ワーム 写真

ブラックバス釣りに使うワームの色特集!人気の色のユーザー評価をピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

ブラックバス釣りに使うワームには、さまざまな色が着けられています。

どの色が一番釣れる色か知っていますか?

答えは、そんな色は存在しません。

どの色も、一様によく釣れるようにセッティングされていますよ。

釣れない色を探すほうが苦労するでしょう。

ブラックバス釣りアングラーが選ぶ好きなワームの色

それでもブラックバス釣りアングラーが選ぶ好きなワームの色は、いくつかの色に絞られているようです。

その代表格をピックアップして、ユーザー評価や見てみることにしましょう。

なぜそのワームの色を支持するようになったのか、そこが分かればあなたのバス釣りに活かせるかもしれません。

ブラックバス釣りにおすすめのワーム色①グリパン

ワーム 写真

グリーンパンプキンBK

出典:amazon

個人的に冬の釣りの定番ですね。
水温3℃でも魚を釣れてきてくれます!

出典:amazon

グリパンと呼ばれているグリーンパンプキンカラーは、ブラックバス釣りのワームには欠かせない色です。

その人気の理由は、ズバリ!保護色だからでしょう。

目立たずに周囲の土や岩・木・壁などによく似た色ですから、ブラックバスに違和感を与えないだろう!とアングラーが信じ込める点が重要なのです。

信用できない色なんて、釣りに使う気になれませんからね。

ブラックバス釣りにおすすめのワーム色②スカッパノン

ワーム 写真

スカッパノン

出典:amazon

とてもいいです、3.3インチがいいです!
初心者には少し難しいかと思います。

出典:amazon

ちょっぴり赤みがかった色・スカッパノン。

ここにブルーのラメが入っているワームは、ブラックバス釣りに大変人気があります。

琵琶湖はもちろん、各地の野池でもよく釣れている情報を見かけますが、これまた釣り場環境に馴染みやすい保護色がベースになっているのが人気の理由でしょう。

ただし、赤色が含まれていることで、ブラックバスの目からは「見えたり消えたり」する対象となります。

特に暗がりや水深のある日照の届きにくい層では、一瞬消えてしまう効果があるようで、そういう意味ではスカッパノンは、刺激的な色といえるかもしれません。

ブラックバス釣りにおすすめのワーム色③チャート

ワーム 写真

チャートライムフレーク

出典:amazon

さっそく使ってみた所30upが20本上がりました!季節や水質によりますが、とにかく釣れました!

出典:amazon

チャートは、ブラックバス釣りでよく使われる色として有名です。

自然界にはこっち系の色をまとった生き物は少ないですから、チャートという色を「リアルだ!」と感じているフシは、ブラックバスにはなさそうです。

でも自然界にないからこそよく目立つわけで、そういう軽めの刺激にはブラックバスは弱いのかもしれません。

またチャート色のものは、その輪郭がとらえ辛いとされています。

「なんだこれ、よく見えねぇな・・・」と感じたブラックバスが、必要以上に近づいてくる可能性が高く、近づき過ぎて思わずバイト!というケースは、間違いなくあるように感じますね。

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング