ロッドのアップ写真

2ピース仕様の22BPMを徹底チェック!2022年フルモデルチェンジのバスロッド

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルのコスパ優秀なバスロッド・BPMの2ピース仕様モデルが、2022年にフルモデルチェンジします。

オカッパリスタイルで場所移動を繰り返すなら、携行性の高いロッドは必須。

センターカットタイプの2ピース仕様にすることで、軽快に次々と釣り場を変えていくことができるでしょう。

そのスペックや使い方、装着するのにおすすめのリールについてご紹介します。

22BPMってどんなロッドなの?

22BPMとは、2022年ジャッカルからリリースされる、バス釣り用ロッドのことです。

1ピース仕様にも追加モデルが発売されるようですが、ここでは2ピース仕様について取り上げてみましょう。

設定機種は、全部で16種類用意されています。

内訳は、ベイトロッドが11種類で、スピニングロッドが5種類です。

ブランクスの構造や素材を見直し、既存モデルと比較して約21%も軽量化するのに成功しています。

また強度も向上しているので、2ピースは壊れやすい!というイメージを、じゅうぶん払拭してくれるでしょう。

軽くて強いロッドなら、専用ロッドバッグに入れて持ち運ぶのに便利です。

オカッパリシーンのみならず、ボートデッキの上で操るのにも適していて、ロッド選びに厚みをもたらしてくれそうです。

ガイドには、富士工業製アルコナイトリングを使っていて、トップはSiCリングを標準装備しています。

それでは、22BPMのラインナップの中から、おすすめの機種をピックアップしてみましょう。

●22BPM・B2-C65ML

全長6.5ftとややショートレングスで、ウエイト110gと軽めのベイトロッドです。

ペンシルやポッパーといったトップウォータールアーや、ジャークベイトなどを操るのに適しています。

持ち重り感を抑えたバランスなので、機敏なロッドワークを実践するのに向いているでしょう。

●22BPM・B2-C610M

オールラウンドに使えるベイトロッドで、長さは6.10ftですから、ロングキャストを繰り出すのに適しています。

さまざまなシチュエーションに対応可能な汎用性の高さを持っていて、ハードルアーやスピナーベイトなどを使いこなせるでしょう。

軽めのフリーリグやテキサスリグをカバー周りへ落とし込むのも、操作しやすい長さです。

ビッグベイトを豪快に操れる機種もラインナップされている22BPM!

●22BPM・B2-C73XHSB

ウエイトのあるビッグベイトをロングキャストするなら、このベイトロッドを選んでみましょう。

120gまでのビッグベイトやアラバマリグなどを目一杯キャストして、モンスタークラスのバスをターゲットにすることが可能です。

まさにストロングスタイルを実践するのにうってつけで、ブランクスは硬さ一辺倒てはなく、しなやかに曲がって粘りのある味付けになっています。

これならモンスタークラスのバスが暴れても、柔軟に対応できるでしょう。

長さが7.3ftもあるので、ロングリーダーをセットしたヘビキャロを操るのにも適しています。

釣り場のシチュエーションに合わせて、臨機応変に活用してみたいものです。

仕舞寸法は114cmにまで収まりますから、持ち運びがとても便利なのも大きなメリットになりそうです。

22BPMのスピニングロッドで繊細に大胆に誘ってみよう!

●22BPM・B2-S64UL

多くのアングラーに叩かれているハイプレッシャーフィールドには、スピニングロッドが必要になります。

長さ6.4ftでロングキャストと繊細なロッドワークを両立、小型のソフトベイト・ワームリグ全般をカバーし、5gぐらいまでのライトリグの操作に適しています。

フィネススタイルを丁寧に実践するためには、揃えておきたい1本といえるでしょう。

●22BPM・B2-S68ML

MLパワーのブランクスが、張りのあるバットやベリーを構築しているスピニングロッドです。

ロッドティップは繊細で、長さ6.8ftを活かしたロングキャストも繰り出せるようになっています。

小型のハードベイトを用いて探ることができ、PEラインとの組み合わせでパワーフィネスを展開することも可能です。

オカッパリはもちろん、ボートデッキからも扱いやすい長さとパワーが、アングラーの釣りスキルアップに貢献してくれるでしょう。

22BPMにマッチしそうなおすすめのリールを選んでみた!

それでは22BPMに装着して活躍してくれそうな、おすすめのリールを取り上げてみましょう。

まずは、ベイトリールから。

ビックベイトの操作には、太いラインを大量に巻けて、頑丈なボディフレームを持ったものが不可欠です。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸リール バス スコーピオンMD 2021年モデル 301LHXG バス釣り

最安値価格
¥24,937(楽天市場)

Amazonへ ¥27,295

楽天市場へ ¥24,937

スコーピオンシリーズの中では、かなり大き目でウエイトもあるベイトリールです。

ビッグベイトをロングキャストするのに、じゅうぶんなスペックを保持しているといえるでしょう。

ギア比は7.9対1に設定されていて、ハンドル1巻きにつき107cmものラインを巻き取ることができるようになっています。

最大ドラグ力は8.0kgと高めで、自重は315gと重く作られています。

スプール寸法は、直径が43mmで幅が22mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを160m巻けます。

PEラインなら、5号を140m巻けます。

ハンドルの長さは51mmで、ボールベアリングは7個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、かなり大きなサイズのベイトリールで重く、最初は軽快に使えるのかな?という印象を持ってしまいます。

でも慣れてくると、太いラインでもロングキャストを決めることができますし、ビッグベイトなどの空気抵抗の大きいルアーでも、トラブルなく操りやすいことが分かってくるでしょう。

魚が掛かってからは、パワフルな巻き上げで引き寄せることが可能なので、バラシを抑えた釣りを展開できるかもしれません。

実売価格は2万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に設定されています。

まずは、太目のナイロンラインから使ってみて、このベイトリールの特性をつかんでみましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 2500S バス用スタンダードモデル エギング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 19 ストラディック 2500S バス用スタンダードモデル エギング

最安値価格
¥18,900(amazon)

Amazonへ ¥18,900

楽天市場へ ¥19,138

汎用性の高いストラディックシリーズから、2500番モデルを選んでみました。

ギア比は5.3対1になっていて、ハンドル1回転につき78cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、2.5/4.0kgです。

自重は220gと軽めで、スプール寸法は直径が47mmでストロークが17mm。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら5lbを110m巻けます。

PEラインなら、0.6号を200m巻けます。

ハンドルの長さは50mmで、ボールベアリングは6個搭載しています。

実際に使ってみると、剛性が備わっていて巻き心地が滑らかな印象です。

ハンドルの回転が軽やかですから、ローターも素直に追従してくれる感じでしょうか。

ライトラインを使っても、糸ヨレ等のトラブルは少なく、快適に釣りを満喫できるでしょう。

実売価格は1万円台と、とても安い価格帯に収まっています。

22BPMの気になる発売日はいつ?

22BPMの気になる発売日は、2022年の4月を予定しています。

メーカー希望販売価格は未定となっていますが、既存モデルの価格帯が1万円台後半でしたから、それに似通った設定となるでしょう。

さまざまな釣り場に手軽に持ち込むつもりなら、センターカットの2ピース仕様ロッドが便利です。

積極的に22BPMをフィールドで使ってみて、自身のレコードフィッシュを釣り上げましょう。

2022年モデルの関連記事はこちら

ロッド」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング