ワーム フック 写真

シーバスに応用!ノーシンカーリグ用のオススメワームや付け方を徹底紹介!

FISHING JAPAN 編集部

シーバスアングラーの皆さんは、誘いと食わせというバス釣りの二大要素を知っていますか?

どちらの要素が欠けていても、バスを釣り上げることは難しくなります。

この2つをかなり高い次元で両立させているのが、今回ご紹介するノーシンカーリグという仕掛けです。

その名の通り、ワームとフックだけでシンカーが付いていませんので、とても軽量となっています。

海のシーバス釣りでも応用されるようになったこの仕掛け、どのような付け方で使うのか、軽量ゆえに飛距離はどうやって伸ばすのか等々、じっくり解説してみましょう。

シーバスも爆釣!ノーシンカーリグとは?

ノーシンカーリグとは、加重の役割を果たすシンカーを一切用いずに、ワームとフックだけで構成された仕掛けのことです。

そのためとても軽量で、あまり飛距離が出ないことを考慮しなければいけません。

水面に落ちてからもふわふわと漂いながら、ゆっくり水中へ沈んでいくことになります。

ただ、その様子がとてもナチュラルで、じっと見つめてから食い付こうとするシーバスにも効果的なのです。

使用する形状によっては、沈めて誘うだけでなく、横方向に引っ張って泳ぐ状態を見せて誘うこともできますよ。

シーバス釣りでも採用されるシャッドテールの水中アクション動画はこちら

フックの付け方・選び方もシンプル!ノーシンカーリグは自由な発想で用いる

この仕掛けに用いるフックは、オフセットタイプやストレートタイプ、または小さなマスバリタイプから選ばれることが多いです。

これらは全て、ワームが持っている独自のアクションの邪魔をせず、むしろ活かすことができます。

フックを付ける位置や付け方に決まりはありません。

水中で動く姿をイメージしながら、シーバスが食いつくように自由に仕掛け作りをしてみてください。

海のシーバス釣りにも用いられるようになったのは、この自由な発想からでしょう。

飛距離が出ないだけではない!シンカーがないことで起きる位置移動に対処するには?

ノーシンカーリグを動かすことで、シーバスに誘いをかけます。

そうして近寄ってきたバスに口を使わせるのが、食わせの行程になりますが、この仕掛けの場合はシンカーが付いていないので、動かそうとすると位置も移動してズレてしまいます。

せっかくシーバスのいる位置に投げ込めても、移動してしまっては食わせることができません。

そこで、動かさないことが重要となってくるのです。

沈めて食わせるストレートワームの操り方動画はこちら

ノーシンカーリグとは、ボディデザインによって、横方向に動かして誘い食わせる方法と、狙いすましたピンポイントに投げ込んで動かさずに食わせる方法の2つの使い方を選択できる仕掛けなのです。

どちらを用いるかは、釣り人の判断に委ねられていますから、シーバスの反応をチェックしながら臨機応変に対応してみてくださいね。

シーバスにも使えるノーシンカー用アイテムのご購入はこちら

ノーシンカーの関連記事

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング