魚のアップ写真

活〆マルチシザーなら釣った魚をその場で締めるのに最適!2022年新登場の万能ハサミ

FISHING JAPAN 編集部

釣りに不可欠なのが、よく切れるハサミ。

ラインをカットする目的を持っていますが、2022年ダイワから新登場の活〆マルチシザーなら、釣った魚をその場で締めることができます。

それだけではなく、エラを切ったり腹を開くことも可能なので、とても便利。

その特徴や使い方について、詳しくご紹介しましょう。

活〆マルチシザーってどんなハサミなの?

活〆マルチシザーとは、2022年にダイワからリリースされる、釣り専用のマルチパーパスなハサミのことです。

サイズ設定は、2種類用意されています。

全長160mmモデルと190mmモデルで、自分が扱いやすいと感じるほうを選べばいいでしょう。

160mmモデルには、刃先が丸くなっている先丸タイプと、刃先が尖っている先鋭タイプがあります。

先丸タイプは、ポケットなどに収納していても安全に取り出しやすく、持ち運びにきを使わなくていいでしょう。

先鋭タイプは、仕掛け作りなどの細やかな作業をおこないやすく、アジやイワシなどの小魚を締めるのにも向いています。

活〆マルチシザーの刃は、セレーション入りの特殊ギザ刃になっています。

このノコギリ状のギザギザで、細いPEラインでも逃さずにしっかりとカットすることができます。

ラインをカットしやすいことは、釣りに集中力を生み、良いテンポで作業をおこなえるでしょう。

それから魚のヒレやトゲを、ギザ刃で確実にとらえてカットできることにもつながります。

毒を持っている魚として知られている、オニカサゴやアイゴなどを釣り上げたとき、そのトゲやヒレを丁寧にカットしてからクーラーボックスへ収納するようにしましょう。

刃の素材、ステンレスでできています。

水に濡れても錆びにくく、長持ちしてくれるのが嬉しいです。

ただし、釣行から帰宅したら、真水できっちり洗浄メンテナンスを施してください。

タオルで水分を取り除いて乾燥しておくと、次回の釣りでもじゅうぶんな切れ味を発揮してくれるでしょう。

活〆マルチシザーのグリップにも注目!

活〆マルチシザーのグリップ部分に注目してみましょう。

軟質材が使われているので、外側から押してみると画像のように変形するほどです。

このグリップはホールド性が高く、例えばフィッシンググローブを手に装着している状態でも、きっちり操ることができます。

魚の締め作業はもちろん、細いPEラインをカットするのも、毎回グローブを外さなくていいのは嬉しいです。

また活〆マルチシザーの表面には、フッ素コーティングが施されていて、錆びにくい上に付着した汚れも落ちやすくなっています。

合計2種類のカラーバリエーションから選択可能!

活〆マルチシザーには、合計で2種類のカラーバリエーションがラインナップされています。

●ブラックカラー

●ネイビーカラー・・・160mmモデルのみの設定カラーです。

シックで落ち着いた配色ですから、長く手元に置いて使い続けるのに向いているでしょう。

今後視認性の高い派手なカラーバリエーションも追加されれば、タックルボックスの中で見つけやすくなります。

そんな展開になれば、ヘビーユーザーがどんどん増えていくのではないでしょうか。

活〆マルチシザーと同じようなおすすめの釣り便利アイテムを選んでみた!

活〆マルチシザーと同じく、釣りシーンでひんぱんに用いるような便利アイテムをご紹介しましょう。

タックルボックスの中に常駐させておき、さまざまなシチュエーションで使えるものといえば、プライヤーが挙げられます。

コンパクトで多機能なものなら、保管に場所を取らず便利に扱えるでしょう。

[DRESS] 7.5inch アルミプライヤーM レッドブラック

[DRESS] 7.5inch アルミプライヤーM レッドブラック

最安値価格
¥2,464(Yahoo!)

Amazonへ ¥2,990

楽天市場へ ¥2,963

Yahoo!へ ¥2,464

ドレスからリリースされている、アルミ製のプライヤーです。

全長約190mmでウエイトは約120g、手のひらに収めて握りやすい左右非対称ボディを採用しています。

またロック機能付きですから安全に使用でき、ワンタッチで開閉可能です。

ラインカッターも付いていて、PEラインなどをカンタンにカットすることができます。

スプリットリングオープナーが先端に付いていますから、フック交換を釣り場でおこないたいときも重宝するでしょう。

ランヤードホールと落下防止のランヤードも、標準で付いています。

実際に手に取って握ってみると、とてもホールドが安定していて、チカラを込めやすい形状になっている印象です。

左右非対称なのが、細かな作業のやりやすさを生んでいるのでしょうか。

スプリットリングを開けてフック交換をするのも、とてもカンタンにおこなうことができました。

ガン玉を潰すのも、楽に実践できるのが嬉しいです。

実売価格は2千円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

活〆マルチシザーの気になる発売日はいつ?

活〆マルチシザーの気になる発売日は、2022年の5月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、2,800円から3,100円です。

これがあれば、包丁やナイフなどの鋭利な刃物を、釣り場で使わなくて済みます。

安全性を考慮すれば、ハサミ作業で魚の締めをおこなえるのは、メリットが大きいでしょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

釣具(タックル)」カテゴリの人気記事

ダイワ」カテゴリの人気記事

DAILYランキング