リールのアップ写真

月下美人シリーズでアジングを楽しみたい!ダイワのおすすめアイテム特集

FISHING JAPAN 編集部

ダイワから発売中の月下美人シリーズには、さまざまなアイテムが豊富にラインナップされています。

メバルを効率よく獲っていくことができますし、水温が上がれば待望のアジも狙えます。

ここでは、月下美人シリーズを使ってアジングを楽しむ方法をご紹介しましょう。

月下美人シリーズにはどんなアジングタックルが揃っているの?

ダイワの月下美人シリーズには、アジングゲームに対応可能なタックルが豊富に揃っています。

まず最初に挙げたいのが、ロッドです。

月下美人EXや月下美人AIR AGS AJING・月下美人MXアジング・月下美人MXモバイル・月下美人AJINGと、幅広いラインナップから選べるようになっています。

販売価格に幅を持たせているので、初心者アングラーが購入しやすいところが嬉しいです。

特徴としてどのロッドも、手元感度を高めに設定しています。

例えば、ジグ単=ジグヘッド+ワームをキャストしたとしましょう。

フォール中に当たってくるアジの、引っ張りはもちろん、ラインテンションを緩める食い上げも、手元で感じ取ることができます。

使い始めでは難しいかもしれませんが、キャストに慣れてきた辺りで、フッとテンションが抜ける瞬間が分かるようになり、それをフッキング動作へとつなげられるようになるでしょう。

アジは、プレッシャーがかかると沈む傾向があります。

沈めば、食い上げバイトが増えます。

ラインテンションからの微細な情報伝達を、確実に手元でとらえられることで、釣れるアジの数が変わってくるのは間違いありません。

硬くて張りのあるロッドブランクスだから判別できるのではなく、ラインテンションの変化をしっかり伝えられる工夫が、ロッドに施されているからでしょう。

ロッドティップにカーボンソリッドのメガトップが搭載されているロッドがありますが、アジが触ったときの変化が素晴らしいです。

一瞬伸び切ったような動きをしてから、しっかりと曲がり込むことが多く、ラインテンションに微細な変化が生じていることが分かります。

特にアジの食い上げバイトはとらえにくいのですが、メガトップなら目視できますし、手元にも伝わってくるのです。

途中に並んでいるガイドにも、情報を伝達する機能が備わっています。

ダイワオリジナルのガイド・AGSなら、敏感に変化をとらえて伝えてくれるでしょう。

実際に月下美人AIR AGS AJINGの510UL-Sを使っていますが、ウエイトは50gしかなく、持っていることを忘れそうな軽さを体感できます。

メガトップにかかる負荷が発生した瞬間、手元まで鋭敏に伝わってくるので、思わずアワセてしまいそうになります。

アジが食い上げた瞬間やジグ単を離した瞬間を判別できるようになれば、確実なフッキングをおこなえるようになります。

さほど時間はかからないので、スキルアップも実感できる良質なロッドといえるでしょう。

月下美人シリーズのリールに注目!

月下美人シリーズには、リールもラインナップされています。

2000番サイズまでの軽量コンパクトで、レスポンスのいいスピニングリールが、複数の種類から選べます。

月下美人AIR TW PE SPECIALはベイトリールで、ベイトフィネスリールをベースにアジングゲームを楽しめるように作られています。

PEラインの0.6号なら、50m以上巻けますから、アジングを展開するのに不便はないでしょう。

ダイレクトなルアー操作感を味わえますし、魚に主導権を渡さない釣りを実践できるのが嬉しいです。

月下美人シリーズのルアーは適材適所で使い分けよう!

月下美人シリーズには、ルアーが数多く用意されています。

ジグヘッドに装着するワームが充実していますが、注目したいのは、ハードプラグ。

水に絡みやすいシンペンに始まり、ミノーやトップウォーター・プロップベイトなどが揃っています。

刻々と変化していく釣り場のシチュエーションに合わせて、ベストマッチなルアーを選んでみましょう。

グロー系やケイムラ系のカラーバリエーションも充実していますから、周囲の光源を利用しながらアジングゲームを楽しみましょう。

月下美人シリーズの中からおすすめのタックルを選んでみた!

月下美人シリーズの中から実釣で釣ってみたくなる、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、しなやかに曲がり込むブランクスのスピニングロッドが、アジングでは扱いやすいでしょう。

リールは、2000番サイズのスピニングリールなら、さまざまなルアーを操れるはずです。

ダイワ(DAIWA) アジングロッド 月下美人 AIR AGS AJING・Y 510UL-S・Y 釣り竿

ダイワ(DAIWA) アジングロッド 月下美人 AIR AGS AJING・Y 510UL-S・Y 釣り竿

最安値価格
¥25,410(Yahoo!)

Amazonへ ¥37,768

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥25,410

月下美人シリーズのスピニングロッドの中から、ショートレングスで操作性の高い1本を選んでみました。

全長は1.78mで、2ピース仕様。

仕舞寸法は、93cmにまで縮まります。

ウエイトは、たったの50gしかありませんから、キャスト数が増えてもさほど疲れは感じないでしょう。

先径/元径は0.7/7.9mmと細めで、適合するルアーウエイトは0.3gから5gまでです。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら1lbから3lbまで。

PEラインなら、0.1号から0.3号までを使えます。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%になっています。

実際にフィールドで使ってみると、とても軽くてシャープな印象ですが、負荷がかかるとしかり曲がり込んでくれます。

ガイドにラインが絡まりにくいので、キャストを繰り返しながらアジを探りやすいのが嬉しいです。

実売価格は3万円台と、ハイスペックに見合った価格帯に設定されています。

ジグ単をメインにして、漁港内に散らばっている人工ストラクチャーや常備灯の下などを、丁寧に探ってみましょう。

アタリを手元で感じたら、リールハンドルを回しながらのフッキングへ移行してください。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 月下美人MX LT2000S-P(2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 月下美人MX LT2000S-P(2018モデル)

最安値価格
¥13,700(amazon)

Amazonへ ¥13,700

楽天市場へ ¥13,719

Yahoo!へ ¥13,719

月下美人シリーズのスピニングリールの中から、2000番サイズのものを選んでみました。

ギア比は4.8対1なので、ハンドル1巻きにつき63cmのラインを回収することができるようになっています。

ウエイトは190gで、最大ドラグ力は5.0kg。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら4lbを100m、PEラインなら0.4号を200m巻けます。

ボールベアリングは7個搭載していて、ハンドルの長さは40mmです。

実際に使ってみると、軽くて扱いやすい印象を持ちました。

エアローターを搭載しているので、回転の立ち上がりはとてもスムーズで滑らかです。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

アジングはもちろん、メバルをただ巻きアプローチで釣りたいときに、このギア比は効いてくるでしょう。

潮の流れの位置を察知して、ルアーをキャストします。

流れに乗っていく様子を確認したら、リールのベールを上げてラインの出をフリーにし、ドリフトを開始してください。

ロッドを立てながらルアーのレンジを表層に上げつつ、流される距離を伸ばしていきます。

こうすることで、多くのアジに見つけてもらいやすくなり、バイトの確率が増すでしょう。

月下美人シリーズを使いこなしてアジングを楽しもう!

月下美人シリーズの特徴やロッド・リール・ルアーの詳細、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

豊富なタックルラインナップは、実釣テストが効果的に数多くおこなわれている証しです。

釣り場で鍛えられたタックルは信頼して使えるので、好釣果につながりやすいでしょう。

今後月下美人シリーズからリリースされる新アイテムも、要チェックといえそうです。

月下美人の関連記事はこちら

アジング」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

月下美人」カテゴリの人気記事

DAILYランキング