ルアーのアップ写真

チビタレルを使ってバスやシーバスを釣りたい!使い方やおすすめタックル特集

FISHING JAPAN 編集部

ジャッカルからリリースされているスイムベイトは数多くありますが、バスにもシーバスにも効いて、大小さまざまなサイズが釣れるものといえば、チビタレル!

このルアーは、絶対外せないでしょう。

キャストしやすくて操作性が高いことから、ヘビーユーザーが結構いることでも知られていますよ。

ここでは、ジャッカルのチビタレルについて、使い方やインプレについてご紹介しましょう。

「全体的なフォルムが平たくて、ブルーギルやフナっぽいんだよね!」

その通り!さほど泳ぎの素早くない漂い系の小魚を模しているので、バスやシーバスから見れば“追いつきやすい!”と判断するかもしれませんね。

チビタレルとは

チビタレルとは、ジャッカルからリリースされている3連ジョイントのスイムベイトのことです。

全長は130ミリと、他のスイムベイトと比べてコンパクト。

自重も43.5グラムしかありませんから、普通のベイトタックルでキャストできてしまいます。

専用のエクストラヘビーなベイトタックルを用意しなくてもいいという段階で、より多くのアングラーに使ってもらえる可能性が広がっていますよね。

ダウンサイジングが、魚に効くとは限りませんが、アングラーがラインに積極的に結ぶルアーでなくては、魚を釣り上げることはできません。

このとてもシンプルで分かりやすい命題に、真正面から切り込んだ秀逸なスイムベイトといえるでしょう。

そして、小さくなったからといって、スイムベイトが持つメリットまでも矮小化しなかったところに、チビタレルの存在価値を見い出すことができるのです。

その特徴をひとつずつチェックしていきましょう。

まずは、ラインアイ。

スイベルが埋め込まれているので、キャストの際にラインが撚れにくくなっています。

また魚をフッキングした後、暴れて身体を回転させても、撚れが発生しづらいのでバラシにつながりにくいですよ。

それから、胸ヒレの存在。

これが側面から突き出しているおかげで、アクションさせてもボディが回転しようとせず、元の姿勢に戻りやすくなっています。

前から後ろにかけて若干の角度が付いているので、水深1メートル弱ほどの潜行も可能にしていますよ。

チビタレルの使い方

チビタレルの使い方は、キャストしてただ巻きが基本です。

ゆらゆらと左右にボディを揺らしながら泳いでくるので、誘いの要素はバツグン。

そこからハイスピードでリトリーブしてもいいですし、急に制動をかけると180度ターンを見せてくれます。

追従してきたバスやシーバスへの威嚇ともとれる行動ですから、バイト誘発のトリガーになるのは間違いないでしょう。

基本的にはフローティング仕様ですが、チューニングのひとつとして、アゴ下部分のアイにシンカーをぶら下げるとシンキングに切り替わります。

ボトムをゆっくりトレースしながら誘えるので、低水温期などのアプローチとして有効ですね。

豊富なカラーバリエーションでフィッシュイーターを魅了!

チビタレルのカラーバリエーションは豊富で、全部で13種類も用意されています。

ブルーギルに似たものや、フナそっくりの配色から選べるようになっていますよ。

鳥に攻撃されて傷付いた小魚の模様もラインナップされていますから、釣り場のシチュエーションに合わせてラインに結ぶようにしてください。

フックにはフェザーが巻かれていて、フックの存在を隠しながら制動のかかる役割も果たしています。

水としっかり絡めながら、じっくりと時間をかけて誘えるのが、チビタレルの強みかもしれませんね。

最後尾のテール部分にもアイが設けられているので、アトラクターを装着したり、アシストフックを取り付けても面白いのではないでしょうか。

アングラー個々のチューニングアレンジに活かしてみてください。

チビタレルのデモンストレーション動画はこちら

チビタレルをキャストして操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

チビタレルをキャストして操作するのに、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、太いラインを使えることから、ベイトロッドがベターですね。

カバーやストラクチャーに擦り付けながら、弱った小魚を演出してください。

あまりに硬過ぎるロッドにすると、せっかくのバイトを弾いてしまいますよ。

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 バンタム 2ピースシリーズ ベイトキャスティング ファストムービング&ビッグベイト 163H-SB/2 ショート テクニカル

シマノ(SHIMANO) バスロッド 19 バンタム 2ピースシリーズ ベイトキャスティング ファストムービング&ビッグベイト 163H-SB/2 ショート テクニカル

最安値価格
¥38,115(Yahoo!)

Amazonへ ¥40,294

楽天市場へ 取扱なし

Yahoo!へ ¥38,115

シマノのバンタムシリーズに、ショートレングスで使い勝手のいい2ピースロッドがリリースされています。

全長1.91メートルで、仕舞寸法が114.1センチ。

自重は140グラムと、さほど重くはなく、ブランクスがしっかりと曲がり込んでくれるテイストに仕上がっていますよ。

Hパワーですが、ヘビーカバー用のような張りはなく、キャスティングの際にルアーを胴に乗せられる印象が強いですね。

適合ルアーウエイトは、14グラムから100グラムまで。

かなり広めの守備範囲ですから、さまざまなスイムベイトやビッグベイトを操れるでしょう。

実際に手にしてみると、ボートに乗ったときに水面を叩きにくい長さがいいですね。

オカッパリシーンでも、周囲に生える枝や草に干渉しづらいですから、スムーズにキャストを繰り返せます。

実売価格は3万円台後半と、やや高めな価格に設定されていますよ。

この長さでスイムベイトを自在に操れるベイトロッドは、他に類を見ませんから、一度手にしてみる価値はじゅうぶんにあるでしょう。

フッキングの際、強めにロッドをあおらずに、まずは立ててラインスラックを消すところから始めてください。

そのほうがバラシを軽減できますよ。

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ブラックバス 18 バンタム MGL PG 左ハンドル ロープロベイト パワーゲーム

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 両軸 ブラックバス 18 バンタム MGL PG 左ハンドル ロープロベイト パワーゲーム

最安値価格
¥7,742(Yahoo!)

Amazonへ ¥27,026

楽天市場へ ¥27,027

Yahoo!へ ¥7,742

バンタムシリーズの頑丈で巻き心地のいいベイトリールです。

PGタイプなので、ギア比は5.5対1。

ハンドル1巻きで59センチのラインを巻き取ることになります。

決して素早い巻き取りとはいえませんが、自然にスローリトリーブをおこなうことができますし、魚が掛かってから、ゴリ巻きで引き寄せやすいなどのメリットがあります。

自重は215グラムと軽め、特に手首などに負担のかかるような重さではありません。

ラインキャパは、16ポンドで100メートルと、太目のラインを多く巻くことが可能です。

スイムベイトの自重を考慮すると、16ポンド以上のラインで操りたいところですから、ベストマッチといえるでしょう。

またボディ一体成型を採用しているので、強い負荷が掛かっても巻き心地を維持できます。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格に収められていますよ。

パーミングしたときの安定感も、ロープロファイル形状ならでは。

長く手元に置いて、使い続けたくなる逸品といえるでしょう。

もう少しラインキャパが増えると、カルカッタコンクエストなどの丸型ベイトリールとどちらを選択するか、悩むようになってしまいますね。

モーリス(MORRIS) ナイロンライン バリバス バーマックス磯 ストロングタイプ 150m 5号 11kg シルバーグレー

モーリス(MORRIS) ナイロンライン バリバス バーマックス磯 ストロングタイプ 150m 5号 11kg シルバーグレー

最安値価格
¥1,282(Yahoo!)

Amazonへ ¥1,814

楽天市場へ ¥1,287

Yahoo!へ ¥1,282

バリバスブランドから発売中のナイロンラインです。

磯釣り用に開発されたものですが、しなやかで根ズレに強く、ショック吸収力もじゅうぶんに備わっているので、スイムベイトのキャスト&リトリーブに向いていますよ。

こちらは、太さ5号で150メートルの巻き量ですから、キャスティングに使うのにちょうどいいですよね。

カラーは、シルバーグレーなので魚から見えづらく、太いラインでも気にせず積極的に攻めることが可能でしょう。

実際に使ってみると、枝や草・岩・コンクリート壁などに擦り付けても、カンタンにザラつくことはありませんでした。

バスやシーバスが潜んでいそうなポイントを、丁寧にトレースするのにとても便利です。

実売価格は千円台と、とても安い価格に設定されています。

これなら予備で保持しておけば、釣り場で緊急の巻き替えをすることもできますね。

スーパーフッ素加工により、ガイドと当たっても滑りよくすり抜けてくれますよ。

ノットも頑丈で、破断につながるような弱さは感じられません。

チビタレルを使いこなして大物を釣り上げよう!

チビタレルの特徴や使い方・インプレ、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

メーカー希望販売価格は、3,200円です。

扱いやすいコンパクトサイズなので、スイムベイトをこれまであまり使ったことのない人でも、手軽に操ることができるでしょう。

スイムベイトの関連記事はこちら

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング