魚とルアーのアップ写真

バス釣りでハートテール使ってる?投げやすくてよく釣れるシャッドテール系ワーム

FISHING JAPAN 編集部

ゲーリーヤマモトからリリースされているワームの中で、シャッドテール系のよく釣れるアイテムといえば、ハートテールが挙げられます。

独特の水押しで水面直下を泳いでくる姿は、コブナやブルーギルなどの小魚そのもの。

カバーに潜んでいるビッグバスが、見逃すはずはないでしょう。

ここでは、ゲーリーヤマモトのワーム・ハートテールの特徴や使い方についてご紹介します。

実際にフィールドでキャストしてみたインプレも含め、深掘りしてみましょう。

ハートテールってどんなワームなの?

ハートテールとは、バス釣り用タックルメーカーの老舗・ゲーリーヤマモトからリリースされているワームのことです。

いわゆるシャッドテール系のフォルムをしていて、設定サイズは2種類。

小振りな3.5inchサイズと、ボリューム・重さの充実した5inchサイズから選べるようになっています。

どちらもベイトタックルでキャスト可能ですが、設置するフックサイズは、ワームの長さに合わせて切り換えるようにしてください。

オフセットフックの3/0サイズより上を用意して、上手くスイミングしてくれるバランスになるものを装着しましょう。

それではハートテールの細部について、チェックしていきます。

まず注目したいのが、最後尾に付いているテールパーツ。

名前の通り、ハート型にデザインされています。

実際に水中でスイミングさせると、左右にしっかりとウォブリングアクションし、その揺れがボディ本体にも伝わっているのが分かります。

そこにボディロールが加わって、絶妙なアクションで同じ層をトレースできるのです。

とてもリズミカルで刺激的、にもかかわらず小魚が時折発する無防備な感じが滲み出ています。

バスの存在に気づいていない雰囲気が引き出せたら、バイトに持ち込めるのは時間の問題でしょう。

ハート型のテールは、水が抜ける効果があり、後方になびくような余韻も作り出せている感じがします。

そのおかげで、ハートテールの真後ろに追従してきたバスは、ほぼUターンすることなく追従を続けます。

バイトの瞬間だけ、そのままテールを噛まずに、ボディの真横に追いついての反転食いをしてくるケースが多いでしょうか。

フッキングは、やや遅めにして、ロッドに曲がりが生じる程度に引っ張られたら、強めにロッドを立てると、フックが貫通しやすいでしょう。

ハートテールのボディに刻まれているリブに注目!

ハートテールのボディには、リブが刻まれています。

いわゆる溝で、細かな幅で進行方向に対してタテに複数配置されています。

これがしっかりと水をつかみ、時には水を剥がし、絶妙な水流を引き起こすのです。

ウロコのある生き物なら、同じような水流を起こしながら泳いでいるのではないでしょうか。

バスがそういう細部にも生命感を感じているとしたら、リブの有る無しはバイト効率に大きく影響を与えていることになります。

水中を抵抗感を感じながら引っ張れるのも、リブのおかげですから、無くてはならない存在といえそうです。

ボディの下半分に塩が集中!

ハートテールは、ボディの下側に塩を大量に含んでいます。

これにより安定したスイミングを繰り出せますし、テールアクションが大きくなっても回転してしまう事態にはなりません。

またキャストして着水させると、そのまま水平姿勢をキープして、沈んでいくことができます。

水平姿勢に対してバスが反応しやすいことからも、リトリーブを開始する前にしっかりと落とし込むことは、とても有効な場合が多いです。

もし重さが足りないと感じたら、ネイルシンカーをボディに刺し込んで、ウエイトアップを図ります。

カラーバリエーションも豊富なので、バス釣り当日のシチュエーションに合わせて、派手なカラーやリアルなカラーなどを使い分けてみましょう。

ハートテールを使ってバス釣りを楽しんでいる動画はこちら

ハートテールをキャストしてスイミングさせるのにおすすめのタックルを選んでみた!

ハートテールをノーシンカーリグにセットして操るのに、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

どちらも一定の重さがあるので、ベイトロッドを選んでみました。

そのほうが太いラインでアプローチできて、カバー周りで操りやすいでしょう。

オカッパリがメインなら、ある程度の長さを持ったブランクスにすれば、ロングキャストを繰り出しやすいです。

周囲に注意しながら、キャスト動作に入りましょう。

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-68MH

アブガルシア(Abu Garcia) ベルサート (Versart) VERC-68MH

最安値価格
¥19,934(Yahoo!)

Amazonへ ¥24,200

楽天市場へ ¥20,746

Yahoo!へ ¥19,934

アブガルシアから発売中のベルサートシリーズのベイトロッドです。

全長は203cmで1ピース仕様 /ですから、持ち運びする際には注意が必要です。

ロッドティップなどを障害物に干渉させないようにしましょう。

標準自重は116gと軽めなので、手元に伝わってくる情報は多くなります。

フッキングに至る判断材料が多いことで、積極的に掛けていけるバス釣りを展開できるでしょう。

適合するルアーウエイトは、10gから30gです。

ハートテールのノーシンカーリグなら、じゅうぶんキャスト可能な調子といえます。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまで。

ブランクスのパワーはミディアムヘビーで、レギュラーファーストテーパーに仕上げられています。

実際に手に取ってみると、振りやすくて発生したしなりの復元は速やかな印象です。

オールラウンドに使えそうなブランクスは、クランクベイトなどの巻き物やジグ系の撃ち物にも応用が利きます。

何よりもカバー周りでバイトされたときに、カバーから一瞬でバスを引き離せるほどのパワーを持っているのが強みでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

グリップ周りのぜい肉もきっちり落とされて絞り込まれているので、握りやすくてバスの強い引きにも耐えやすくなっています。

シマノ(SHIMANO) リール 20 メタニウム HG LEFT

シマノ(SHIMANO) リール 20 メタニウム HG LEFT

最安値価格
¥29,029(楽天市場)

Amazonへ ¥29,300

楽天市場へ ¥29,029

Yahoo!へ ¥29,612

シマノの人気ベイトリール・メタニウムシリーズのハイギアモデルです。

コンパクトでキャストしやすいのが特徴で、モノフィラメントラインの12lbをメインで使うつもりなら、極めて扱いやすいベイトリールに仕上がっています。

ギア比の設定は7.1対1になっていて、ハンドル1巻きで76cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgとじゅうぶんで、自重は175gとかなり軽めです。

スプール寸法は、直径が34mmで幅が19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは、42mmです。

ボールベアリング数は、10個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、とても背の低いデザインに設計されているので、パーミングかしやすくフッキングも鋭く決められる印象です。

ハンドルノブはつまみやすく、水で濡れた指でも滑りにくくなっています。

キャストフィールは良好で、ハートテールのノーシンカーリグをキャストするなら丁度いいかもしれません。

実売価格は3万円前後と、ハイスペックに見合った価格設定でしょう。

このベイトリールより小さくなると、手のひらに隙間が出来てしまい、パーミングが安定しないのでは?と考えてしまうぐらい、完成度は高いです。

これを超えるヘイトリールは、果たして登場するのでしょうか?

ハートテールを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

ハートテールの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

ノーシンカーリグなら、カンタンに引っ掛かってしまうトラブルを防げますから、キャスト数がどんどん増え続けるでしょう。

バスがバイトしてくる確率も高くなるので、ハートテールが活きてくる場面に遭遇できるはずです。

しっかり使いこなして、ビッグバスを釣り上げましょう!

ワームの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

ゲーリーヤマモト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング