ワームのアップ写真

エスケープチビツインに2024年新カラーバリエーションが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

バトルテールが2枚突き出しているノリーズのワーム・エスケープチビツインに、2024年追加カラーが仲間入りします。

なかなか口を使ってくれないコンディション下で、バスをきっちりとらえるのに役立ってくれるはず。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

エスケープチビツインとは

エスケープチビツインとは、ノリーズから発売中のバス釣り用ワームのことです。

サイズとしては、とても小さな部類に入りますから、タフコンディション下でバスに口を使わせるのに役立つでしょう。

全長は75mmしかないので、オフセットフックなら1/0番程度のナローゲイブタイプがマッチします。

エスケープチビツインの特徴として挙げられるのが、大きな2枚のパドルテールです。

縦向きにボディに装着、そのまま真っ直ぐ伸びています。

水中に入れると、水圧や水流によって、2枚交互に縦方向に振るケースが多いです。

シンカーを装着したテキサスリグやフリーリグとのマッチングが良く、着底させるとシンカーやボディより後で、2枚のパドルテールが降り立つ感じのアクションをします。

まるでザリガニが、ボトムに2本の大きなツメを、ゆっくり降ろしていくようなアクション。

それを本物と見間違えたバスが、一気に間を詰めてバイトしてくるわけです。

実際にさまざまなフィールドで、既存カラーのエスケープチビツインを使ってみました。

まず最初に足を向けたのは、小規模な水路。

水深は2m程度で、両岸まで4m程度でしょうか。

水際には草が生い茂り、ところどころに排水パイプが突き出ていて、滝のように水が水路に流れ落ちています。

雨水が溝に溜まって、排水パイプで水路に流れ落ちて来ている感じでしょう。

当然排水パイプの直下は、やや深く掘り込まれていて、酸素濃度の高い水が豊富に存在しています。

エビやカニなどの甲殻類が、こぞって集まっていても不思議ではないでしょう。

そこにエスケープチビツインのフリーリグを投入。

シンカーがラインの上を滑り、先に着底します。

後からエスケープチビツインが、ゆっくりと舞い降りるように沈んできます。

近くにバスが潜んでいれば、特にワームにアクションを加えなくても、このフォールの様子を見せつけるだけで、バイトを誘発できるはすです。

排水パイプは、行く先々で突き出していますから、その都度エスケープチビツインのフリーリグを投入。

ラインに変化が表れたタイミングでフッキングをおこない、バスを獲っていくことができます。

大小さまざまなサイズのバスが釣れるので、数釣りを楽しむには丁度いいでしょう。

実際に山間部の池でエスケープチビツインを使ってみた!

次にエスケープチビツインを持ち込んだフィールドは、山間部の池です。

水深7m程度の深場を持っていて、堰堤からのみアプローチが可能になっています。

狙うのは、池の堰堤の中央付近にある階段。

水中にまで伸びている階段は、人工的なストラクチャーとしてとても有効でしょう。

池のボトムと交わる辺りまで階段が伸びていてると想定して、そこにエスケープチビツインのダウンショットリグを投入。

シンカーのみを階段に引っ掛けて、ワームは水中で泳がしてはフォールを繰り返します。

2枚のパドルテールが、上手く水を押してアピールを繰り返すので、それに気づいたバスが接近してきます。

バイトは明確にラインに出て、口にワームを含んだ状態で横移動を開始しますから、ラインの横走りを視認できたらフッキングをおこないましょう。

細かなアタリは、ギルの可能性か高く、フッキングせずにそのまま放置させるのがいいかもしれません。

合計6種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

エスケープチビツインには、2024年新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●ライトグリーンパンプキンカラー

●スモークマスタードカラー

●ブルーギル/ダークウォーターメロンバックカラー

●ストロベリーブラウニーカラー

●スペクタークローカラー

●プロフェッショナルブルーカラー

ウィード周りに潜む甲殻類を演じたいなら、保護色系のグリーンカラーを選んでください。

エビが脱皮したときの配色がブルーカラーなので、脱皮の季節に使ってみましょう。

エスケープチビツインを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

エスケープチビツインをフリーリグで操作するのに向いている、おすすめのベイトタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、張りがあって曲がり込みやすいブランクスのベイトロッドが合います。

リールは、14lb前後のモノフィラメントラインをたっぷり巻けるベイトリールがいいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド ロッド バスワン XT ベイト 166ML-2

シマノ(SHIMANO) バスロッド ロッド バスワン XT ベイト 166ML-2

Amazonへ 売り切れ

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・バスワンXTシリーズのラインナップから、166ML-2を選んでみました。

全長は1.98mなので、とても取り回しのいい長さのブランクスに仕上がっています。

2ピース仕様で、仕舞寸法は102.2cmにまで縮まりますから、さまざまなオカッパリシーンへ持ち出せるでしょう。

ウエイトは117gと軽めで、ブランクスの先径は1.6mm。

適合するルアーウェイトは、5gから14gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

グリップの長さは230mmですから、お腹に当たりにくく細やかなロッドワークを繰り出しやすいでしょう。

ブランクスは、レギュラーテーパーなので、負荷が掛かると全体的に弧を描く感じに曲がります。

実際に使ってみると、とても振り抜けが良く、曲がってもブランクスにラインが触れにくいガイド配置になっています。

グリップはスリムで握り込みやすく、トゥイッチやジャークを実践しやすいです。

ガイド足にラインが絡まるようなトラブルはほぼ皆無なので、連続キャストをおこないやすいのがメリットです。

キャスト数が増えれば、自ずと釣れるバスの数もアップしていくでしょう。

実売価格は6千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

これならベイトタックルを初めて使う人でも、購入を検討しやすいのではないでしょうか。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム HG RIGHT

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム HG RIGHT

最安値価格
¥31,532(楽天市場)

Amazonへ ¥35,420

楽天市場へ ¥31,532

シマノから発売中のロープロファイルデザイン系ベイトリール・バンタムシリーズの中から、ハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は7.1対1なので、ハンドル1巻きにつき78cmのラインを回収することができるように作られています。

最大ドラグ力は5.0kgで、スプール寸法は直径が35mm、幅が19mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら14lbを110m巻けます。

ウエイトは220gで、ハンドルの長さは42mm。

ボールベアリングは、8個搭載しています。

実際に使ってみると、パーミングはとてもやりやすくて、クラッチの切れはスムーズに感じました。

ラインキャパはじゅうぶんで、スプール回転の立ち上がりも申し分ありません。

全体的な剛性感は高く、大きなバスが掛かってもハンドルが回しにくくなることはありませんでした。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に収まっています。

長く使い続けられるベイトリールを探しているなら、このバンタムを試してみてください。

エスケープチビツインを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

エスケープチビツインの追加カラーバリエーションや特徴・使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、700円です。

カバーのすり抜けも良好ですから、積極的に大胆にカバーに接触させながら使ってみましょう。

新製品の関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ワーム」カテゴリの人気記事

DAILYランキング