ルアーのアップ写真

シーバスのロングディスタンスゲームに欠かせないマービー90!2023年NEWカラー登場

FISHING JAPAN 編集部

シーバスゲームでは、ロングキャストを繰り返しながら居場所を探っていくアプローチが有効です。

圧倒的な飛距離を得たいなら、エバーグリーンのバイブレーションルアー・マービー90の出番でしょう。

2023年には、新しいカラーバリエーションが追加ラインナップされる予定。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

マービー90ってどんなルアーなの?

マービー90とは、エバーグリーンから発売中のシーバスゲーム用バイブレーションルアーのことです。

シンキング仕様なので、キャストして着水したら、一気にボトムまでフォールしていくセッティングになっています。

全長は90.0mmで、ウエイトは27.0g。

長さに対して結構重いウエイトが載せられていますから、ロングレングスなブランクスのシーバスゲーム用ロッドなら、かなりの飛距離を叩き出せるでしょう。

フックは、よく刺さって剛性の高いトレブルフック・スティンガーST-46で、お腹側が6番サイズ・最後尾が5番サイズです。

スプリットリングは、前後とも3番サイズになります。

マービー90には、ベイトフィッシュに似た外観デザイン=スリムボディが与えられています。

見た感じは、まさにイワシやアジそっくりで、そのおかげでシーバスには警戒心を与えにくくなっています。

着水してリトリーブをスタートすると、軽快な巻き心地を実感できます。

引き感が軽いですから、アングラーの手首やヒジなどに負担をかけずに済むでしょう。

また、マービー90は、水平姿勢をキープしたまま、キレのあるローリングアクションを発生させます。

ローリングは、シーバスの捕食本能をしっかりくすぐるでしょう。

ロングキャストアプローチが基本で、着水したらただ巻きリトリーブを敢行してください。

スローリトリーブへ移行すると、ボディアクションはタイトローリングに切り換わります。

ファストリトリーブにすると、徐々にローリングの幅を増やすので、フィーディングモードのシーバスを夢中にするはずです。

リフト&フォールや超高速リトリーブを試してみても、絶妙なボディデザインとウエイトバランスによって、スイミング姿勢を崩してしまうことはありません。

安定した泳ぎは、数多くのバイトを発生させるトリガーになり得るでしょう。

逆風のようなシチュエーションに遭遇しても、しっかりと飛距離を伸ばせる、頼もしいバイブレーションルアーです。

沖合いに伸びる潮目まで届けて誘ったり、流れの強い潮の中でもアピールしたりと、使い勝手のいいバイブレーションとして、タックルボックスに欠かせない存在となっています。

マービー90の実釣インプレをチェック!

マービー90の既存カラーを、実際にフィールドで使ってみました。

釣り場は、広大な河川の下流で、河口に隣接しているエリア。

雨天の直後だったので、流れがかなり強く、通常のルアーではバランスを崩してしまいがちでした。

でもマービー90なら、ロングキャストで広範囲を探ることができますし、流れの中からもブルブルと振動が伝わって来ます。

これなら少々水質が濁っていたところで、シーバスに見つけてもらいやすいでしょう。

追従してくる個体が多く、最後尾のトレブルフックのみに掛かるケースが頻発しました。

それでもほとんどがバレてしまうことなく、ランディングにまで持ち込むことができました。

フッキング動作を大きく取ると、すっぽ抜けてしまいますから、ロッドを立ててリールハンドルの早巻きで対処します。

そのほうがしっかりアゴにフックが刺さるので、効率よくランディングにつながりました。

合計4種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

マービー90には、2023年新しい4種類のカラーバリエーションが追加ラインナップされます。

●#705 レッドヘッドパールカラー

●#861 銀粉ゴールドキャンディカラー

●#863 ミドキンチャートベリーカラー

●#865 ハーフミラーコノシロカラー

どの配色もベイトフィッシュの特徴をとらえていて、好釣果につながるのではないでしょうか。

まずはレッドヘッドパールカラーから投入して、シーバスの反応を確認しましょう。

マービー90をキャストしてリトリーブするのにおすすめのタックルを選んでみた!

マービー90をロングキャストして各種リトリーブを展開するのに向いている、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、ロングレングスなスピニングロッドが、さまざまなシチュエーションにマッチするはずです。

リールは、3000番サイズ前後のスピニングリールなら、ラインストック量が豊富なので、ロングキャストを実践するのに適しています。

ノーマルギアよりもハイギアのほうが、手返しよく広範囲を探れるかもしれません。

数多くのバイトを取りたいなら、ギア比を上げてみましょう。

シマノ(SHIMANO) シーバス スピニングロッド 23 ディアルーナ S90ML

シマノ(SHIMANO) シーバス スピニングロッド 23 ディアルーナ S90ML

最安値価格
¥21,807(amazon)

Amazonへ ¥21,807

楽天市場へ ¥21,807

シマノから2023年にリリースされたシーバスゲーム用スピニングロッド・ディアルーナシリーズの中から、S90MLを選んでみました。

全長は2.74mと、長めブランクスなので、飛距離を伸ばすのに好都合です。

2ピース仕様で、仕舞寸法は141cmにまで縮まります。

ウエイトは125gと軽めで、ブランクスの先径は1.7mm。

適合するルアーウエイトは、6gから28gまで。

適合するラインは、PEラインなら0.6号から1.5号まで使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.6%に設計されています。

実際に手に取ってみると、とても軽量でシャープな張りを有しているブランクスだと感じました。

長めのブランクスでもあるので、振り切れば飛距離をどんどん伸ばせるでしょう。

ガイドにはラインが絡まりにくく、手返しのいいアプローチを繰り返すのに向いています。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

広範囲を探りながら、ショートバイトでも弾かないようにフッキングに持ち込みたいものです。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

シマノ(SHIMANO) スピニングリール シーバス 20 エクスセンス BB C3000MHG

最安値価格
¥11,220(楽天市場)

Amazonへ ¥12,000

楽天市場へ ¥11,220

シマノから発売中のシーバスゲーム専用スピニングリール・エクスセンスBBシリーズの中から、C3000番サイズのハイギアモデルを選んでみました。

ギア比は6.0対1ですから、ハンドル1巻きにつき88cmのラインを回収することができるようになっています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、3.5/9.0kgです。

ウエイトは240gで、スプール寸法は直径が46.5mm、ストロークが14.5mm。

ラインキャパは、PEラインなら1.5号を120m、モノフィラメントラインなら10lbを90m巻けます。

ハンドルの長さは55mmで、ボールベアリングは5個搭載しています。

実際に手に取って触ってみると、とても滑らかなハンドルの巻き心地を体感できました。

ローター回転も軽快で、ドラグのレスポンスも良好といえるでしょう。

大型のシーバスが遠くで掛かっても、しっかりと時間をかけながらランディングに持ち込めるのではないでしょうか。

実売価格は1万円台と、とても低価格な設定になっているのが嬉しいです。

C3000番サイズは、ラインストックの量が多めで、ロングキャストアプローチ向きです。

もっと太いラインを大量に巻きたいなら、汎用型スピニングリールの4000番サイズも手に取ってみてください。

いろいろ比較すると、自分にマッチした釣り道具が見えてくるでしょう。

マービー90を使いこなしてランカーサイズのシーバスをゲットしよう!

マービー90の特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

2023年の9月に発売予定で、メーカー希望販売価格は、1,600円です。

2023年新製品関連記事はこちら

シーバス」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

エバーグリーン」カテゴリの人気記事

DAILYランキング