ルアー 写真

釣りよかルアーの評価ってどうなってるの?人気ルアーの実釣インプレッション

FISHING JAPAN 編集部

ユーチューバーとして不動の人気を誇る「釣りよかでしょう」のメンバーが、個々に意見や要望を出し合って、それをジャッカルがカタチにしたのが、釣りよかルアーです。

発売は2018年、その1年前にも釣りよかカラーの中空フロッグがリリースされていましたよ。

注目度はたいへん高く、発売当初は即完売の釣具店があちこちに。

ネット通販でも売り切れ続出で、なかなか手に入れることができなくなったのです。

発売当初の人気が凄まじかった釣りよかルアー!

発売当初、人気急騰だった釣りよかルアー。

当然のように転売目的の人たちを、すぐ引き付ける展開になりました。

定価で買ってネットに高額出品し、その差額でお金儲けをしようというわけです。

これには多くの釣り人が閉口することに。

レアモノ転売の対象になってしまった釣りよかルアー

せっかくの釣り道具が、釣りをしない人の手に渡り、単なるお金儲けアイテムになってしまったのです。

そうなると、一気に釣り人は敬遠する展開になり、とうとう売れ残りが発生するように。

ルアーとして評価される前に、とんでもない仕打ちに遭ってしまった釣りよかルアー。

こんなことになるなんて誰が予想したでしょうか。

実際に釣り場で使ってみると多くの魚が反応してくれる!

それでもユーチューバー・釣りよかでしょうのメンバーは、毎日楽しい動画を配信し続けています。

そんな彼らの努力や取り組みに本当のファンは納得でしょうし、ようやく普通に入手できるようになった釣りよかルアーを、実釣で試せるようにもなりました。

2018年10月から現在に至るまで、ブラックバス・ナマズ・ライギョ・コイ・シーバスを釣り上げることができましたよ。

そのインプレをご紹介しましょう。

釣りよかルアーの実釣インプレ①ニチニフロイジー

釣りよかルアーの羽根物ノイジー・ニチニチフロイジーは、自重14グラムと投げやすく、着水音が静かなのが大きなメリットです。

リトリーブを始めると、パタパタと水面をもがくようにクロールしますよ。

バスやライギョの反応が良く、フッキング率も申し分ありませんね。

釣りよかルアーの実釣インプレ②ボトラーグリンチ

釣りよかルアーの中空フロッグ・ボトラーグリンチは、最後尾にカーリーテールが付いています。

これが起こす引き波が、想像以上に大きくしっかりしていて、テールが水面を叩いているようにも見えます。

濃いカバーでも引っ掛からずに抜け出してくれますし、飛距離も伸びるほうですから、使い勝手は良いと判断できますね。

釣りよかルアーの実釣インプレ③チリチリライザー

釣りよかルアーの中で、唯一水面に浮かばないシンキングルアー・チリチリライザー。

このルアーは、驚くほど飛んでくれますから、広範囲をスピーディーに探るのに向いています。

革素材で作られたシッポが、引き波を整えながら生命感を溢れさせます。

後追いしてきたシーバスが、見切らずにそのままバイトするシーンを何度も見ることに。

やはり釣りよかルアーは、釣り場でこそ映えるアイテムだったのです。

そういうルアーを、今後も釣りよかメンバーの手で作り出してもらいたいですね。

届いた直ぐに 近くの川に 行き!素晴らしい動きが 良いルアーです! よびに もう一つ買います!

出典:amazon

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング