リールのアップ写真

19セルテートLT4000番の実釣インプレ特集!ギア比の違いを体感してみた

FISHING JAPAN 編集部

19セルテートLTシリーズが発売されてから、ギア比の異なる4000番モデル2機種を使っています。

巻き心地は5.2対1のLT4000-Cが滑らかで軽快、スピーディーな展開なら6.2対1のLT4000-CXHに分があるような気がしますが、どちらか一方に絞り込めるのでしょうか?

ここでは、ダイワの19セルテート4000番について深掘りしてみます。

19セルテートLTの4000番モデルってどんなスピニングリールなの?

19セルテートLTシリーズにラインナップされている4000番モデルは、2機種あります。

LT4000-CとLT4000-CXHで、どちらを購入して使うか、とても悩みました。

ラインキャパもウエイトも同じ、当然ボディ素材はアルミで、モノコックなところも一緒。

違いはギア比のみですから、これは使ってみないと分からないわけです。

メーカー希望販売価格は、どちらも49,500円。

安い買い物ではないものの、思い切って両方ともゲットしてしまいました。

スプールに巻いたのは、PEラインの1.5号。

ターゲットは、シーバスや回遊青物になりますから、シンペンや鉄板系バイブレーションルアーをメインにキャストすることに。

まずは、ギア比5.2対1のLT4000-Cから。

ハンドルを支えるエンジンプレートが目一杯に広がっていて、しかも左右対称デザインになっています。

これが何とも美しい!

いかにも「ただ巻きリトリーブしてみろ!」と言われているようで、それに従順にしたがってしまいます。

20g前後のシンペンを河口域でキャスト、着水即リトリーブを開始。

本当にシンペンを引っ張っているのか?と疑ってしまうほど、巻き抵抗にザラっとした雑味は無く、安定した巻き心地をキープできます。

河口域なので水流の強いところと弱いところがありますから、それを乗り越えるときに負荷が切り替わるのが分かります。

T字ノブをつまむ指先に、グッとチカラを込めないと巻き続けられないような、そういう負荷が二段ほど連続で乗ってくる感じ。

本来ならハイギアのほうが体感しやすいと言われているのですが、巻き心地良好な19セルテートLT4000-Cなら、ハッキリととらえることに成功できます。

アングラーによって体感は変わるかもしれませんが、ノーマルギアの巻き心地の良さが、独特の高い感度を生み出しているのも間違いないでしょう。

ハイギアの巻き始めが重い!それがイヤ!というアングラーには、この上質な19セルテートLT4000-Cの感度を味わってみることをおすすめします。

リトリーブ中にシーバスが掛かってきましたが、巻きスピードをアップしてフッキング。

そのままランディングに持ち込むことができました。

2年以上使っていて、今でもその巻き心地に変わりがないことからも、19セルテートLT4000-Cには独特の魅力があると感じています。

19セルテートLT4000-CXHの使用感をチェック!

6.2対1のハイギアモデル・19セルテートLT4000-CXHも、平行して使っています。

こちらもPEラインは1.5号にして、200m目一杯ストックした状態で釣り場へ。

河口域の流れにシンペンを入れて、リトリーブを開始すると、ちょっとした変化を次々に拾っていくような感覚にとらわれます。

たぶんシーバスがバイトしてきているわけではないのです。

水流の差やPEラインに当たる風、地形変化との接触、ベイトフィッシュの背中に触れた瞬間などが、全て情報化されて変化として伝わってきているのでしょう。

うるさいラジオを延々聞かされている感じに近いかもしれません。

でも、うるさい!ととらえずに、有効な情報も混ざったものを、横並びに晒してくれていると考えたら、じゅうぶん自分の釣りスタイルに活かせるのではないでしょうか。

雑味のある情報ではあるものの、自分が有効なフィルターになりさえすれば、バツグンに美味しいコーヒーが飲める!

そのきっかけ作りをしてくれるのが、19セルテートLT4000-CXHなのかもしれません。

剛性・耐久性が著しく高い19セルテートLTの4000番モデル!

結局19セルテートの4000番は、どちらも手放さずに使い続けています。

洗浄メンテナンスを施せば、ほぼ元通りのパフォーマンスを見せてくれていますし、その安定感はどちらのギア比も保持しています。

最初に印象では、情報を拾い過ぎるハイギアモデルのほうが、傷んでくるのが早いのかな?と想定していたのですが、そんな素振りは1ミリたりとも見せません。

とても剛性が高く、それに伴う耐久性もしっかり持っているのが、19セルテートなのでしょう。

ライトショアジギングやサーフゲームにも転用する機会が多いのですが、何ら問題なく青物やヒラメ・マゴチなどを連れ帰ってくれています。

19セルテートLT4000番モデルにマッチしそうなおすすめロッドを選んでみた!

19セルテートLT4000番モデルを装着して使いやすい、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

まずはノーマルギアのLT4000-Cから。

さまざまなポイントへキャストして、ただ巻きリトリーブで誘いをかけるなら、取り回しの良いレングスのほうがいいかもしれません。

ダイワ(DAIWA) モアザン ブランジーノ EX AGS 87LML ブラック

ダイワ(DAIWA) モアザン ブランジーノ EX AGS 87LML ブラック

最安値価格
¥63,525(楽天市場)

Amazonへ ¥64,795

楽天市場へ ¥63,525

Yahoo!へ ¥66,000

ダイワのモアザンブランジーノシリーズから、軽いブランクスのスピニングロッドを選んでみました。

ウエイトはなんと97gしかありませんから、キャスト数の増える近距離戦をこなすのに向いているでしょう。

全長は2.62mとやや短めで、継数は2本。

仕舞寸法は135cmに縮まるので、あちこちの釣り場へ持ち込むのが便利です。

先径/元径は1.5/10.3mmで、適合するルアーウエイトは5gから30gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら6lbから16lbまでで、PEラインなら0.6号から1.5号まで対応できます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、100%になります。

実際に手にしてみると、とても軽量でシャープなブランクスに仕上がっている印象です。

特にヤワな感じではないので、シーバスをフッキングしてからのやり取りに遠慮は要らないでしょう。

ロッドを立てて曲がり込みを作り、それを維持し続けることでシーバスを水面まで浮かせて空気を吸わせてください。

実売価格は6万円台と、ハイスペックならではの価格帯に設定されています。

他に比較できるようなロッドが見当たらないので、市街地の河川で機動力をアップしたいアングラーは、手にしてみていいおすすめロッドではないでしょうか。

4000番が少し大きいと感じるかもしれませんが、太いラインでアプローチしたいなら、ライントラブルをしっかり抑えながらの釣りを展開できます。

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスターMX 96M 釣り竿

ダイワ(DAIWA) ショアジギングロッド ジグキャスターMX 96M 釣り竿

最安値価格
¥20,800(amazon)

Amazonへ ¥20,800

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

ライトショアジギングをメインに、シーバスゲームも実践してみたいアングラーにおすすめの1本です。

全長2.90mで継数は2本、仕舞寸法は150cmになります。

標準自重は205gですから、シーバスゲーム用としてはやや重いものの、気になるほどではありません。

先径2.0mmで元径13.9mmと、やや太目。

適合するルアーウエイトは、10gから60gまで使えます。

適合するPEラインは、1.0号から2.0号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、96%になります。

全体的に太目でガッシリした作り込みですから、大胆に積極的にキャスティングゲームを展開することができるでしょう。

4000番サイズとのマッチングも良好で、手返しを優先するなら19セルテートLT4000-CXHを装着してみてください。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

19セルテートLTシリーズの4000番を駆使してキャスティングゲームを楽しもう!

19セルテートLTシリーズの4000番について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

ダイワ渾身の傑作スピニングリールを、ぜひあなたの釣りシーンで活かしてください。

スピニングリールの関連記事はこちら

スピニングリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

セルテート」カテゴリの人気記事

DAILYランキング