ロッドのアップ写真

月下美人シリーズでライトソルトウォーターゲームを楽しみたい!

FISHING JAPAN 編集部

アジやメバルなどをターゲットにした、ライトソルトウォーターゲームを楽しむ人がどんどん増えています。

手軽に釣りを始められるのが、増える理由のひとつかもしれませんね。

ダイワの月下美人シリーズには、アジングやメバリングを実践するためのロッドやリールが、豊富に用意されていますよ。

ここでは、月下美人シリーズの特徴やおすすめアイテムについてご紹介しましょう。

「月下美人ってネーミング、とてもオシャレなんだけど、言葉の意味は何なのかな?」

夜に咲く花の名前ですね。

花言葉・はかない美しさ・恋の月下美人は、夕方から花が開いて、その夜一晩しか咲きません。

夜釣りに用いるタックルの名前に、上手くマッチしているということでしょう。

月下美人シリーズでアジやメバルを釣りたい!どんな機種があるの?

月下美人シリーズには、豊富なロッド群が用意されています。

ハイエンドスペックモデルには、ブランクスにSVFコンパイルXナノプラス、ガイドにAGS=エアガイドシステムといった、ダイワ最高峰の技術が搭載されていますよ。

当然スタンダードモデルやエントリーモデルも充実していて、釣り人個々の経験値や釣りスキルに合わせて、選ぶことができるようになっています。

ダイワの月下美人シリーズの中から、おすすめの機種をピックアップしてみましょう。

●月下美人EX AGS AJING 510L/MHS-SMT・E

月下美人シリーズのハイエンドスペックモデルです。

全長1.78メートルと、ややショートレングスの方向に振っているので、手元感度が鋭敏でハッキリしている味付けですね。

ウエイトは、59グラムとかなり軽めで、適合するルアーウエイトは、0.5グラムから8グラムに設定されています。

ライトソルトウォーターゲームなら、ほぼ全般のルアーを操れそうですが、やはりメインはジグ単になるでしょうか。

流行りのマイクロメタルジグや鉄板系バイブレーションルアーも、キャストしてみるとアタリを取りやすかったですよ。

操作性と感度を両立しているので、釣り人がしっかり感じてから掛ける攻め調子といえそうです。

常夜灯周りで近距離戦を積極的に展開したいですね。

このロッドバランスがあれば、ボートアジングでジグ単を操るのにも向いているでしょう。

注目すべきは、そのバットパワーにあって、とても力強く粘ってくれます。

繊細さオンリーではないことで、大型魚が掛かっても慌てず対処できてしまうのが嬉しいですね。

ちなみにジグ単のような小さなリグは、シーバス・チヌ・ロックフィッシュも大好物。

それらの大型が食い付いてくる可能性は、極めて高いと想定しておいたほうがいいでしょう。

ライトラインによるやり取りは、かなりシビレますよ!

モバイル系ロッドも充実している月下美人シリーズ!

●月下美人MXモバイル 610L-S-5

月下美人シリーズには、5つに分かれて収納できるモバイルタイプがラインナップされています。

全長2.08メートルもあるので、アジング・メバリングどちらにも活用できますね。

ウエイトは67グラムと軽量で、仕舞寸法はたったの47センチに縮めることが可能です。

これならバッグに入れて持ち運べるので、さまざまなシチュエーションの釣り場にチャレンジできそうです。

適合するルアーウエイトは、0.5グラムから8グラムになっていますよ。

ジグ単や軽量ルアープラグなどを、繊細に操作しながら誘いをかけるのに向いているでしょう。

ブランクスには独特の張りと粘りがあり、幅広い対象魚を相手にできるのがメリットです。

めっちゃ長いロッドも選べる!

●月下美人AJING 80ML-T

月下美人シリーズの中では、最も低価格に設定されたロッドです。

長さは、2.44メートルもあるので、ロングキャストでアプローチしたい人に使ってもらいたいですね。

チューブラーブランクスで、ウエイトは85グラム。

適合するルアーウエイトは、2グラムから15グラムまでに設定されています。

漁港の防波堤などから、外海に向けてキャストしてみたいですね。

ゴロタ浜や磯場などからも、アプローチしやすいでしょう。

重めのフロートリグやキャロを駆使し、メタルジグなどのロングキャストで、広範囲に散っているアジを探ってみましょう。

月下美人シリーズにマッチするおすすめリールを選んでみた!

月下美人シリーズに装着してライトソルトウォーターゲームを展開するのに、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、月下美人シリーズのリールから。

カラーリングやコスメも似ているので、装着したときの一体感はバッチリ。

スペックも操作性の高いレベルに仕上げられていますよ。

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 月下美人MX LT1000S-P (2018モデル)

ダイワ(DAIWA) スピニングリール 18 月下美人MX LT1000S-P (2018モデル)

最安値価格
¥14,784(Yahoo!)

Amazonへ ¥15,400

楽天市場へ ¥15,255

Yahoo!へ ¥14,784

月下美人シリーズに設定されている、小型のスピニングリールです。

ギア比が4.8対1なので、ハンドル1回転当たり、60センチのラインを巻き取ることができるようになっていますよ。

自重は190グラムと軽めですから、長い時間ランガンスタイルを貫いても、さほど疲れを感じることはないでしょう。

最大ドラグ力は5キロで、ラインキャパはモノフィラメントラインなら、2.5ポンドを100メートル巻けます。

PEラインなら、0.3号を200メートル巻けますよ。

ボールベアリングは7個搭載していて、ハンドルの長さは40ミリです。

実際に手にしてみると、とてもコンパクトで滑らかな巻き心地に仕上がっている印象ですね。

ゆっくり巻き取るように作られているので、リトリーブで誘いをかけて食わせてみましょう。

ジグ単はもちろん、ミノーやシンペン・トップウォータールアー・マイクロメタルジグなどにも対応可能です。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

カラーリングがロッドとそっくりなので、トータルコーディネイトしたい人に、ビビッ!と響くでしょう。

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S-XH

ダイワ(DAIWA) 21 フリームス FC LT2000S-XH

最安値価格
¥11,410(amazon)

Amazonへ ¥11,410

楽天市場へ ¥11,653

Yahoo!へ ¥11,470

2021年に新しくリリースされた、小型軽量な汎用型スピニングリールです。

ギア比は6.2対1と高めなので、ハンドル1巻きにつき81センチのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0キロで、自重は185グラムと軽めです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら2.5ポンドを200メートル巻けます。

PEラインなら、0.4号を200メートル巻けます。

ハンドルの長さは40ミリで、ハンドルノブはHG-Iライトです。

ボールベアリングは、5個搭載しています。

実際にフィールドで使ってみると、ローター回転は滑らかそのもので、ラインスラックの回収はスムーズにおこなえます。

巻き取りの際にライントラブルは発生せず、安定した巻き心地を維持してくれますよ。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

これならロッドと一緒に購入することも検討できますし、初心者の人も扱いやすいでしょう。

尺アジや50センチクラスのシーバスを掛けたとき、ドラグが上手く反応してくれて、ラインブレイクを防ぐことができました。

スムーズにライン放出を繰り返しながら、魚を浮かせられるのは嬉しいですね。

ハンドルノブもつまみやすく、濡れた指で触れても滑りにくく感じましたよ。

月下美人シリーズのロッドを駆使してライトソルトウォーターゲームを満喫しよう!

月下美人シリーズの特徴や、おすすめの機種をご紹介しましたが、いかがでしたか?

釣具店へ出向けば、アジングやメバリングアイテムを置いているコーナーがありますから、そこで月下美人シリーズのロッドを手に取って、軽さやブランクスの曲がり具合を確認してください。

自分に合った長さを見つけるのも重要で、いろいろ試しながら月下美人シリーズのスペックを楽しみましょう。

ダイワの関連記事はこちら

月下美人」カテゴリの人気記事

DAILYランキング