テナガエビのアップ写真

テナガエビを釣って飼育したい!釣り方・飼い方を詳しくチェック

FISHING JAPAN 編集部

河川の岸際で餌を垂らすと、岩やテトラの隙間から長いハサミを伸ばしてくる生き物がいます。

夏の風物詩として多くのアングラーに親しまれている、テナガエビですね。

ここでは、テナガエビの特徴や釣り方や飼育方法について、深掘りしてみましょう。

水温が下がり始めると釣れなくなる傾向があるので、飼育の際にも水温には気を配りたいですね。

テナガエビってどんな生き物なの?

テナガエビとは、テナガエビ科に属しているエビのことで、海から河川へ上がって来て定着するようになるエビのことです。

体長は、20cm程度にまで成長し、体色は全体的にグレーカラーっぽい保護色の利いた色合いに置尽きます。

テナガエビの特徴は、何といっても長く伸びたハサミ状の脚を2本、常に忙しく動かしていること。

このハサミがとても長いほうがオスなので、メスとの識別はしやすいでしょう。

釣り上げたとき、長過ぎて周囲に引っ掛かってしまい、取れてしまうこともあります。

もしテナガエビを飼育するつもりなら、ソフトランディングを心がけたいですね。

稚エビのころは、海で生息しています。

大きく育ってくると、河川の上流へ向かって移動し、岸際の障害物に定着する習性がありますよ。

テナガエビの産卵は夏中心におこなわれるので、釣りたいときは夏から秋にかけてがおすすめです。

かなり強めの肉食性であることから、釣りの餌はミミズやゴカイなどの活餌を使うと、効率よく誘うことができます。

それから夜行性なので、夜に活発に動き回って捕食もおこなっていますよ。

河川での夜釣りは、周囲が見えにくく危険が多いため、テナガエビを狙うのは昼間にしたほうが無難です。

岩の隙間に入り込んだり、テトラ帯の穴の中でじっとしていますよ。

目の前に餌がぶら下がってきたら、反応スピードは早いほうなので、すぐに食い付いてくるでしょう。

生きたまま持ち帰りたいなら、水汲みバケツとエアーポンプを持参して、元気な状態をキープできるようにしたいですね。

直射日光が当たらないように、上フタなどをして日照を遮る工夫が必要です。

あまり長時間水汲みバケツに複数匹のテナガエビを入れておくと、共食いを始めてしまうかも。

飼育するつもりなら、1匹単体のほうがいいでしょう。

テナガエビ釣りで狙いたいポイントはどこ?

テナガエビを釣る際に狙いたいポイントは、河川の下流域に点在する岸際の障害物です。

岩やテトラの他に、コンクリート護岸が施されているところの割れ目や隙間に、潜んでいることが多いですよ。

用意する釣りタックルは、3m前後の長さの延べ竿。

そして道糸とウキ・ハリス・サルカン・ハリでしょうか。

テナガエビ釣り用のセット仕掛けも販売されているので、釣具店やネット通販でチェックしてみてください。

ハリ先がテナガエビを貫かなくても、ハサミが餌を離さずに、そのまま引っ張り上げることが可能です。

強いフッキングは一切要りませんから、ウキにアタリの反応が出たら、ゆっくり持ち上げる感じでランディングしてください。

テナガエビを飼育するのに重視したいポイントは何?

テナガエビの飼育方法は、水温管理を重視しましょう。

長さ50cmから60cmの水槽を用意して、ヒーターを必ず設置するようにします。

20℃を維持することを心がけながら、水質管理も同時におこなってください。

餌は1日に2回から3回でじゅうぶんで、飼育エビ用の市販餌で対応可能です。

長めのピンセットを用意して、水槽内に居るテナガエビの視野内へ運んでみてください。

餌のニオイにも反応して、すぐに向きを変えてハサミを伸ばしてきますよ。

テナカエビが飼育環境に慣れてきたら、人の姿を見ただけで餌をもらえると思って騒ぎ出します。

その様子を上手くとらえた動画を見つけましたので、ぜひチェックしてみてください。

テナガエビを丁寧に飼育している様子をとらえた動画はこちら

テナガエビを釣るのに用意したいおすすめタックルを選んでみた!

それではテナガエビを釣り上げるのに、釣り場へ持ち込みたいおすすめタックルをご紹介しましょう。

まずは、ロッドから。

延べ竿で3m前後の長さのものを用意すると、釣り場でも取り回しがよく扱いやすいでしょう。

そのまま水汲みバケツへ入れて、エアーポンプで空気を送り込んであげると、活きのいい状態でキープすることができます。

プロマリン(PRO MARINE) PG VSやすらぎ 270

プロマリン(PRO MARINE) PG VSやすらぎ 270

最安値価格
¥777(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,441

楽天市場へ ¥872

Yahoo!へ ¥777

プロマリンブランドからリリースされている、万能タイプの延べ竿です。

全長は2.70mあるので、さまざまな河川の護岸エリアにアプローチしやすいでしょう。

継数は6本で、仕舞寸法はたったの56cmにまで縮まりますよ。

これならタックルバッグに入れて持ち歩いたり、クルマに積みっぱなしでも邪魔にならないですよね。

自重は89gと軽めで、先径/元径は0.8/15.7mmと細く仕上げられています。

実際に手に取ってみると、リフトアップしたときのダルさはあまり感じられず、ブランクスのしなやかな曲がりと反発力を体感できます。

テナガエビぐらいの重みが掛かって、ロッドティップがしっかり曲がり込むので、バラシを抑えられる印象ですね。

グリップ周りも細身で握りやすいので、支えるのもアワセるのも、とても楽におこなえます。

実売価格は千円前後と、とても低価格に設定されているのが嬉しいですね。

複数本揃えたいときも購入しやすいですから、家族みんなでテナガエビ釣りを楽しめるでしょう。

継目部分に砂などのゴミが入ると、伸縮時に引っ掛かりが発生するかもしれません。

釣行後は、ロッドの表面を丁寧に拭き取るようにしておきましょう。

テナガエビ釣りの仕掛けは、水面に浮くウキや沈むウキなどを使います。

自分にマッチしたアプローチ方法を見つければ、数多くのテナガエビを釣り上げることができるようになるでしょう。

ハピソン(Hapyson) 乾電池式エアーポンプ YH-702B

ハピソン(Hapyson) 乾電池式エアーポンプ YH-702B

最安値価格
¥1,470(楽天市場)

Amazonへ ¥1,773

楽天市場へ ¥1,470

Yahoo!へ 取扱なし

ハピソンから発売中の、携行性の高いエアーポンプです。

水汲みバケツとともに釣り場へ持参すれば、テナガエビを活きのいいままキープすることができますよ。

エアーポンプの内蔵モーターは、電池で動くようになっています。

アルカリ電池を使ったときの電池使用時間は、連続で約60時間持ちます。

エアーポンプからの送風量は、1分間に約0.45Lですね。

本体部のサイズは、約80×44×140mmに作られています。

ウエイトは、電池を含んだ状態で、約460gです。

内蔵モーターの寿命は、約200時間ですから、何度も釣り場へ持って行けそうですよね。

使用する電池サイズは、単1型乾電池を2本です。

実際に使ってみると、発生する音は静かなほうで、あまり熱くならずに稼動してくれるのがいいですね。

水汲みバケツには、エアーポンプを取り付けられる箇所を設けているものがあるので、そこにしっかりと固定して使ってみてください。

電池の予備は、常に保持しておくと、釣り場で困る展開にはならないでしょう。

他の釣りで、活き餌・活魚を使う場合は、一緒に持ち込んで活用することができます。

テナガエビを釣り上げて持ち帰り飼育してみよう!

テナガエビの特徴や釣り方・飼い方、おすすめの釣りタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

最近はテナガエビの数が増えてきた印象が強く、このまま数が減らないように、河川の環境を維持したいものです。

テナガエビは天ぷらにして食べると、とても美味しいので、家族連れで釣り出かけることをおすすめします。

持ち帰って泥を抜く作業が要るので、しばらく水の中で飼うことに。

そのとき人懐っこい1匹に出会ってしまったら、水槽へ移して飼育を始めるのもいいかもしれませんね。

長く飼育し続けると、とても愛着が湧いてくる生き物のひとつとなるでしょう。

エビの関連記事はこちら

釣り動画・YouTube」カテゴリの人気記事

DAILYランキング