ルアーのアップ写真

ショット ストーミーマグナムの実釣インプレ特集【ノリーズ】

FISHING JAPAN 編集部

数多くのラインナップが用意されている、ノリーズのクランクベイト。

その中から、大きくて浮力の高いモデル・ショット ストーミーマグナムを選んで実釣で使ってみました。

その特徴やアプローチ方法などを、詳しくご紹介しましょう。

ショット ストーミーマグナムとは

ショット ストーミーマグナムとは、ノリーズからリリースされている、バス釣り用ルアーのことです。

カテゴリーは、クランクベイトに含まれていますから、キャストしてただ巻きリトリーブしながら、バスの反応をチェックしていくのに向いています。

全長は、なんと102mm。

ここまで大きければ、フィールドでよく目立つのは間違いありません。

フローティング仕様で、ウエイトは46gも与えられています。

飛距離を伸ばすだけなら、もっとウエイトを絞り込んでも良さそうですが、全体的なボリューム感を失いたくなかったのでしょう。

このクランクベイトにしかできない役割を追求したとき、このウエイトにたどり着いたというのであれば、実釣でぜひ体感してみたくなります。

用意したタックルは、Hパワーブランクスのベイトロッドに、16lbのモノフィラメントラインを巻いたベイトリール

Hパワーなのは、このウエイトを支えてキャストしやすくするためで、ベイトリールのキア比はローギアに抑えて軽やかにハンドルを回せるようにしました。

リップの角度や面積から見て、水深1.5mから1.8m前後まで潜行してくれそうです。

それならかなり浅いエリアでも、ガンガン放り込んでグリグリ巻いて来れる印象を受けました。

まず最初に立ったのは、リザーバーのインレットから少し下がったエリア。

水深は2.5m前後なので、ショット ストーミーマグナムが潜行しても、ギリ届かないボトムが広がっていることになります。

ボトムに到達するまでの地形変化を、丁寧にリップでノックしていくようなアプローチを展開してみました。

ショット ストーミーマグナムのリップは、T-リップと命名されています。

水流を正面から受けて、後方をしっかり受け流すのですが、あまりメリハリのあるアクションにつながっていきません。

やや弱いと感じるウォブリング、それに連なって発生するローリング。

どちらもクランクベイトとしては弱気なセッティングに映るのに、その場に居たバスが積極的に追従してくるのです。

口は使わないかな?と思っていたら、横から別のバスがすっ飛んできてガブリ。

あっという間にグッドサイズなバスが釣れてしまいました。

ショット ストーミーマグナムの強過ぎないアクションに注目!

ショット ストーミーマグナムのアクションは、前述の通り派手なものではありません。

やや弱いかなと感じるウォブリングやローリングなのに、巨大ボディによる寄せをバイトにまでつなげてしまうのです。

これが強いウォブリング・ローリングアクションなら、敬遠したり警戒したりするバスが出てくるでしょう。

その気配は無く、圧倒的なバイト数を体感できてしまうのは、もう驚きでしかありません。

ショット ストーミーマグナムが泳いで発生させる水押し効果は、じゅうぶんに存在感を伴なったものです。

でもいざバイトする瞬間には、さほど強い刺激をバスは受けていないでしょう。

何とも絶妙な肩透かし、いや、強過ぎない刺激の存在を発生し続けるのが、このクランクベイトの存在価値といえるのかもしれません。

これならどんなエリアを攻めても、バスに気づいてもらいやすく、バイトも取れることになります。

カバー周りを積極的にトレースして使いたいショット ストーミーマグナム!

ショット ストーミーマグナムは、フローティング仕様です。

リトリーブを止めると、その場で水面まで浮上しようとします。

そのチカラは強めで、例えばリップに障害物が干渉したとき、リールハンドルを回すのを止めれば、引っ掛かりをほぼ確実に防ぐことができます。

その繰り返しを実践することで、ワームリグでトレースするように、カバーやストラクチャーを舐めるようなトレースをおこなえるでしょう。

いや、水押し効果はワームリグの比ではありませんから、圧倒的なバイトトリガーが悠然とバスの目の前を泳いでいることに。

ぜひフィールドであなたも使ってみて、ショット ストーミーマグナムの凄みを体感してください。

ショット ストーミーマグナムを操作するのにおすすめのタックルを選んでみた!

ショット ストーミーマグナムをキャストしてリトリーブするのに適している、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、張りのあるブランクスを持ったベイトロッドがマッチします。

リールは、太いモノフィラメントラインを大量に巻けるベイトリールが扱いやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 17 エクスプライド ファストムービング&ビックベイト 176H-SB ビッグルアーゲーム サイト~ディープレンジ

シマノ(SHIMANO) バスロッド 17 エクスプライド ファストムービング&ビックベイト 176H-SB ビッグルアーゲーム サイト~ディープレンジ

最安値価格
¥22,102(Yahoo!)

Amazonへ 売り切れ

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥22,102

ロングキャストを可能にするやや長いブランクスのベイトロッドです。

その全長は2.29mで、2ピース式となっています。

グリップジョイント方式を使用することで、格納時の長さは195.3cmとなります。

重さは130gで、先端の直径は太めの2.2mmです。

対応可能なルアーウェイトは、14gから56gまでなので、ショットストーミーマグナムもしっかりと操ることができます。

対応するラインは、モノフィラメントラインであれば12lbから25lbです。

グリップ部分の長さは278mmで、スムーズな振り抜きが可能です。

実際に手にとってみると、その長さにも関わらず重たく感じず、気軽に操作できると感じます。

キャスティング後のリトリーブ移行時は、ロッドの先端を前方に出し、その後下げるのが良いでしょう。

ラインに軽いたるみが生じるくらいのリトリーブスピードが保てれば、バスによるヒットを弾かずに済むかもしれません。

販売価格は1万円台で、非常に手頃な価格帯に設定されています。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム RIGHT

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 22 バンタム RIGHT

最安値価格
¥28,490(amazon)

Amazonへ ¥28,490

楽天市場へ ¥28,645

2022年に新しくリリースされた、シマノのバンタムシリーズです。

ギア比は6.2対1に設定されていますから、ハンドルを1回転させると、68cmのラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は5.0kgで、スプールの直径は35mm、幅は狭く19mmです。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら16lbを100m巻けます。

ウエイトは215gで、ハンドルの長さは42mm。

ボールベアリングは、8個搭載しています。

実際に手に取ってハンドルを回してみると、とてもシルキーで軽やかな巻き心地を体感できます。

キャストフィールも軽快で、飛距離がしっかり伸びてくれます。

バックラッシュトラブルは、シマノ独自の遠心ブレーキシステムで制御。

パーミングしやすい低い姿勢も、扱いやすさを際立たせる要因になっています。

実売価格は2万円台と、コスパ優秀な価格帯に収まっています。

16lb以上のモノフィラメントラインを用いれば、カバーやストラクチャーに擦っても破断を心配せずに釣りを続けられるでしょう。

接触や干渉を手元で感じたら、リールハンドルの回転を止める習慣を身に着けるようにしてください。

ショット ストーミーマグナムを駆使してバス釣りを楽しもう!

ショット ストーミーマグナムの特徴や実釣インプレ、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、2,200円です。

豊富なカラーバリエーションも魅力的で、水質や泳いでいるベイトフィッシュに合わせて、使い分けてみましょう。

フックポイントはこまめにチェックし、先端が鈍っていたら新しいトレブルフックに交換してください。

クランクベイトの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング