ルアーのアップ写真

サルベージソリッド70ESサーフエディションで大型ヒラメを釣りたい!2022年新バイブレーションルアー

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームで人気の高いシマノの樹脂製バイブレーションルアーを、サーフヒラメゲーム用にブラッシュアップしました。

その名は、サルベージソリッド70ESサーフエディション。

2022年に新発売されるこのルアーの特徴や使い方、マッチしそうなおすすめのタックルについて、詳しくご紹介しましょう。

サルベージソリッド70ESサーフエディションとは

サルベージソリッド70ESサーフエディションとは、2022年シマノからリリースされる、樹脂製のバイブレーションルアーのことです。

シンキング仕様で、全長は70mmとコンパクト。

サーフエリアに潜んでいるヒラメやマゴチなどが、好んで捕食しているベイトフィッシュそっくりのボリューム感です。

ウエイトは20gと、コンパクトなボディの割りには、重めの設定になっています。

そのおかげで飛距離はバツグンに伸びますし、ボトムまでの到達スピードも早め。

しかもボディ全体が薄いフォルムになっていますから、風のあるシチュエーションでも遠くまで届き、潮にカンタンに流されてしまう展開にはなりにくいでしょう。

メタル素材のボディではなく、薄い樹脂製のボディにすることで、比重の低さが運動性能を高めてくれます。

例えば、着底させてからのロッドリフトのみでボディの振幅を開始してくれたら、そばにいるヒラメやマゴチにアピールしやすいことに。

刻むようにしてボトムの地形変化をトレースしても、とても面白いでしょうし、リトリーブを開始してスローに引っ張っても、しっかりアクションすることを期待できます。

シーバスゲーム用として発売中のサルベージソリッドをヘビーユースしていますが、ロングキャストからの立ち上がりレスポンスは、かなり良好です。

サーフエリアでは、確実にボトムをとらえてから、スローリトリーブかリフト&フォールを繰り返すように使っています。

フィッシュイーターたちが食い付いてくると、ドーン!と強い負荷が掛かって、ロッドが弓なりに。

ほとんどの場合、サルベージソリッドは丸飲み状態になるので、ロッドを立ててラインを巻き取るだけで、バラシを防げるケースが多いでしょう。

ヒラメが連発するエリアなら、ショックリーダーラインを太目にして、ラインブレイクを阻止するセッティングで臨みたいものです。

サルベージソリッドをボトムに置いた状態でも、ひったくるようなバイトがありました。

砂に埋もれるのではないか?とも考えましたが、問題なくフィッシュイーターたちの口の中に吸い込まれています。

サルベージソリッド70ESサーフエディションの背中に注目!

サルベージソリッド70ESサーフエディションの背中には、小さなフィンが付いています。

正面からの水流を左右に切ることもできますが、フィンの上を水流が通り越えて、ルアーの後半部分を上から下へ押さえるようにチカラも見込めます。

このチカラが強ければ強いほど、後半部分の背中で水を切ることにつながります。

タイトにボディが揺れる動力源と成り得るので、フィンの存在はとても重要といえるでしょう。

スローリトリーブでも水をとらやすく、その分誘いの要素は膨らむはずです。

合計10種類のカラーバリエーションから選択可能!

サルベージソリッド70ESサーフエディションには、全部で10種類のカラーバリエーションが用意されています。

サーフヒラメゲームにマッチした、視認性の高いものが多くなっているのが特徴です。

●Nイワシカラー

●Aヒラメゴールドカラー

●サーフカーニバルカラー

●Nヒラメキャンディカラー

●Nピンクボラコノカラー

●AアカキンGカラー

●Aブルピンイワシカラー

●Aチャートピンクカラー

●Nマイワシカラー

●Nピンクサバカラー

サルベージソリッド70ESサーフエディションを操作するのに向いているおすすめタックルを選んでみた!

サルベージソリッド70ESサーフエディションをロングキャストして誘うのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

サーフヒラメゲームを楽しむなら、10ftを超える長さのブランクスを持ったスピニングロッドがマッチします。

スピニングリールは、5000番前後の中型サイズのほうが、ラインキャパに余裕があるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ネッサXR S104M

シマノ(SHIMANO) ロッド 21 ネッサXR S104M

最安値価格
¥28,082(amazon)

Amazonへ ¥28,082

楽天市場へ ¥28,580

シマノから発売中の、サーフヒラメゲーム専用スピニングロッドです。

Mパワーのブランクスなので、硬過ぎることなくしなやかに曲がる感じに作られています。

ウエイトは170gと軽めで、ランガンスタイルで歩きながら釣っていくのに向いているでしょう。

先径は2.1mmで、適合するジグウェイトは最大42gまで、ルアープラグウェイトは8gから36gまでです。

サルベージソリッド70ESサーフエディションなら、しっかり背負うことができるでしょう。

適合するPEラインは、0.8号から2号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は99%で、全長は3.15mです。

継数は3本で、仕舞寸法は110cmまで縮まりますから、釣り場への持ち運びはとても便利です。

実際に手に取ってみると、とても軽くて振りやすく、連続キャストでリトリーブを繰り返すのに丁度いい印象を持ちました。

張りはしっかりあるので、ヒラメの強烈な引きにもじゅうぶん耐えられるでしょう。

サーフでは回遊してくる青物なども掛かることがあり、高い負荷にも耐えられるブランクスが求められます。

実売価格は3万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

サーフヒラメゲームといえば、ロングキャストするイメージが強いですが、実は結構手前にヒラメが潜んでいることがあります。

離岸流などを観察しながら、その周辺の岸近くから丁寧に探ってみましょう。

サルベージソリッド70ESサーフエディションなら、波や水流の中でもレスポンスよくアクションしてくれるはずです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

最安値価格
¥36,800(amazon)

Amazonへ ¥36,800

楽天市場へ ¥37,873

人気のツインパワーシリーズで、サーフヒラメゲームに適している4000番のエクストラハイギアモデルです。

キャストしたサルベージソリッド70ESサーフエディションを、素早く回収して次のキャストに移りやすいでしょう。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1回転につき101cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/11.0kgです。

自重は260gで、スプール寸法は直径が52mmでストロークが19mmです。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を320m巻けます。

ハンドルの長さは57mmで、ボールベアリングは9個搭載しています。

実際に手にしてハンドルを回してみると、しっかりとした剛性と滑らかさが同居している印象を持ちます。

大型のヒラメが掛かった場合、素早く水面まで浮かせてエラを空気に晒し、そのまま岸まで引っ張って来なければなりません。

力強いゴリ巻きを実践しやすいですし、ドラグのレスポンスも上々です。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

頑丈で扱いやすいスピニングリールが3万円台なら、購入を検討していいのではないでしょうか。

サルベージソリッド70ESサーフエディションの気になる発売日はいつ?

サルベージソリッド70ESサーフエディションの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,100円です。

ヒラメはボトムに潜んでいるものの、結構表層まで浮いてきて、ルアーに食い付くことがあります。

誘いをかけつつ、表層近くをスピーディーに探ることも実践すれば、短時間で広範囲をチェックできるでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

サーフゲーム」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング