ダンクルのアップ写真

ダンクルを駆使して春のシャローエリアを攻略したい!おすすめカラーを徹底セレクト

FISHING JAPAN 編集部

春のスポーニングシーズンに向けて、ビッグバス攻略のためのルアーを用意したいですよね。

ソフトスイムベイトのダンクルなら、その大きなボリュームとアクションで、バスを効果的に刺激してバイトに持ち込むことができますよ。

河川の岸際や、池・湖に広がる広大なシャローフラットエリアを、このダンクルをリトリーブしながら丁寧に探ってみましょう。

ここでは、ダンクル各サイズの特徴や、おすすめカラーをご紹介します。

ダンクルとは

ダンクルとは、バス釣り用に開発されたソフトな素材のスイムベイトです。

特徴として、しっかりしたブリスターパックに入って販売されていることが挙げられます。

この仕様になっていることで、ダンクルの生命線であるテール部分が、妙な形へ変形してしまうことを防いでいますよ。

釣り場へ持って行く際にも、このブリスターパックを利用するようにすれば、安定したスイムアクションのまま使い続けることができます。

サイズ設定は、5インチ・7インチ・9インチの3種類から選べるようになっていて、出向く釣り場のシチュエーションに合わせるようにしましょう。

例えば5インチなら、比較的小規模の池や河川に向いています。

捕食している対象に近いサイズという要素はもちろん、控えめな着水音で場に余計なプレッシャーを与えない!という要素も持ち合わせていますよ。

ダンクルに搭載されているフックアイに注目

ダンクルには、頭部の上とアゴ下の2ヵ所に、フックを取り付けるためのアイが搭載されています。

アゴ下にフックを付けると、ハリ先は腹部へ。

ここに噛み付くケースが多いですから、通常の場合は腹部へフックを持ってきていいのではないでしょうか。

ただし、シャローエリアは水深が浅いのが特徴で、ボトムに木の枝などのカバーが散在しています。

下向きのフックだと、それらに引っ掛かってしまうリスクが増えてしまいますから、あまりに根掛かりする場合は、頭部の上のアイを利用するといいでしょう。

その際、アゴ下のアイには2グラム以上のワームリグ用シンカーをぶら下げて、バランスを取る必要があります。

頭部にフックが載ることで、その重さによりボディが回転してしまうかもしれないですからね。

シャッドテールデザインを採用

ダンクルの最後尾は、シャッドテールデザインを採用しています。

ここで水をとらえて、左右への大きくてゆったりしたウォブリングアクションを発生させます。

その動きが効果的にボディに伝わって、軽くロールしながらボディをひねります。

フラットな側面部分が水を定期的に押すことになりますから、生命感溢れるディスプレイスメントを起こしていることに。

これらの複合要素が、広範囲からバスを引き寄せ、最終的にバイトすることを迷わせない説得力を作り出しているのです。

トレーラーフック用のアイも標準装備されていますから、ぜひ活用してみましょう。

ダンクル7を使った実釣動画はこちら

おすすめのダンクル採用カラーをピックアップ!

それではダンクルの5インチからチェックしていきましょう。

5インチは最小サイズで自重も29.5グラムですから、ミディアムらミディアムヘビーのベイトタックルを用意すれば、すんなりキャストできるようになっています。

そのクラスのタックルを所有しているアングラーは多いので、ダンクルのために新たにタックルを用意する必要がないですよね。

この手軽さが、スイムベイト初心者の人にも評価されていて、ダンクル人気を下支えしていると考えられます。

JACKALL(ジャッカル) スイムベイト ダンクル 5インチ 29.5g ギラギラオイカワ ルアー

JACKALL(ジャッカル) スイムベイト ダンクル 5インチ 29.5g ギラギラオイカワ ルアー

参考価格:¥2,980

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ギラギラオイカワカラーは、リザーバーなどの上流部にオイカワが密集しているようなシチュエーションで、実績の高いカラーです。

とはいえオイカワのいる釣り場なら、真っ先に結んでキャストしていいナチュラルさを備えていますよ。

ブルーの模様は、結構深い層に落とし込んでも、バスが視認できるようですから、シャローから深場へ落ちるような地形変化でも活用してみることをおすすめします。

JACKALL(ジャッカル) スイムベイト ダンクル 62g 7インチ 俺達。ブラック

JACKALL(ジャッカル) スイムベイト ダンクル 62g 7インチ 俺達。ブラック

参考価格:¥1,895

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

ダンクル7インチは、自重が62グラムもありますから、通常のベイトタックルではキャストが難しくなります。

ヘビーからエキストラヘビーアクションのベイトロッドに、太目のラインが巻ける300番程度の大き目ベイトリールを用意して臨むようにしたいものです。

サイドハンドキャストを駆使して、あまり弾道が高くならないようにすれば、着水時に大きな音や水柱が上がることを防げます。

それがバスに余計な警戒心を与えないことにもつながりますから、ぜひ実践してみてくださいね。

俺達ブラックカラーには、ブルーの模様が施されています。

ブラックでシルエットを際立たせて、ブルーでバスからの視認性を確保するという、よく考えられたカラーだといえるでしょう。

俺達スパークカラーは、赤い腹回りがベースとなった人気カラーです。

バスプロユーチューバーの秦拓馬さんがよく使うカラーとしても知られていますよね。

お腹が赤いというのは、抱卵している魚の証し。

通常よりも動きが鈍くなる個体の特徴でもあるので、バスは積極的にアタックしてきますよ。

また赤いカラーは、水深や日照の当たり方によって、見えたり見えなくなったりする効果が得られます。

バスの目の前から一瞬消えて、また現れる存在を演出できたら、強く惹き付けることができるかもしれませんね。

JACKALL(ジャッカル) ワーム メガロダンクル 9インチ 4.6oz ダンクルシャーク ルアー

JACKALL(ジャッカル) ワーム メガロダンクル 9インチ 4.6oz ダンクルシャーク ルアー

参考価格:¥2,745

Amazonへ

楽天市場へ

Yahoo!ショッピングへ

確かにダンクルの全体的なフォルムはサメに似ていますが、バス釣り用ワームに本当にサメカラーを採用してしまう辺りに、ジャッカルらしい遊びゴコロが出ていますよね。

ダンクル9インチには、メガロダンクルという特別な名称が与えられています。

それほどインパクトのある全長(9インチ=約22.86センチ)と自重4.6オンス、これなら相当遠投が利きますし、離れた位置にいるバスにも振り向いてもらえそうです。

実際にキャストしてみたのですが、初めて用いたタックルは雷魚用の7フィートベイトロッドでした。

それでも思いっ切り振り切れなかったので、オフショアジギングの際に使うジギングロッドに換えて操作しました。

最近では300グラムまで載せられる、スイムベイト専用のキャスティングロッドがリリールされていますから、タックル選びで悩むことはないでしょう。

チャートバックパールカラーは、最大サイズのダンクル9インチにも採用されています。

自重4.6オンスといえば、128グラムを超えますから、エキストラヘビーアクション以上の特殊なベイトタックルを用意しなければキャストは難しいでしょう。

超大型のヒュージサイズバスを狙うのに、ぜひ使ってみたいですよね。

このカラーは、実はシーバスゲームでも使っているアングラーが多く、好釣果を上げていますよ。

遠投してもルアーの位置がよく見えるので、フッキングのタイミングも取りやすいメリットがあります。

ピンクバック/シルバーグリッターカラーは、ダンクルに施されたカラーの中で実績と人気の高い配色です。

元々視認性を高める目的でピンクカラーは採用されがちですが、実はバスやライギョなど、淡水のフィッシュイーターはこのカラーが大好き。

ワームやハードルアーにも、あえてピンクカラーを選んでアプローチしているアングラーが増えてきましたよ。

アメリカのバストーナメントに参戦している伊藤巧さんも、パワーフィネスの際のスモラバ用トレーラーには、ピンクカラーを使うケースがあります。

バスからどんなふうに見えているのかは定かではありませんが、ピンクは膨張色系ですから、白く大きく膨らんで全体的にボワッとしている、すなわち輪郭が確定しづらい状態になっている可能性が高いといえるでしょう。

輪郭がハッキリしなければ、バスはそこに何がいるのか判明させようと、いつも以上に接近を試みます。

その勢いを止められず、極めて近い位置まで寄ってはっきりと視認した瞬間、「あ、これは捕食対象の形をしているぞ!」と判断したら、リアクションバイトする傾向が強いですよ。

クリアーウォーターはもちろん、濁りの入ったマッディーウォーターエリアでも、ぜひ使ってみてください。

頭部の上へフックを付け替えて、お腹がボトムに触れても根掛かりしない状態にセッティングした後、ブレイクライン沿いをスロースピードでボトムトレースしてみると、プリスポーニングで待機しているメスが怒って威嚇バイトしてくることも。

さまざまなアプローチを試すことで、ダンクルの活用範囲は大きく広がるでしょう。

ダンクルを使いこなして春のビッグバスをゲットしよう!

ダンクルの特徴や、おすすめカラーを特集しましたが、いかがでしたか?

シャローフラットなエリアはとても広大ですから、どこにバスが潜んでいるのか探す必要があります。

ダンクルなら遠投が利きますし、バスのほうから接近してくれるメリットも含んでいますから、釣れる確率がアップしますよ。

クランクベイトやバイブレーションプラグなどのサーチベイトで無反応なら、ダンクルに結び直して再度トライしてみましょう。

ジャッカルの関連記事はこちら

ルアー」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング