ワームのアップ写真

ヤマセンコーで釣りたい!バス釣り用高比重ワームの定番アイテムを徹底チェック

FISHING JAPAN 編集部

バス釣りはもちろん、ライトソルトゲームやシーバスゲームでも欠かせないアイテムになってきた感のある、ゲーリーヤマモトのワーム・ヤマセンコー。

その種類は全部でなんと17種類、さまざまな釣り場で活躍しています。

ここではヤマセンコーの特徴やインプレ、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

細長くてシンプルなデザインのどこに、魚が釣れる秘密が隠されているのでしょうか?

ヤマセンコーとは

ヤマセンコーとは、ゲーリーヤマモトからリリースされている高比重ワームのことです。

たぶんネームのヤマは、ヤマモトから採ったものでしょう。

元々センコーというネームで販売されていましたから、途中で改名された経緯を持っている珍しいワームです。

発売当初から人気が高く、ベイトタックルを用いてノーシンカーリグを遠投できることが、多くのアングラーから支持される要因となりました。

素材には、ゲーリーヤマモト独自の塩入り高比重樹脂が使われていて、5インチタイプにオフセットフックを装着しただけでもじゅうぶんな重さがあり、驚くべき飛距離を叩き出します。

しかも着水と同時に水平姿勢を保ったまま、ユラユラとフォールするのですから、ボトム付近から見上げているバスは我慢できずに飛び掛かってしまうでしょう。

カバーの中に潜んでいるバスも、柔らかくて存在感のある着水音に、フィーディングのスイッチを入れてしまいがちです。

飛距離が伸びるということは、アングラーの存在がバスに悟られないことに。

水平姿勢でフォールするということは、弱った小魚の動きそのものを表現していることに。

フックの先端はボディの中に埋め込むことができますから、カバーやストラクチャーに引っ掛かる心配もありません。

より大胆に積極的に攻めることが可能になり、釣れない状況すらカンタンに打破してしまうのが、ヤマセンコーの強みなのです。

サイズや種類が豊富なヤマセンコー

ヤマセンコーには、さまざまな種類が用意されています。

何の突起物も付いていないタイプやシャッドテールが最後尾に付いているタイプ。

スリムなシルエットのものやファットなボリュームのものも。

ちょっとした変化が、釣果に大きく影響を与えるケースがあることを、製作者であるゲーリーヤマモトはよく知っているのでしょう。

そしてサイズは、2インチという極小サイズから7インチというビッグサイズまで用意されていますよ。

狙う魚の大きさに合わせて豊富な種類の中から選べるのが、ヤマセンコーの秀でた特徴です。

数多くのカラーバリエーションから選べるヤマセンコー

ヤマセンコーには、数多くのカラーがラインナップされています。

定番カラーのウォーターメロンシードやグリーンパンプキンはもちろん、ブラックやスモーク・ピンク・各種ラメカラーから選ぶことができます。

ゆっくり沈めて誘うので、ボトム付近でどのような発色になっているかも気になるところ。

ディープゾーンでも存在感を示してくれるブルー系カラーやラメも、豊富に用意されているのが嬉しいですね。

またノーシンカーリグ以外にも、多種多様なリグにマッチするよう作られています。

インチワッキーリグやネコリグ・ダウンショットリグ・フリーリグ・ジグヘッドリグなどにも、柔軟に対応できますよ。

ヤマセンコーを操作するのにおすすめのタックルをピックアップ!

ヤマセンコーを操って魚を誘うのに適している、おすすめタックルをご紹介しましょう。

まずは、バス釣り用から。

ベイトタックルで5インチタイプのヤマセンコーをキャストするなら、Mパワークラスのロングロッドがベストマッチでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ 1611M+

シマノ(SHIMANO) バスロッド ポイズンアドレナ 1611M+

参考価格:¥37,730

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

シマノの1ピースベイトロッド・ポイズンアドレナです。

全長2.11メートルと長めで自重は110グラムと軽量なので、キャストフィールは軽やか。

ロッドティップにヤマセンコー5インチの重さを感じながら、しっかりバックスイングして軽く前に押し出すようなキャストを心がけましょう。

そうすれば緩やかに放出されたヤマセンコーが、静かに着水を決めてくれます。

硬過ぎるロッドでは、射出の際のスピードも抑えられず、結果として水面を強く叩いてしまいがち。

それを未然に防いで、静かな着水からの水平姿勢フォールで魚に口を使わせるようにしたいものです。

28グラムまでのルアーを載せることが可能ですから、ネイルシンカーを埋め込んだアプローチにも使えますね。

ジグヘッドをボディの真ん中にセットした、ジグヘッドワッキーなどの重さのあるリグにも対応しやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) 19 バンタム ベイトキャスティングモデル 170MH-2 センターカット2ピース

シマノ(SHIMANO) 19 バンタム ベイトキャスティングモデル 170MH-2 センターカット2ピース

参考価格:¥37,278

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

バンタムのベイトロッドで、センターカット2ピース仕様です。

全長2.13メートルと長めですが、仕舞寸法は109.7センチととてもコンパクトなサイズに。

これならさまざまな岸際にも足を運びやすいですから、オカッパリによるバス釣りを楽しむのに向いているでしょう。

自重は132グラムでMHパワー、30グラムまでのルアーをキャストすることができます。

5インチタイプなら、ノーシンカーリグやジグヘッドリグ・ネコリグなどでボトムを取ってバスを誘うことができそうですね。

ロングレングスのブランクスなので、飛距離を伸ばして広範囲をチェックするのにも適しています。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 アンタレス HG 左 バーサタイル

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 19 アンタレス HG 左 バーサタイル

参考価格:¥44,544

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

アンタレスのHGモデルです。

12ポンドラインを100メートル巻けますから、ロングキャストを試したいときにとても便利ですよ。

しかも搭載されているマグナムライトスプールⅢは、軽いウエイトのルアーでも伸びやかにキャストすることが可能なスグレモノ。

ヤマセンコー・ノーシンカーリグとの相性はバッチリで、あらゆるカバーや水深を探ってみましょう。

カッチリしたボディ剛性による軽やかで滑らかな巻き心地も秀逸、一度使うと手放せなくなる名機です。

右利きの人が左巻きハンドルを選ぶと、利き腕でロッドを保持することができます。

これは大きなアドバンテージを生み、レスポンスの良いフッキングにつながるはずです。

シマノ(SHIMANO) 20 ゾディアス 264L

シマノ(SHIMANO) 20 ゾディアス 264L

参考価格:¥13,326

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

2020年に新しくなったゾディアスのスピニングロッドです。

全長1.93メートルとさほど長くはありませんが、手元の細やかな操作をしっかりヤマセンコーに伝えるのに適しています。

自重は95グラムと軽めで、10グラムまでのルアーをキャストすることができますよ。

2インチサイズの極小ヤマセンコーなどを軽快にキャストして、微細なバイトも感じ取ることが可能になるでしょう。

微細なバイトは、ラインの動きで判断します。

水面にたるんだラインを放置し、それがどのように変化するかを目で追うようにしてください。

たるんでいるラインがピンッ!と張れば、魚が食い付いてきた証し。

またたるんだままラインが動かない・変化がないのも、魚が食い付いてアングラーのいる側に向かってきている確率が高いといえます。

どちらの変化も敏感に感じ取り、フッキングに移れる準備をしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 2500SHG バス 中本流トラウト

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 2500SHG バス 中本流トラウト

参考価格:¥33,880

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

2020年にフルモデルチェンジした、シマノのツインパワーです。

これは2500番のハイギアモデル、浅溝スプールが標準で装備されていますよ。

ラインキャパは、4ポンドラインで130メートルとじゅうぶん。

2インチサイズのヤマセンコーでも、楽に遠投したりピンポイントに落とし込んだりできるでしょう。

スピニングタックルの強みは、カーブフォールではなくフリーフォールでヤマセンコーを沈められること。

水平姿勢を維持したままのフリーフォールは、バスのバイトを頻繁に呼び込むことが可能です。

ボトムに着くまで何秒かかるかカウントしておいて、それまでにラインの動きが止まったら、サスペンドしていたバスが食い付いてきたのかもしれません。

ツインパワーなら強烈なフッキングを決めても、頑丈で剛性の高いボディがしっかり耐えて支えてくれるでしょう。

ヤマセンコーを使いこなしてビッグバスを釣り上げよう!

ヤマセンコーの特徴や、おすすめタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

オフセットフック1本のみを携えて、バスや他のフィッシュイーターに挑みます。

カバーやストラクチャーには引っ掛かりにくいものの、ショートバイトではフッキングまで持ち込めません。

そんなケースでは、早アワセは禁物。

魚がヤマセンコーをくわえて、しばらく横方向に泳いで持ち去ろうとするのを確認してから、フッキングアクションに移ってもだいじょうぶでしょう。

どんなタイミングがベストなのか、足しげく釣り場へ通いながらマスターするしかありませんね。

ゲーリーヤマモト」カテゴリの人気記事

DAILYランキング