リールのアップ写真

23SLX DCを深掘り特集!注目スペック+シーバスゲームで使えるの?

FISHING JAPAN 編集部

2023年新登場モデルとして、すでに市場に出回っているシマノのベイトリール・23SLX DC。

バックラッシュトラブルを抑え込むDCブレーキシステム・I-DC4を搭載し、軽いルアーをキャストしやすくなったMGLスプールⅢを採用しています。

基本的にはバス釣り仕様ですが、どんなふうに用途が広がるのか深掘りしてみましょう。

23SLX DCってどんなスペックに仕上がっているの?

23SLX DCとは、2023年にシマノから新登場したベイトリールのことです。

横から見ると、とても姿勢の低いロープロファイルデザインに設計されているのが分かります。

ウエイトが200gで統一されているので、実際に釣具店やフィッシングショーで持ってみた感触は、軽い!のひと言。

重心の低いベイトリールは、特に200g前後のウエイトだと軽く感じます。

軽さは、期待につながります。

スプール回転も軽やかで、ハンドルの巻き心地も軽快なんだろうな!という期待感が先に膨らみますから、実際に触ってみた感触も裏切られることはありません。

とても完成されている設計思想で、販売価格帯の安いベイトリールでも、シマノらしいこのスタイルは不変といえるでしょう。

実際にフィールドで、ラインを巻いた状態の23SLX DCに触れることができました。

モノフィラメントラインの14lbを巻いたもので、最新のI-DC4を調整しながらキャスト。

スプール回転の立ち上がりはスムーズで、一瞬バックラッシュするのかな?と感じるほとですが、膨らんだラインはすぐに解消されて落ち着きます。

ルアーが着水した瞬間も、スプール上のラインが膨らむ気配がなく、かなりDCブレーキの掛かり方を煮詰めてある証しでしょう。

スプールが、MGLスプールⅢに新しく切り換わっているので、その回転特性に合わせたブレーキの掛かり方にハイレベルで調整済みといったところです。

特に不満に感じるものはなく、バックラッシュを防ぐために激しく失速する印象もありません。

キャストしたルアーはスムーズに弧を描いて、イメージした着水ポイントに無事落ちるという展開。

それがどなシチュエーションでも、安定して発生させられるのが、23SLX DCの強みといえそうです。

初心者のバックラッシュトラブルへの不安を解消してくれる23SLX DC!

23SLX DCに課されているのは、ベイトリール初心者に扱う上での不安を与えないこと。

このベイトリールからスタートすれば、トラブルなくキャスティングゲームを楽しめる!となれば、真っ先に手に取る理由が出来上がります。

シマノ以外のベイトリールも存在する中での、この分かりやすい存在価値は、もしかするとDCブレーキを世に出したときからのシマノの悲願だったのかもしれません。

完成度の高いDCブレーキ搭載機でありながら、実売価格が最安値で1万円台ですから、冷静に考えると対抗馬が見当たらない状態です。

巻き心地の滑らかさや、魚をフッキングしてからのたわみの無さ・ドラグの利き・サミングのしやすさ・パーミングの安定感等々、もうこれでじゅうぶん!という満足感をしっかり与えてくれます。

シーバスゲームでも使ってみたくなる23SLX DC!

23SLX DCをシーバスゲームのメインリールとして使えないでしょうか?

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら12lbを100m巻けますから、PEラインの1.5号前後なら100mを余裕で超えるでしょう。

それだけのラインストックがあれば、ロングキャストやドリフト釣法に対応できます。

特にややテンションを掛けた状態=スプールフリー状態でのドリフト釣法に使いやすく、シーバスがヒットした瞬間にクラッチをつないで、引き寄せ体勢に入ることが可能です。

また市街地を流れる河川において、コンクリート護岸などのカバー・ストラクチャーを丁寧に叩けるのも魅力的。

糸ヨレの心配が要りませんし、太いラインが選べるので、強引なやり取りにもじゅうぶん対処できるでしょう。

14g前後のミノーやシンペン・バイブレーションルアーなどをローテーションするつもりなら、これほど扱いやすいリールはないかもしれません。

使用後の洗浄メンテナンスは、スピニングリールより手間取りますが、その程度なら積極的にシーバスゲームに導入したいものです。

23SLX DCにマッチしそうなおすすめベイトロッドを選んでみた!

23SLX DCほ装着して使ってみたくなる、おすすめのベイトロッドをご紹介しましょう。

今回は、シーバスゲームに用いることを前提として、2本選んでみました。

まずは、市街地を流れる河川での接近戦で、このベイトロッドを手にしてください。

シマノ(SHIMANO) 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル 1703R-2 ワン&ハーフ2ピース パワーロッド ジグ&ワーム ビッグベイト

シマノ(SHIMANO) 19 スコーピオン ベイトキャスティングモデル 1703R-2 ワン&ハーフ2ピース パワーロッド ジグ&ワーム ビッグベイト

最安値価格
¥44,210(楽天市場)

Amazonへ ¥44,659

楽天市場へ ¥44,210

シマノから発売中のスコーピオンシリーズの中から、7ftのベイトロッドを選んでみました。

全長は2.13mなので、通常のシーバスゲーム用ロッドよりは短くなりますが、市街地には干渉する危険性の高い構造物が多いですから、これぐらいの長さが扱いやすいでしょう。

継数は2本で、仕舞寸法は130.0cmになります。

ウエイトは147gで、先径は2.1mmと太め。

適合するルアーウェイトは、10gから40gまで。

これならシーバスゲーム用のルアーを幅広く操ることができるでしょう。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら14lbから30lbまで。

グリップの長さは278mmで、レギュラーテーパーのブランクス。

カーボン素材の含有率は、99.1%に設定されています。

実際にフィールドで振ってみると、とても張りのあるブランクスに仕上がっていると感じました。

負荷に対してはスムーズに曲がろうとするので、バックスイングを取って前方へ押し出すようなキャストに向いているでしょう。

実売価格は2万円台と、購入しやすい価格帯に設定されています。

スコーピオンシリーズのベイトロッドは、ガイド径が大きく取られているので、太いラインの抜けが良好です。

PEライン+ショックリーダーラインを用いるときも、ノットが引っ掛かりにくいのが嬉しいです。

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 165ML-G

シマノ(SHIMANO) ルアー竿 バス釣り 22 エクスプライド 165ML-G

最安値価格
¥18,557(amazon)

Amazonへ ¥18,557

楽天市場へ ¥20,806

Yahoo!へ ¥20,806

シマノからリリースされているバス釣り用ベイトロッド・エクスプライドシリーズの中から、グラスコンポジットタイプを選んでみました。

全長は1.96mと短いので、もっと狭い釣り場で小型ルアーをキャストするのに向いています。

継数は2本ですが、グリップジョイント方式なので、仕舞寸法は166.8cmと長め。

ウエイトは110gと軽く、先径は2.1mmです。

適合するルアーウェイトは、5gから21gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら7lbから14lbまで、PEラインなら最大2号まで使えます。

グリップの長さは225mmで、ブランクスのカーボン素材含有率は、63.5%です。

実際に手に取ってみると、太い割りにはしなやかなブランクスに仕上がっていると感じました。

小さい負荷でもしっかり曲がり込むので、ショートディスタンスのアプローチをどんどん繰り出していくのに適しています。

そもそもベイトリールを用いるとき、手返しの良さを前面に押し出して使うのがセオリー。

このベイトロッドとの相性はバツグンで、あなたのシーバスゲームに大きな刺激を与えてくれるはずです。

23SLX DCを駆使してランカーシーバスを釣り上げよう!

23SLX DCの特徴やシーバスゲームでの使い方、マッチしそうなおすすめのロッドをご紹介しましたが、いかがでしたか?

レベルワインド周りにゴミなどが付着しやすいので、きっちり洗浄メンテナンスを施してください。

2023年新製品関連記事はこちら

ベイトリール」カテゴリの人気記事

シマノ」カテゴリの人気記事

SLX」カテゴリの人気記事

DAILYランキング