ワームのアップ写真

ジミーヘンジは2023年新発売のバス釣り用フィネスワーム【ジャッカル】

FISHING JAPAN 編集部

まるで水中を漂うクラゲのような、独特の生命感をまとったワームが2023年ジャッカルから新登場します。

その名は、ジミーヘンジ。

いったいどんなスペックのワームに仕上がっているのか、詳しくご紹介しましょう。

ジミーヘンジとは

ジミーヘンジとは、2023年ジャッカルからリリースされる、バス釣り用フィネスワームのことです。

サイズは、42mmとコンパクト。

ひと口サイズのボリュームに仕上げてあるので、サスペンドしているバスの口元で漂わせれば、一瞬で吸い込んでしまうでしょう。

ニュートラルな状態のバスに対して、超スローフォールでアプローチすることができます。

そこからトゥイッチによる素早い逃がしアクションで誘い、強制的にスイッチを入れるわけです。

バスが捕食モードに切り換わる瞬間を、目の当たりにできるでしょう。

ジミーヘンジからは複数のレッグパーツが突き出ていますが、キャストの際には折り畳まれます。

ボディは、空気抵抗の少ないロケット形状なので、抜群のキャスタビリティを発揮してくれます。

飛距離が伸びることで、バスの間合いをじゅうぶんに取ることができ、余計なプレッシャーを与えずにバイトに持ち込めるでしょう。

またジミーヘンジには、フロントカップが配置されています。

ロッドワークで素早く逃がすアクションを加えたときに、このフロントカップが大きく水を動かすようになっているのです。

レッグパーツがフラットな形状なので、その組み合わせ効果により急激なブレーキが掛かります。

これによってアクションそのものが流れずに、ビタッと止まるメリハリが生まれます。

静止状態は、リアクションバイトを誘発する可能性を高めてくれるでしょう。

フロントカップの内側には、フックをセットする専用の突起が設けられています。

ジミーヘンジのボディは、ノンソルトマテリアルです。

塩が含まれていない=低比重なので、超スローシンキング状態になります。

バスに見せる時間が長くなり、逃がしアクションとのメリハリが刺激となって有効に働くでしょう。

ジミーヘンジのボディ表面に注目!

ジミーヘンジのボディ表面を、じっくり観察してください。

凹凸が細かく広がっているのが分かります。

いわゆるシボ加工に仕上げられていて、この凹凸により水をしっかりつかむことができます。

ロッドワークによるアクションを伝えたとき、ワームが水をつかんでいるほうが、水を攪拌することにつながります。

メリハリのあるアクションを生み出すベースにも、じゅうぶんなり得るでしょう。

昔から続く本場アメリカのワームには、こういう工夫が細部に盛り込まれていました。

アングラーが常備したいと感じる要因のひとつかもしれません。

合計8種類のカラーバリエーションからお気に入りのカラーを選んでキャストしてみよう!

ジミーヘンジには、全部で8種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●サイトパールホワイトカラー

●ダークテナガ/ブルーフレークカラー

●ガサガサテナガエビカラー

●喰わせスモークカラー

●スーパーレモンカラー

●滋味エビカラー

●マーブルステルスピンクカラー

●サイトマーブルグラスカラー

非常に視認性の高い配色から、周囲に溶け込むような保護色・ナチュラル系配色まで、しっかり揃っています。

釣り場のシチュエーションに合わせて、上手く使い分けてみましょう。

ジミーヘンジを水中で目立たせるには、ダウンショットリグが効果的です。

マスバリを上向きに結んで、そこにジミーヘンジをちょん掛けするのです。

バスが口の中に吸い込んでから横移動に移ったら、ラインが静かに走り出すはず。

その向きを目で追いかけながら、逆の方向にロッドを倒してフッキング動作をおこないましょう。

リールハンドルを回し続けることで、マスバリがより深く刺さるでしょう。

ガード付きのマスバリを使う場合は、フッキングするチカラを上げつつ、リールハンドルを回す早さもアップしてください。

ジミーヘンジをキャストするのにおすすめのロッド&リールを選んでみた!

ジミーヘンジをキャストして水中で操るのに向いている、おすすめのロッド&リールをご紹介しましょう。

ロッドは、軽量ワームリグでもロングキャスト可能な、柔らかめブランクスのスピニングロッドがマッチします。

リールは、2500番サイズ前後のスピニングリールなら、細いモノフィラメントラインを駆使できるでしょう。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 バンタム 264ML

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 バンタム 264ML

最安値価格
¥33,649(楽天市場)

Amazonへ ¥34,000

楽天市場へ ¥33,649

Yahoo!へ ¥35,091

シマノから発売されているバス釣り用スピニングロッド・バンタムシリーズのラインナップから、264MLを選んでみました。

全長は1.93mと、ややショートレングスなブランクスになっていて、操作性は高めです。

1ピース仕様なので、仕舞寸法も同じ長さです。

ウエイトは95gと軽めで、ブランクスの先径は1.82mm。

適合するルアーウェイトは、4gから12gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら4lbから8lbまで、PEラインなら最大1.2号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.6%になっています。

実際に手に取ってみると、とても軽くて独特な張りの備わったブランクスだと感じました。

グリップはコルク仕上げで握りやすく、安定したロッドワークを繰り出しやすいでしょう。

実売価格は3万円台と、購入を検討しやすい価格帯に設定されています。

もう少し柔らかいほうが、微細なシェイクを引き出せると感じる人は、Lパワーブランクスのスピニングロッドを手に取ってみましょう。

ロッドティップを震わせるというより、たるんだラインを張って緩めてのほうが、絶妙な生命感を絞り出せるかもしれません。

セットするマスバリは、あまり大きくて重くならないほうが、ナチュラルな漂い方を演出しやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 ストラディック 2500S

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 23 ストラディック 2500S

最安値価格
¥19,096(amazon)

Amazonへ ¥19,096

楽天市場へ ¥19,250

シマノから2023年にリリースされた小型スピニングリール・ストラディックシリーズの中から、2500番サイズのノーマルギアモデルを選んでみました。

ギア比は5.1対1なので、ハンドル1回転につき75cmのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力は2.5kgで、最大ドラグ力は4.0kg。

ウエイトは220gと軽めで、スプール寸法は直径47mmで、ストロークは17mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを110m、PEラインなら0.6号を200m巻けます。

ハンドルアームの長さは50mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に手に取ってみると、とても軽くてカチッとした剛性を体感できる仕上がりでした。

ハンドルの巻き心地は滑らかで、ローター回転の追従も安定しています。

これならビッグバスが掛かっても、安心してやり取りを楽しめるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に設定されています。

2500番サイズのスピニングリールを持っておけば、バス釣りはもちろん、エギングゲームやチニングゲーム・ロックフィッシュゲームなどに転用することが可能です。

ジミーヘンジの気になる発売日はいつ?

ジミーヘンジの気になる発売日は、2023年の12月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、825円です。

これまでのバス釣りワームでも、あまり見たことのないコンセプトですから、多くのアングラーから支持されるのではないでしょうか。

比重の低いスモラバ!のような使い方をベースにして、どんどん広がっていくような印象を受けます。

マスバリをセットする以外のアプローチ方法も、見つけ出したいものです。

2023年新製品関連記事はこちら

ワーム」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング