アングラー待望のアイテムが出来上がってきたという印象です。

ディスラプション・C78-XXXXの詳細スペックはこちら!

もうひとつの長くて硬いディスラプションは、C78-XXXXという型式です。

4ozから6ozクラスのビッグベイトを操るのが目的で、他に類を見ない圧倒的なパワーが与えられているのが特徴です。

ブランクスには、ネジレを防いで高強度かつ美しい曲がりを作り出す、スパイラルXコアを採用しています。

高弾性のブランクスは、パワーはもちろん、ロングキャストした先でビッグベイトをスイムさせる高い操作性を備えています。

硬さと張りは、バイトが発生したときの高いフッキング性能にも、好影響を与えるでしょう。

このモデルは、ワンアンドハーフの2ピース並継構造なので、仕舞寸法が130.0cmに収まっています。

携行する際の利便性が素晴らしく、国内のみならず海外遠征で航空機に搭乗するときも載せやすいのが強みです。

ブランクスはレギュラーファストアクションですから、4ozから6ozクラスのビッグベイトを柔軟に操るのに向いています。

キャスト負荷に耐えつつ高い操作性も維持し、リーリングからの瞬発的な入力や8の字釣法への移行など、ロッド全身をフル活用させることが可能です。

全長は2.34mと長く、ウエイトは未定。

先径は2.9mmと太めで、適合するルアーウエイトは42gから168gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら最大で35lbまで。

グリップの長さは444mmのセパレートタイプで、ブランクスのカーボン素材含有率は、96.6%です。

ディスラプションのグリップにも注目!

ディスラプションのグリップ部分に注目してください。

C610-XXにはパーフェクションシートXT、C78-XXXXにはパーフェクションシートCI4+を搭載しています。

握り部分には、アングラーの手のひらで掛けた負荷を確実に伝える、超硬質EVAを使っています。

C78-XXXXのみエンドグリップには、ラバー素材が付きます。

長期に渡って使い込める仕様は、ビッグベイトの特性を体感していく上でも不可欠。

釣り全体を支える役割が、ディスラプションのグリップには盛り込まれているということでしょう。

ブランクスのスパイラルXコアは、外側からハイパワーXで強化されていて、ネジレを抑え込むようになっています。

ディスラプションに装着して使ってみたいおすすめリールを選んでみた!

ディスラプションに装着してビッグベイトをキャストするのに、おすすめのリールをご紹介しましょう。

2023年のニューモデル・アンタレスDC MDやカルカッタコンクエストMDは、ベストバランスを作り出してくれるはず。

既存のリールからは、このふたつがマッチするのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021 300XG RIGHT バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021 300XG RIGHT バス釣り

最安値価格
¥18,500(amazon)

Amazonへ ¥18,500

楽天市場へ ¥20,980

シマノからリリースされている、ロープロファイルデザインのベイトリールです。

ギア比は7.9対1になっていて、ハンドル1巻きで107cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は8.0kgと高めで、ウエイトは320gです。

スプール寸法は、直径が43mmで幅が22mm。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら25lbを135m、PEラインなら6号を120m巻けます。

ハンドルの長さは45mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、ハンドルの巻き始めはやや重いものの、勢いがついてくると安定してリトリーブをおこなえる印象です。

掛かった魚をゴリ巻きで引き寄せられるので、強引なやり取りもじゅうぶん試せるでしょう。

ハンドルノブは、つまみやすい大型平ノブで、等速リトリーブも実践しやすくなっています。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっているといえそうです。

シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール 18 カルカッタコンクエスト 300 右

シマノ(SHIMANO) リール ベイトリール 18 カルカッタコンクエスト 300 右

最安値価格
¥69,890(amazon)

Amazonへ ¥69,890

楽天市場へ 取扱なし

定番の高剛性丸型ベイトリール・カルカッタコンクエストの300番です。

ギア比は6.2対1に設定されているので、ハンドル1回転につき84cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は7.0kgで、ウエイトは330g。

スプール寸法は、直径が43mmで幅が22mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら25lbを135m巻けます。

ハンドルの長さは48mmで、ボールベアリングは12個装備されています。

実際に使ってみるとキャストフィールは申し分なく、ビッグベイトのロングキャストでバックラッシュにつながるトラブルは、ほとんど発生しませんでした。

スローからステディリトリーブを敢行したいなら、このベイトリールのギア比のほうがやりやすいかもしれません。

実売価格は6万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

もっと太いラインを大量に巻きたいなら、カルカッタコンクエストの400番もラインナップされているので、そちらを手に取ってみましょう。

ディスラプションの気になる発売日はいつ?

ディスラプションの気になる発売日は、2023年の6月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、公式サイトでは未定となっています。

ビッグベイトによるアプローチを積極的に実践して、大物フィッシュイーターを仕留めてください。

2023年新製品関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング