釣行の写真

2022年春・がまかつ新製品特集【Part1】達人がおすすめする「これを使えばもっともっと釣れる最新&最強釣具」

FISHING JAPAN 編集部

上級者御用達というイメージが多いがまかつの商品群だが、実はそれぞれの釣り種で、様々なレベルの釣り人にぴったり合う釣具が数多くラインナップされている。

そんな中から、この春に発売される新製品をピックアップして、開発に携わったテスターのインプレッションとともに紹介しよう。

しなやかにチヌを制する柔を武器にした至極の本調子『がま磯 スーパープレシード』

圧倒的なトルクと粘りで時代を席巻した「プレシード」シリーズ。

その三代目として、魚をいなす柔軟な曲がりと操作性が両立する「至極の本調子」を実現しリリースされた「スーパープレシード」。

すでに各地で実績を上げているグレの号数に加えて、チヌを主なターゲットとする0.2号と0.6号が追加された。

テストを繰り返したがまかつフィールドテスターの南は、0.2号についてこう語る。

「先調子でもなく胴調子でもなく、きれいに曲がってやり取りが楽しめる竿ですね。0.2号は、これまでになかった初めての号数で、0号よりも少しパワーがあって強気のやり取りができます。0号で感じる穂先のたわみがないので、振り込みやライン操作がよりやりやすく、0.6号より曲がるので、細ハリスを使ったときや、根ズレしたときでもラインに優しくて切れにくい。ラインが強く感じるんですよ。まさに0号と0.6号のいいとこ取りをした調子です」

さらに続ける。

「最終テスト時に少し硬く感じたのが、0号に近い軟らかさになり、持ち重り感も解消されて、納得のいく仕上がりになりました」

やり取りの際に竿が叩かず気持ちいい釣り味で、小型から大型までオールラウンドにチヌ釣りが楽しめる。

「必要充分なパワーがあるので、障害物などがあるところでも安心感をもってやり取りすることができます」

チヌフカセに加わった至極の本調子ロッドが2022年をアツくする。

■0.2号5.3m、0.6号5.3m
■¥97,500、¥98,000(税別)

釣行の写真

ハリスの強さを最大限に引き出すチヌ師待望の調子を実現した0.2号。オールマイティに使える0.6号とともにチヌフカセをさらなる領域へ導いてくれる

釣行の写真

テストを担当したのはG杯チヌV4を誇る最強のチヌ師、南康史フィールドテスター。チャンプも納得の最高の一本に仕上がった

違和感を与えない抜群の食い込み。粘りとパワーで主導権を渡さない『がまくえ GRAND IMPULSE(グランドインパルス)』

見た目のいかつさや大きさとは裏腹に、捕食時のわずかな違和感でエサを離してしまう・・・。

大きくなるほど警戒心が強くなるクエを相手にこだわったのが、先端部から中間部にかけての細めの設定と独自のテーパー設計による食い込みのよさ。

そして、負荷に応じて曲がりの支点がスムーズに移動する「アクティブサスデザイン」とともに発揮される粘りとパワー。

千載一遇のチャンスを逃さず“磯の帝王”を確実にモノにする、それが「がまくえ GRAND IMPLUSE」だ。

「テストでは60号を使って1尾釣りました。食い込みはよかったですね。魚が掛かったあとに受ける手元をもっと強くしてほしいとリクエストしました」(早田)

「九州では南西諸島で特大を狙うのに、100号クラスの要望が結構あるんですよ。テストでは4号数を持ち込んで、すべてでクエを釣りましたが、特大を狙うには100号クラスはもっと強くした方がいいと伝えました」(高園)

そうした声を反映してパワーアップを図り、ラインナップするのは4号数。

小型のクエだけでなくクチジロや泳がせ釣りにマッチする40号、クエはもちろん、ヒラアジやヒラマサ、カンパチなどの超大型魚にも対応する60号と80号、そして超巨大魚を照準とする120号。

GRAND IMPLUSEで大物釣りはますます面白くなる。

■40号5.0m、60号4.8m、80号4.8m、120号4.7m
■¥320,000~¥450,000(税別)

がまかつ底物竿の開発に反映されるのは、早田昭浩(左)と高園知明(右)フィールドテスターの圧倒的な経験に基づく理論と知識だ

ロッド」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング