ルアーのアップ写真

ビッグバッカー107鰤カスタムに2022年新しいカラーが追加ラインナップ!

FISHING JAPAN 編集部

ショアジギングゲームで大型青物をターゲットにするなら、メタルジグ以外のルアーもローテーションに組み込みたいもの。

ジャッカルの鉄板系バイブレーションルアー・ビッグバッカー107鰤(ブリ)カスタムなら、ロングキャストを繰り返しながら、広範囲のポイントを探ることができます。

2022年には新しいカラーが追加ラインナップ、その特徴や使い方をチェックしてみましょう。

ビッグバッカー107鰤カスタムってどんなルアーなの?

ビッグバッカー107鰤カスタムとは、ジャッカルからリリースされている、ショアジギングゲームで用いる鉄板系バイブレーションルアーのことです。

ウエイトが43gと、キャスティング用メタルジグと変わらない値なので、ショアジギングゲームのローテーション用に適しています。

全長は107mmと、大振りでアピール力の高いものに。

着水後の沈み込むスピードは早めで、底取りまでの時間があっという間なのがプラス要素です。

フックには、太軸トレブルフックの2番が標準で装備されていて、大型で重いブリ・カンパチ・サワラなどが食い付いていても、じゅうぶんに耐えられるでしょう。

トレブルフックの線径は1.34mmで、耐力は32.56㎏のものが選ばれています。

加えて平打ち加工を施した、4番サイズのスプリットリングにつながれていますから、ブリとのやり取りも安心して長時間おこなえるでしょう。

それからビッグバッカー107鰤カスタムのお腹部分に注目してください。

フロントフックアイの前後に、肉盛りが施されています。

これによりスプリットリングの可動域を狭めていて、トレブルフックがエビ状態、つまりボディへの背負いトラブルが発生することを抑えています。

トレブルフックの絡まりが少なければ、ほとんどのキャストが有効に魚を誘えることになり、好釣果を期待できるでしょう。

ロッドを立てたり倒したりして、リフト&フォールを繰り返すと、ラインが絡んでしまうことがあります。

それをできるだけ抑えるための工夫だととらえれば、このルアーを使うシチュエーションが見えてくるのではないでしょうか。

例えば、強風や逆風時。

ボディのフラッシング効果でしっかりと誘いをかけて探りたいと考えたら、糸絡みの少ないビッグバッカー107鰤カスタムの出番でしょう。

ちなみに実釣でフロントフックに魚が掛かる確率は高く、可動域が狭くなってもフッキング効率が下がっている印象はありません。

フックポイントの貫通の度合いも良好で、フックの踊る位置がベストに近いことを実証しています。

実際にビッグバッカー107鰤カスタムをフィールドで使ってみた!

ビッグバッカー107鰤カスタムをフィールドで使ってみました。

防波堤からのキャストでしたが、飛距離はバツグンで、あらゆる層をリトリーブスピードやロッド角度を変えながら、トレースすることが可能です。

ブルブルとメリハリのある振動が、手元までしっかりと伝わってくるので、障害物に接触したり魚がバイトしてきたりの変化が、とても分かりやすくなっています。

メタルジグのリトリーブとは、異なるセンサーが付いているイメージでしょうか。

ロッドティップが入り込むようなアタリが発生したら、ロッドを立ててラインにテンションを与え、そこからリールハンドルを巻き続ければOK。

ほとんどバラシにはつながらず、安定した釣果を得ることができます。

計2種類のカラーバリエーションが追加ラインナップ!

ビッグバッカー107鰤カスタムに2022年追加カラーハリエーションがラインナップされます。

●超サゴシピンクスパークカラー

●超サゴシスパークカラー

どちらもローライトコンディションの中でよく目立ちそうな、派手めの仕上がりになっています。

表層が濁るようなケースで、サゴシなどの青物にルアーを追わせたいときに重宝するでしょう。

ビッグバッカー107鰤カスタムのデモンストレーション動画はこちら

ビッグバッカー107鰤カスタムをキャストするのにおすすめのタックルを選んでみた!

それではビッグバッカー107鰤カスタムをキャスト&リトリーブするのに適した、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

まずはロッドから挙げると、10ftを超えるショアジギングゲーム用スピニングロッドが向いています。

MHパワー程度のブランクスのほうが、バイトを弾かずにフッキングに持ち込みやすいでしょう。

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ スピニング S106MH ロングディスタンスモデル ヒラメ 青物 ヒラスズキ

シマノ(SHIMANO) シーバス ロッド 18 ディアルーナ スピニング S106MH ロングディスタンスモデル ヒラメ 青物 ヒラスズキ

最安値価格
¥23,284(楽天市場)

Amazonへ ¥23,594

楽天市場へ ¥23,284

Yahoo!へ 取扱なし

好評のディアルーナシリーズに、ロングレングスのスピニングロッドが用意されています。

振り抜くだけで飛距離を稼げるので、さまざまなフィールドで扱いやすいでしょう。

全長は3.20mと長めで、継数は2本です。

仕舞寸法も163.5cmと長めになっているので、クルマからの積み下ろしの際には注意してください。

自重は175gと軽めで、先径は1.8mmと細めに設計されています。

適合するルアーウェイトは、10gから56gまで。

適合するPEラインは、1号から2.5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99.8%です。

実際に手に取ってみると、長くは感じるものの、シャープで扱いやすい印象です。

パワーはじゅうぶんにあって、ビッグバッカー107鰤カスタムをぶら下げていい感じに弧を描いてくれます。

ガイドバランスも良好で、キャストの際のライン絡みトラブルは、ほぼ皆無といっていいでしょう。

グリップ周りはスリムで握りやすく、大型の青物が掛かってもじゅうぶん耐えられるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

ロッドブランクスの曲がりを上手く活用しながら、魚を水面まで浮かせるように操りたいものです。

バラシはロッドが防いでくれると信じて、魚に空気を吸わせましょう。

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

シマノ(SHIMANO) スピニングリール 20 ツインパワー 4000XG サーフ ヒラスズキ ライトショアショジギング・キャスティング

最安値価格
¥37,884(amazon)

Amazonへ ¥37,884

楽天市場へ ¥37,884

人気のツインパワーシリーズの4000番モデルです。

5000番のほうが、太いラインを使いやすいのですが、PEラインの2号までを使うなら、こちらでもじゅうぶん対処できるでしょう。

ギア比は6.2対1に設定されていて、ハンドル1回転につき101cmものラインを巻き取ることができるように作られています。

実用ドラグ力/最大ドラグ力は、6.0/11.0kgとじゅうぶんな値。

自重は260gと軽めで、扱いやすくなっています。

スプール寸法は、直径が52mmで、ストロークが19mmです。

ラインキャパは、PEラインの2号で240m巻けます。

ボールベアリングは、9個搭載しています。

実際に釣り場で使ってみると、軽やかで滑らかな巻き心地が、安定したリトリーブを提供してくれます。

ライン放出の際のトラブルはほとんどなく、フッキング動作後も巻き取りはスムーズ。

ハンドルは握りやすくて、チカラを込めて巻き取りやすくなっています。

実売価格は3万円台と、スペックに見合った価格帯に設定されています。

実釣で使用後は、ラインローラー周りの汚れ・付着物を水洗いで落とし、拭き取り仕上げをしておくようにしましょう。

オイルを塗布しておくと、滑らかな回転がキープされます。

ビッグバッカー107鰤カスタム追加カラーの気になる発売日はいつ?

ビッグバッカー107鰤カスタム追加カラーの気になる発売日は、2022年の3月を予定しています。

メーカー希望販売価格は、1,573円から1,628円です。

ショアジギングゲームでは、メタルジグオンリーで反応してこないケースが発生しますから、ルアーをローテーションの一角に組み込むことをおすすめします。

特にビッグバッカー107鰤カスタムなら、メタルジグにはないタイトな振動+フラッシング効果を期待できるでしょう。

ショアジギングの関連記事はこちら

ショアジギング」カテゴリの人気記事

ジャッカル」カテゴリの人気記事

DAILYランキング