ルアーのアップ写真

バス釣り用フロッグの使い方特集!どんな場所にキャストすればいいの?

FISHING JAPAN 編集部

カエルの恰好を真似たルアーが、バス釣り用にラインナップされています。

その名は、ストレートにフロッグと命名されていて、サイズもカラーもバリエーションに富んでいます。

ここでは、バス釣り用フロッグの特徴や使い方についてご紹介しましょう。

実際に釣りを展開する上で必要になる、ロッドやリール・ラインなどのタックルについても取り上げます。

バス釣り用フロッグってどんなルアーなの?

バス釣り用フロッグとは、水辺で鳴いているカエルそっくりのルアーのことです。

カタチやカラーまでも似ているので、バスが見間違えて食い付いてしまうのは当然でしょう。

手のひらに乗るボリュームのものが多く、バス釣り用のベイトタックルで、ほぼキャストできるウエイトが与えられています。

フロッグルアーの特徴は、水面に浮いてカバーに強いところが挙げられます。

カエルも水面に浮くので納得ですが、カバーに強いとはどういうことでしょうか?

実はフロッグルアー、装着されているフックがボディの曲面に沿っていて、ハリ先が剥き出しになっていないタイプがあります。

ボディがガードの役割を果たしていて、草や藻が生えている場所でも、スルスルと引っ掛からずに抜けて来ることができるのです。

引っ掛からないことで、次のキャストをスムーズにおこなえます。

その積み重ねで有効なキャスト数が増え、当然のごとく釣れるバスの数も増えていくようになります。

ワームを用いるとき、ハリ先をボディの内部に埋めて使いますから、その発展型がフロッグルアーだと考えていいのではないでしょうか。

ただし、ハリ先が剥き出しになっていないことで、せっかくバスが食い付いてもフッキングできないのでは?と考える人もいます。

その点は安心してください。

フロッグルアーのボディは、中空構造になっているものがあって、バスが噛んだ瞬間にボディが潰れる・凹むようにできています。

その際、ガードされていたハリ先が剥き出しとなり、バスの口を内側から貫通することが可能になるのです。

注意したいのは、フッキングのやり方。

バスが食い付いたからといって、いきなりフッキングすると、まだハリ先が剥き出しになっておらず、すっぽ抜けてしまう可能性があります。

バスにフロッグルアーをくわえさせて、しばらく泳がせてからフッキング動作に入ると、上手くフックが貫通してくれるでしょう。

何度もバラシの経験を積みながら、ベストのタイミングでフッキングできるようになりたいものです。

バス釣り用フロッグの足パーツに注目!

バス釣り用フロッグには、カエルの足の代わりに、シリコンスカートなどの別パーツが付けられていることがあります。

このスカートタイプにするほうが、キャストの際に空気抵抗にならず、よく飛んでくれるメリットを持っています。

また着水後には、ロッドワークによるアクションを加えなくても、セルフでスカートが垂れ下がったり揺れたりするので、バスに対する有効な誘い要素になります。

例えば、藻穴に入ったフロッグルアーは、その場に置いておくだけで真下に潜んでいるバスに、アピールし続けていることに。

この特徴を活かして、キャストしたフロッグルアーは、あまり素早く移動させずに操るようにしましょう。

実際にフロッグルアーで釣りをおこなってみた!

バス釣り用フロッグを使って、実際にフィールドへ足を運んでみました。

狙う場所は、藻や草などが生い茂っているところや、水面が障害物で覆われているところ。

バスにとって格好の隠れ家になっていますし、そういう引っ掛かりやすい場所ほど、フロッグルアーの引っ掛かりにくさが活きてきます。

ふわりと障害物の上に乗るように、柔らかく丁寧なキャストをおこない、着水したらしばらく置くようにしましょう。

日向と日陰でバスの反応が変わるので、どちらのシチュエーションも丁寧にルアーを動かすことに徹します。

バイトがあれば、フロッグルアーが水面から確実に消えるのを待って、フッキング動作に移るようにしたいものです。

バス釣り用フロッグルアーを操るのにおすすめのタックルを選んでみた!

バス釣り用フロッグルアーを障害物周りで操るのに適した、おすすめのタックルをご紹介しましょう。

ロッドは、障害物に潜り込まれても引き出せるパワーを持った、ベイトロッドがベストです。

リールは、太いラインをたくさん巻けるタイプがマッチするでしょう。

ラインに関しては、太いPEラインを用いるアングラーが増えています。

根ズレに対する強さを求めるなら、20lb以上のナイロンラインを巻くのも効果的です。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 7012MHXB-FR 釣り竿

ダイワ(DAIWA) バスロッド ブラックレーベルSG 7012MHXB-FR 釣り竿

最安値価格
¥24,980(amazon)

Amazonへ ¥24,980

楽天市場へ ¥32,186

Yahoo!へ ¥31,768

人気のブラックレーベルSGシリーズには、フロッグルアーを操るための専用ベイトロッドがラインナップされています。

全長は2.16mとじゅうぶんな長さが与えられていて、継数は2本です。

仕舞寸法は112cmなので、クルマの中でさほどスペースをとらず、釣り場まで運ぶのに便利でしょう。

自重は120gと軽めで、先径/元径は1.9/14.9mmと細くなっています。

適合するルアーウエイトは、7gから28gまで。

適合するラインは、モノフィラメントラインなら10lbから20lbまでで、PEラインなら最大5号までです。

ブランクスのカーボン素材含有率は、99%です。

実際に手に取ってみると、パワーのあるブランクスの割りに軽さが備わっている印象です。

ロッドティップも曲がり込みやすく、バイトしてきたバスを弾かずに、フッキングに持ち込めるでしょう。

実売価格は2万円台と、とてもコスパ優秀な価格帯に収まっています。

丁寧にキャストして着水させ、カエルがゆっくりと移動していく様子を再現してください。

藻穴を通過するたびに静止させて、追従してきたバスにバイトのチャンスを与えるようにしましょう。

藻のエッジにフロッグルアーを引っ掛けて、その場でバタ足させるイメージで操るのがいいかもしれません。

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO ビースト40 右巻き 2019モデル

アブガルシア(Abu Garcia) ベイトリール REVO ビースト40 右巻き 2019モデル

最安値価格
¥21,560(Yahoo!)

Amazonへ ¥24,857

楽天市場へ ¥22,968

Yahoo!へ ¥21,560

アブガルシアブランドからリリースされている、太いラインをたくさん巻けるベイトリールです。

ウエイトは270gと、やや重めの設定になっています。

ギア比は5.8対1なので、ハンドル1回転につき68cmのラインを巻き取ることができるように作られています。

最大ドラグ力は、なんと14kgもありますから、掛かったバスをゴリ巻きで引き寄せることができるでしょう。

ラインキャパは、モノフィラメントラインなら20lbを150m巻けます。

PEラインなら、5号を120m巻けます。

ボールベアリングの搭載個数は、7個になっています。

実際に手に取ってみると、とてもコンパクトでパーミングしやすい印象です。

滑らかに回転するハンドルによって、フロッグルアーを回収しては次のキャストへと、スムーズに移ることができるでしょう。

ラウンド型のハンドルノブなので、親指と人差し指で包み込むようにしてつまめますし、力強く巻き取ることも可能です。

実売価格は1万円台と、とてもリーズナブルな価格帯に収まっています。

95mmの長さを持つハンドルで、大型魚が掛かっても強引なやり取りを楽しめるでしょう。

バス釣り用フロッグを駆使してビッグバスを釣り上げよう!

バス釣り用フロッグの特徴や使い方、おすすめのタックルをご紹介しましたが、いかがでしたか?

障害物の周りには、バス以外の巨大魚も潜んでいます。

ライギョやナマズがバイトしてきても、慌てずにロッドを立てて、水面まで浮かび上がらせるようにしましょう。

バス釣りの関連記事はこちら

バス釣り」カテゴリの人気記事

ルアー」カテゴリの人気記事

DAILYランキング