リールのアップ写真

23SLX DCってどう変わったの?2023年新登場のDCブレーキ搭載ベイトリール

FISHING JAPAN 編集部

誰でも扱いやすいDCブレーキを最安値で使用できる!のが、シマノ23SLX DCの魅力です。

バツグンの飛距離と、バックラッシュトラブルを防いでくれる機能を併せ持つこのベイトリールは、2023年のフルモデルチェンジでどう変わったのでしょう。

その詳細スペックを、分かりやすくご紹介します。

23SLX DCとは

23SLX DCとは、2023年シマノから新発売となる、DCブレーキ搭載ベイトリールのことです。

設定機種は、ギア比の異なる3種類に、それぞれ左・右ハンドル仕様が用意されています。

最もギア比の低いのが、70・71タイプ。

数字の末尾が0なら右ハンドル、1なら左ハンドルが付いています。

ギア比6.3対1なので、ハンドル1回転につき65cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は5.5kgで、ウエイトは200g。

スプール寸法は、直径33mmで幅21mm

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けます。

ハンドルの長さは42mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

ハイギア仕様が、70HG・71HGタイプ。

ギア比は7.2対1に上がり、ハンドル1巻きにつき75cmのラインを巻き取れます。

最もギア比の高いエキストラハイギア仕様が、70XG・71XGタイプ。

ギア比は8.2対1までアップして、ハンドル1巻きで85cmものラインを回収できるようになります。

ハンドルの長さは、このタイプのみ45mmと、やや長く設定されているのが特徴です。

ロープロファイルデザインなので、手のひらにすっぽりと収まるボディボリュームに仕上がっています。

低慣性のMGLスプールⅢを搭載した23SLX DC!

23SLX DCには、低慣性のMGLスプールⅢが搭載されることになりました。

ロングキャスト性能はもちろん、バックラッシュトラブルを防ぐ性能が底上げされます。

特に軽量ルアーをキャストする際、その安定した飛距離の伸びを実感できるでしょう。

スプール回転は、キャスト直後からクイックに立ち上がり、低弾道で伸びていきますから、イメージを膨らませてルアーゲームを展開できるのではないでしょうか。

DCブレーキのI-DC4も、23SLX DC用の新規ファームウェアに変更されています。

MGLスプールⅢの特性に合わせて、ダイヤルの1から4までのブレーキレンジを再調整。

より実用性な仕様へと生まれ変わっています。

軽量ルアーをしっかり対応しつつ、空気抵抗の大きなルアーもほとんどトラブルレスに。

さまざまな釣りシーンで活用可能な、頼もしいベイトリールに仕上がったといえそうです。

ソルト対応で用途が広がる23SLX DC!

23SLX DCには、HAGANEボディや、サビに対する耐久性が向上したボールベアリング・S A-RBが搭載されています。

ソルトウォーターゲームでも実用可能なので、流行りのロックフィッシュゲームやシーバスゲーム・チニングゲームなどにも使ってみましょう。

軽めのフリーリグでも飛距離を伸ばせますから、カバーやストラクチャーを恐れずに積極的にアプローチしたいものです。

当然ハードルアーのロングキャストアプローチにも長けているので、クランクベイトやミノー・バイブレーションルアー・トップウォータールアーなどを駆使できます。

DCブレーキ・I-DC4を上手く調整しながら飛距離を伸ばし、広範囲からフィッシュイーターたちの反応をとらえるようにしてください。

23SLX DCを分かりやすく解説している動画はこちら

23SLX DCを装着して使ってみたいおすすめロッドを選んでみた!

それでは23SLX DCを装着して、バス釣りやロックフィッシュゲームで使ってみたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

全長1.98mと取り回ししやすいレングスの、シマノ・ゾディアス166M-2を選んでみました。

継数は2本なので、仕舞寸法は101.7cmにまで縮まります。

ウエイトは102gで、先径は1.8mm。

適合するルアーウェイトは、7gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら8lbから16lbまでです。

グリップの長さは234mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、99.2%になっています。

ロングキャストを敢行できますし、正確にピンポイントを撃ち抜ける、精度の高いショートキャストも繰り出せるでしょう。

実売価格は1万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっているのが魅力的な、おすすめの1本です。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト 2ピース 166M-2 ミディアムバーサタイル テキサスリグ ワーミングからハードプラグまで

シマノ(SHIMANO) バスロッド 20 ゾディアス バーサタイル ベイト 2ピース 166M-2 ミディアムバーサタイル テキサスリグ ワーミングからハードプラグまで

最安値価格
¥13,571(Yahoo!)

Amazonへ ¥14,148

楽天市場へ ¥14,328

Yahoo!へ ¥13,571

23SLX DCの気になる発売日はいつ?

23SLX DCの気になる発売日は、右巻きハンドルの70・70HG・70XGが2023年の3月発売予定です。

左巻きハンドルの71・71HG・71XGが2023年の5月発売予定となっています。

メーカー希望販売価格は、27,500円からで一部未定です。

バックラッシュトラブルを気にせず扱えることで、初心者からエキスパートまで手にしたくなるマルチパーパスなベイトリールといえるでしょう。

2023年新製品関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

SLX」カテゴリの人気記事

DAILYランキング