ワーム スプリットシンカー 写真

スプリットショットリグってどんなリグ?海の根魚を狙うのにも効果的な使い方を大特集!

FISHING JAPAN 編集部

皆さんは、カミツブシと呼ばれているウェイトシンカーをご存知ですか?

全体的に丸いのですが、半分に割れていて、その間にラインを挟んで固定するようになっています。

このカミツブシオモリ(=スプリットシンカー)で、本来は重さがほとんど無いラインに重さを後付けすると、どのような効果が生まれるのでしょうか。

スプリットショットリグの使い方や水中動画をご紹介します。

バス釣りに限らず、海の根魚釣りにも用いられ、まるでベイトフィッシュが泳いでいるかのような演出ができるのが魅力となっていますよ!

シンカーの重さが決め手!スプリットショットリグってどんな仕掛け?

スプリットショットリグとは、ワームをフックにセットしてラインを結んだ後、そのラインの任意の箇所にスプリットシンカーを挟み固定することで、ベイトフィッシュさながらのアクションを演出できる仕掛けのことです。

シンカーによる重さが、水中の藻や地形変化を確実にとらえることで、それらに沿いながら移動させることができます。

まさにベイトフィッシュそのものですよね。

まるでベイトフィッシュが藻をついばんでいるかのような水中アクション動画はこちら

ダウンショットリグとの併用が効く!スプリットショットリグの使い方

スプリットシンカーによって、仕掛け全体の重さも増えることになります。

そのため、軽くて細いワームでも、より遠くへキャストすることが可能になります。

ダウンショットリグもウェイトの重さによって飛距離を稼げる仕掛けです。

双方をうまく使い分けることで、より一層たくさんの魚を釣ることができるでしょう。

使用タックルは海も淡水もスピニングタックルがオススメ!

スプリットショットリグは主にスピニングタックルで用いられます。

細いラインにスプリットシンカーを挟んで仕掛けを作ります。

ロッドは6~7フィートのライトアクションロッド、リールは2000番前後の小型スピニングリールがオススメです。

フックはオフセットタイプやストレートタイプ、マスバリタイプをワームによって使い分けるようにしましょう。

ピンテールワームを海の根魚狙いに使ってみよう!リアルな水中アクション動画はこちら

スプリットショットリグは、根掛かりの多い海の岩礁帯エリアでも使われています。

特に根魚の潜む藻場なら、仕掛けを沈めて藻の上面を舐めるように移動させながら使うと効果的です。

引っ掛かったと感じたら、ロッドを立てて持ち上げるようにしてください。

シンカーがスルリと根掛かりから外れて、ワームとフックを引き連れてきてくれるでしょう。

オススメアイテムのご購入はこちら

リグの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング