ロッドのアップ写真

がまかつの磯竿で大物を釣りたい!初心者におすすめのロッドをピックアップ

FISHING JAPAN 編集部

尾長とか口太と聞くと、釣り場にいなくても血が騒いでしまいます。

磯竿が弓なりに絞り込まれるシーンを見たくて、週末は磯場へ向かう人が増えていますよ。

ここでは、磯竿メーカーとして絶大な人気を誇る、がまかつのアイテムをご紹介しましょう。

かなり幅広く多くのユーザーをカバーしていますから、今回は初心者アングラーにおすすめの磯竿を取り上げてみます。

がまかつの磯竿とは

がまかつの磯竿とは、尾長グレや口太グレをターゲットにした、磯釣り専用のロッドのことです。

独特の朱色デザインを施したこの磯竿を手に、さまざまな釣り場で大物が揚げられてきました。

初代のグレスペを手にして紀南の磯に立ったときのことが、今でも忘れられません。

足元が水の流れでエグれていて、掛かった尾長グレが接岸してからそこへ潜り込んだのです。

当時はあまり細いラインで組んでいなかったとはいえ、岩肌に擦られるとひとたまりもなかったでしょう。

絞り込まれる竿先、スプールから出て行こうとするライン。

それを手で止めて、一気に引き離す態勢に移れたのは、やはりがまかつ磯竿のブランクスが持つポテンシャルのおかげでした。

まず竿尻を立て気味に角度を付けます。

その角度に追従するように、胴から穂先が立ち上がっていくのです。

当然魚は岩肌から離れないようにしようと抵抗しますが、顔は水面へと向けられてしまう。

それが強引ではなく、まるで必然のようにすんなりと向けられてしまうので、必要以上に暴れない印象を受けました。

暴れなければ、そのまま水面まで上げてきて、空気を吸わせることができますよね。

そういうやり取りを何度も丁寧にこなすことで、しっかりとランディングすることに至ったのです。

魚に曲げられたブランクスが、実はただ曲げられているだけではない状態。

そこから次の展開へいつでも持っていける、含み・フトコロの深さ。

そしてここぞ!というタイミングで、アングラーの意図通りに掛かった魚を動かせる高い操作性が、がまかつの磯竿には備わっているといえるでしょう。

その後歴代のグレスペやアテンダー・インテッサなどに触れる機会を得ましたが、どれも絶妙なセッティングが施されたものばかりで、雑味やアバウトさとは無縁の、生粋の釣り道具でした。

一生付き合える磯竿に出会いたいなら、釣具店でがまかつ製品を手に取ってみてください。

初心者におすすめのがまかつ磯竿①がまかつアルデナ

がまかつの磯竿の中から、比較的価格設定を低く抑えたアイテムをご紹介しましょう。

いきなり10万円超えでは、初心者の人にはハードルが高過ぎるように感じます。

がまかつでは、5万円前後の実売価格から磯竿がラインナップされているので、まずはそこに手を伸ばしてみることをおすすめします。

がまかつアルデナの1号と1.25号を手に取ってみました。

どちらも繊細かつパワフル、掛けた魚をしっかりと受け止めて、長い時間のやり取りにも耐えられるように作られています。

積極的に掛けにいけますし、CIMガイドの採用で糸絡みトラブルも抑えられていますよ。

グリップの握り込みが安定することで、より一層操作性が高まっているのを体感できます。

何よりこの低価格で、がまかつの磯竿が味わえるのが嬉しいですね。

遠投タイプや沖縄カーエーロッドまでバリエーションされていますよ。

初心者におすすめのがまかつ磯竿②がまかつデニオス

がまかつデニオスは、細身でありながら肉厚のブランクスを採用している磯竿です。

設定の号数は、1号から2号までと絞り込まれているので、選ぶほうとしてはあまり悩まなくて済みますよね。

持ち重り感はきっちり消されているので、取り回しのしやすさはかなり良好です。

アタリに対して積極的に掛けていきたい人に、おすすめのアイテムです。

先の軽い胴調子という味付けは、さまざまなシチュエーションで活きてくるでしょう。

がまかつの磯竿と合わせてみたいおすすめのタックルを選んでみた!

それではがまかつの磯竿とマッチングのいい、おすすめのタックルを取り上げてみましょう。

磯釣りアイテムは、各メーカーから豊富にリリースされています。

特にレバーブレーキ付きスピニングリールは、磯釣りには欠かせませんから、自分に合ったものをしっかり選んでくださいね。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(レバーブレーキ) 19 シグナス 3000LBD (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(レバーブレーキ) 19 シグナス 3000LBD (2019モデル)

最安値価格
¥21,175(amazon)

Amazonへ ¥21,175

楽天市場へ ¥21,175

Yahoo!へ ¥23,375

ダイワからリリースされている、磯釣り専用のレバーブレーキ式スピニングリールです。

ダイワはこのカテゴリーが充実していて、選択肢が豊富なのがいいですね。

ギア比が5.3対1なので、ハンドル1巻きで80センチのラインを巻き取れるようになっています。

自重は285グラムで、最大ドラグ力は8キロに設定されていますよ。

これなら大型のグレが掛かっても、安心して対処できるでしょう。

最大ブレーキ力は14キロもありますので、突っ込みを止めて浮かせるように操ってみてください。

ラインキャパは、モノフィラメントラインの4号で150メートルです。

ハンドル仕様はワンタッチアルミでT型ノブ、ブレーキレバーはBITURBO専用アルミになっています。

実際に手に取ってみると、さほど持ち重りは感じない印象ですね。

各部パーツに指が届きやすい配置で、ハンドル回転もローターのレスポンスも、ダイワらしさが出ています。

実売価格は2万円台と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

レバーブレーキ式のスピニングリールといえば、高い価格なものというイメージが強かったのですが、このリールが見事に打ち砕いてくれています。

初心者の人におすすめしたい1台であるのは、間違いないでしょう。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(レバーブレーキ) 19 ラグザス 3000H-LBD (2019モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール(レバーブレーキ) 19 ラグザス 3000H-LBD (2019モデル)

最安値価格
¥32,000(amazon)

Amazonへ ¥32,000

楽天市場へ ¥33,880

Yahoo!へ ¥32,560

ダイワから発売中のレバーブレーキ式スピニングリールです。

ギア比は6.2対1とハイギア仕様ですので、ハンドル1回転につき93センチのラインを巻き取れるようになっています。

自重は270グラムとやや軽め、最大ドラグ力は8キロもあります。

最大ブレーキ力は14キロなので、魚の走りをしっかり止めて、水面まで引き寄せることができるでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4号を150メートルまで巻くことができます。

ボールベアリングは6個内蔵で、ハンドル仕様はワンタッチ式のZAION素材を採用しています。

ブレーキレバーは、BITURBO専用アルミ仕様です。

実際に手にしてみると、各部の回転は滑らかで、きっちり軽量化も図られているのがいいですね。

カラーリングも磯釣り感に満ちていて、ユーザーの所有満足度をアップしてくれます。

実売価格は3万円台と、コスパ優秀な価格設定になっていますよ。

高いスペックを保持しつつも、タックルにかかる費用を抑えたい人に、ぜひおすすめしたいですね。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 16 ラリッサ 2500DHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 16 ラリッサ 2500DHG

最安値価格
¥20,267(Yahoo!)

Amazonへ ¥21,193

楽天市場へ ¥21,175

Yahoo!へ ¥20,267

シマノから発売されている、レバーブレーキ搭載のスピニングリールです。

ギア比は6.0対1になっていて、ハンドル1巻きで90センチのラインを巻き取れるようになっています。

最大ドラグ力は8キロ、最大ブレーキ力も8.0キロに設定されていますよ。

自重は270グラムと、やや軽めです。

スプール寸法は、直径が47.5ミリでストロークが14.5ミリ。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら2.5号で150メートル、PEラインなら1.5号で160メートル巻けます。

実際に手にしてみると、各部のカチッとした組み上げが、剛性・耐久性のある雰囲気を出していますね。

軽く感じますし、操作のしやすさもメリットに感じます。

実売価格は2万円前後と、とても安い価格帯に収まっていますよ。

これなら初心者の人も購入しやすいですし、実釣でも大胆に扱えるでしょう。

がまかつの磯竿を使いこなして釣りを楽しもう!

がまかつの磯竿の特徴や、おすすめの磯釣りアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたか?

磯釣りには、さまざまなルールが取り決められています。

釣り場にもローカル設定されたルールがありますので、先輩アングラーからよくレクチャーを受けてから、竿を握るようにしましょう。

ロッドの関連記事はこちら

磯釣り」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

がまかつ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング