リールのアップ写真

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルで大型チヌを釣り上げたい!2022年新ベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

チヌを釣るためにルアーや各種ワームリグをロングキャスト、ボトムを感知しアタリを確実にとらえるには、伸びのほどんど無いPEラインが不可欠です。

2022年にダイワからリリースされるベイトリール・22シルバーウルフSV TW PEスペシャルなら、スピニングタックルでは踏み込めなかった領域をしっかりとカバー。

そのポテンシャルの高いスペックを、詳しくご紹介しましょう。

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルとは

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルとは、2022年にダイワから新発売となる、チニングゲーム専用のベイトリールのことです。

設定機種は、左右ハンドル仕様の2種類が用意されています。

1000XHモデルは右巻きハンドルで、ギア比は8.5対1に設定。

ハンドルを1回転させると、ラインを90cm巻き取ることができるように作られています。

かなりテンポよくライン回収をおこなえるので、次のキャストへ移りやすいですし、地形変化を確実にとらえて対処しやすいメリットも生まれます。

ウエイトは190gと、とても軽量ですから、手首やヒジ・肩などへの負担が抑えられ、長時間の釣行でも疲れを感じにくいでしょう。

最大ドラグ力は5kgで、ラインがチヌに引き出される展開になると、クリック音が鳴り響くようになっています。

暗がりでチニングゲームをおこなうことが多いので、手元がよく見えないときに、耳でライン放出を感知できるのはありがたいです。

0.6号や0.8号といった細いPEラインを使うことを考慮すると、どれくらいの勢いでラインが出ているか分かるのは、大きなメリットでしょう。

スプールの直径は34mmで、ボールベアリングは10個搭載しています。

ハンドルの長さは、90mmです。

1000XHLモデルは左巻きハンドルで、各部のスペックは1000XHと同じです。

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルのスペックで、まず注目したいのは、ハイパードライブデザインの採用です。

ハイパードライブデジギアとしてドライブギアが大型化され、強さと耐久性、それに伴う伝達能力が高められています。

ハイパーダブルサポートやハイパーアームドハウジングで各部の支持をアップ、フレーム・ギア側サイドプレート・ダイヤル側セットプレートにアルミニウム合金を用いています。

ハイパータフクラッチの搭載で、固着しにくく作動し続けるクラッチシステムが搭載されています。

チヌが掛かると、強い巻き上げパワーが求められます。

リール本体に高い剛性がなければ、スムーズに速やかにハンドルを回すことは難しいでしょう。

スピニングタックルにない強引な寄せを実践できるからこそ、カバーへ逃げ込まれるのを防ぎ、細いPEラインでもランディングまで持ち込めます。

それを下支えするのが、ハイパードライブデザインなのです。

G1ジュラルミン製SVブーストPEチューンスプールを搭載した22シルバーウルフSV TW PEスペシャル!

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルには、G1ジュラルミン製のSVブーストPEチューンスプールが、標準装備されています。

2段階で飛び出すように設定されている、インダクトローターが特徴です。

スプール回転数に応じて2段階のブレーキ力を適時与えることが可能なので、キャスト後半のもうひと伸びを期待できます。

しかも超々ジュラルミンと比較しても、強度がアップしているので、PEラインとのマッチングは良好でしょう。

TWSとPEラインの相性はバツグン!22シルバーウルフSV TW PEスペシャルを使いこなそう!

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルには、ダイワオリジナルのTWSが搭載されています。

TWSなら、スプールの回転数が上昇するタイミングで、ラインガイドにPEラインが当たる抵抗を大幅に抑えてくれます。

当然バックラッシュトラブルが少なくなり、ルアーはよく飛び、コントロール性がアップします。

着水してからのフォールも素早く、手返しの良いアプローチを展開できるでしょう。

細いPEラインを使う場合、サミングはあまり強くおこなわずに、ブレーキ力を高めて使用することをおすすめします。

ブレーキ力調整は、着水と同時にスプール上でラインが膨らまない程度がベスト。

最初は軽めにロッドを振って、短めの飛距離で調整に入ると、最適なブレーキ力を見つけ出しやすいでしょう。

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルのデモンストレーション動画はこちら

チヌをルアーで狙うチニングゲームは、実践するアングラーが増加傾向にある人気の釣り方です。

これまではスピニングタックルによるアプローチが主体でしたが、牡蠣殻が並ぶボトムに突っ込まれてはラインブレイク!という苦い経験をすることがあり、まずはチヌの足を止めることが課題のひとつになっています。

剛性の伴なう専用のベイトタックルがあれば、ライン放出を極力抑えながら、アングラーに有利なゲーム展開をおこなえるのではないでしょうか。

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルの登場で、ロングキャスト+強引なやり取りを存分に楽しめるでしょう。

手元に何か変化を感じたら、次の瞬間にはロッドを立ててフッキングできるようなタックルバランス。

それを突き詰めていくのに、欠かせないベイトリールとなってくれそうです。

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルを装着してみたくなるおすすめのロッドを選んでみた!

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルを装着してロングキャストを実践してみたくなる、おすすめのロッドを取り上げてみましょう。

2022年の5月にはシルバーウルフMXシリーズが登場予定ですが、既存モデルから選ぶなら、7ft前後のバス釣りベイトロッドを転用すると楽しめるでしょう。

20gまでのルアーやリグを背負える程度のロッドが、扱いやすくなります。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 6102M+RB 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 6102M+RB 釣り竿

最安値価格
¥32,449(amazon)

Amazonへ ¥32,449

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ 取扱なし

ブラックレーベルSGシリーズのややショートレングスなベイトロッドです。

Mパワーより張りのあるブランクスは、掛かったチヌをカバーやストラクチャーから引き離すのに向いているでしょう。

全長は2.08mで継数は2本ですから、仕舞寸法は108cmまで短く収まります。

これならさまざまなシチュエーションの釣り場に、持ち込みやすくなります。

自重は111gと、とても軽くて操作性の高い仕上がりです。

先径/元径は2.1/14.9mmと、やや太目。

適合するルアーウエイトは、6gから25gまでと幅広くなっています。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取って振ってみると、とても軽くてしなやかな曲がりを見せてくれます。

軽めのルアーやリグにも対応しやすく、バットパワーはじゅうぶん。

チヌの硬い口周りでも、フックを貫通させられるのではないでしょうか。

実売価格は3万円台と、スペックに見合った価格帯に設定されています。

0.6号や0.8号などといった細いPEラインを用いるケースが多いので、ガイドに絡まっていないか常にチェックしながら、キャスティング動作に移るようにしましょう。

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルの気になる発売日はいつ?

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、47,500円です。

広範囲のエリアをテンポよく探りながら、瞬時に判断してフッキングを繰り返していくのが、チニンゲームの主流となってきました。

それに対応するためには、ベイトタックルの活用が必要不可欠でしょう。

22シルバーウルフSV TW PEスペシャルを手にして、積極的な攻めの釣りスタイルを確立させてください。

2022年モデルの関連記事はこちら

チニング」カテゴリの人気記事

ベイトリール」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング