ロッドのアップ写真

コルトスナイパーBB LSJは2023年シマノから新登場のライトショアジギング用ロッド!

FISHING JAPAN 編集部

小型のメタルジグやルアーをサーフや防波堤からキャストして、回遊してくる青物・シーバスなどを狙うなら、ライトショアジギングゲームがおすすめです。

2023年シマノから新登場するロッド・コルトスナイパーBB LSJなら、ライトショアジギング初心者の人でも、とても扱いやすいでしょう。

そのスペックについて、分かりやすくご紹介しましょう。

コルトスナイパーBB LSJとは

コルトスナイパーBB LSJとは、2023年シマノからリリースされる、ライトショアジギングゲーム専用のスピニングロッドのことです。

設定機種は、全部で4種類から選べるようになっています。

ブランクスのウエイトそのものが軽いので操作しやすく、ライトショアジギングを始めたいと考えている初心者の人にベストマッチでしょう。

パワフルな青物とのやり取りにしっかりと対応できるので、安心してアプローチを繰り返せるのが強みです。

ロッドティップは、メタルジグをクイックに操作できますし、流行りのブレード付きメタルジグや鉄板系バイブレーションルアーのリトリーブにも向いています。

またリップの長いロングビルミノーで、ボトムの地形変化をなぞるための感知能力にも長けています。

ライトショアジギングゲームでは、防波堤や地磯・サーフといったアクセスしやすい場所からのアプローチがメインとなります。

そこで20gから50g前後のメタルジグをラインに結び、中型サイズまでの青物やシーバスを狙います。

コルトスナイパーBB LSJは、柔軟にそれらの魚に対峙するために、ブランクスの補強としてハイパワーXを採用しています。

ハイパワーXとは、キャストやファイトの際に発生するブランクスのネジレを、上手く抑え込む強化構造のことです。

ブランクスの最外層の上から、カーボンテープをX状に締めあげて強化しています。

これにより、ロッドの曲がりがアングラーのイメージする方向で定まりやすくなり、しっかりとブランクスパワーを使い切れるようになるでしょう。

その他CI4+リールシートやKガイドフレームが、標準で装備されています。

コルトスナイパーBB LSJのLパワーブランクスモデルをチェック!

コルトスナイパーBB LSJのラインナップを、個別にピックアップしてみましょう。

●S96L・・・Lパワーブランクスでしなやかに曲がるスピニングロッドです。

全長は2.90mと、取り回ししやすい長さに設計されています。

逆並継仕様の2ピース構造で、仕舞寸法は148.5cmです。

ウエイトは177gで、先径は1.9mmと太め。

適合するメタルジグのウエイトは、最大で42gまで背負えます。

適合するPEラインは、最大で2.0号まで。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.5%です。

ナチュラルなメタルジグの操作や、ロングビルミノーのただ巻きリトリーブを実践しやすいでしょう。

●S100L・・・3mを超えるロングレングスなブランクスで、飛距離を伸ばすのに向いているスピニングロッドです。

足場の高い防波堤などで、とても重宝するでしょう。

ウエイトは188gとやや重くなりますが、3m超えのブランクスを考えれば、持ち重り感はさほどでもないはずです。

しなりを利用して、ロングキャストできるように練習してみましょう。

コルトスナイパーBB LSJのMLパワーブランクスモデルはこちら!

●S96ML・・・全長2.90mと扱いやすい、MLパワーブランクスのスピニングロッドです。

ウエイトは182gで、先径は2.0mmと太め。

適合するメタルジグは、最大で50gまでですから、広範囲を探るのに向いています。

ブランクスのカーボン素材含有率は、98.6%に設定されています。

高い操作性とパワーファイトを両立可能なロッドなので、いつもより大物を狙う際にマッチするのではないでしょうか。

●S100ML・・・全長3.05mのブランクスですから、ロングキャストアプローチに有利な1本です。

特に足場の高い釣り場では操作しやすく、沖の一文字防波堤などで活躍してくれるでしょう。

サーフゲームで、ヒラメ・マゴチなどをターゲットにするのにも向いています。

ウエイトは199gと、シリーズ中最も重い設計になっています。

そのぶん張りとパワーを備えているので、大物が掛かっても対処しやすいでしょう。

コルトスナイパーBB LSJに装着して使ってみたいおすすめのリールを選んでみた!

コルトスナイパーBB LSJに装着してキャストしてみたくなる、おすすめのスピニングリールをご紹介しましょう。

Lパワーブランクスモデルには、3000番サイズのスピニングリールがマッチします。

MLパワーブランクスモデルには、ラインキャパの多いC5000番サイズのスピニングリールが適しているでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック C3000HG バーサタイル

最安値価格
¥19,600(amazon)

Amazonへ ¥19,600

楽天市場へ ¥20,196

シマノから発売されている汎用型スピニングリール・ストラディックシリーズの中から、C3000HGを選んでみました。

ギア比は6.0対1なので、ハンドル1回転につき89cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kg。

ウエイトは225gで、スプール寸法は直径が47mmで、ストロークが17mmです。

ラインキャパは、PEラインなら2.0号を200m、モノフィラメントラインなら2.5号を180m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、とても滑らかな巻き心地を体感できるように作られています。

ローター回転も軽快そのもので、キャストしてリトリーブするのが楽しく感じます。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

ライトショアジギングゲームはもちろん、シーバスゲームやチニングゲームにも転用できるので、1台持っておくと重宝するでしょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C5000XG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ヴァンフォード C5000XG

最安値価格
¥24,250(楽天市場)

Amazonへ ¥24,273

楽天市場へ ¥24,250

シマノからリリースされている軽量スピニングリール・ヴァンフォードシリーズの中から、C5000XGを選んでみました。

ギア比は6.2対1ですから、ハンドル1巻きにつき101cmものラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力は6.0kgで、最大ドラグ力は余裕の11.0kgです。

ウエイトは220gと、かなり軽く作られています。

ハンドルの長さは57mmで、スプール寸法は直径が52mm、ストロークが19mm。

ラインキャパは、PEラインなら2.0号を300m、モノフィラメントラインなら4.0号を190m巻けます。

ボールベアリングは、7個搭載しています。

実際に手に取ってみると、C5000番サイズとは思えない軽さで、ハンドルの巻き心地も軽快そのものです。

ローター回転の追従性は申し分なく、ドラグのレスポンスも青物の走りに対処できるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロングキャストアプローチを実践したいなら、このサイズのスピニングリールを持っておきたいものです。

コルトスナイパーBB LSJの気になる発売日はいつ?

コルトスナイパーBB LSJの待ち望まれている発売予定日は、2023年の7月を見込んでいます。

提出された価格帯は、20,800円から21,600円と設定されています。

手頃な価格設定は、これからライトショアジギングゲームに挑戦しようと考えている方々にとって、魅力的に感じられるでしょう。

防波堤やサーフで釣りを楽しむ際には、周りのアングラーとの距離をきちんと保ち、投げるメタルジグが他人のラインに絡まないよう気をつけることが大切です。

2023年新製品関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ロッド」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング