魚 写真

テンカラ釣りを始めたい!初心者におすすめの竿・毛鉤はどれかチェックしてみよう

FISHING JAPAN 編集部

渓流でテンカラ釣りにチャレンジしてみませんか?

テンカラ釣りは、毛鉤を用いた日本古来の釣りスタイルです。

竿に専用の釣り糸、その先に毛鉤を結ぶというシンプルなタックル構成で、リールは使いません。

手軽に始められる釣り方が、テンカラ釣りの特徴といえるでしょう。

テンカラ釣りの釣り場

テンカラ釣りでは、河川の上流域=渓流がメインの釣り場となります。

対象魚は、ヤマメ・イワナ・アマゴ・ニジマスなど。

羽虫や水生昆虫を捕食する魚を、毛鉤で釣るわけです。

そういう意味では、ルアー釣りやフライフィッシングの根底に流れる、ゲームフィッシングの理念と似通った部分があるといえるでしょう。

テンカラ釣りとフライフィッシングはどう違うの?

毛鉤といえば、フライフィッシングが思い出されますが、テンカラ釣りとはどの辺が違うのでしょう?

フライフィッシングは専用リールを用いますが、テンカラ釣りでは使いません。

またフライフィッシングは河川のさまざまなエリアでおこないますが、テンカラ釣りは主に渓流域のみでおこないます。

テンカラ釣りは登山のつもりで準備を

テンカラ釣りでは、沢を歩いたり崖を登ったりと、まるで登山と同じような活動を伴ないます。

ですから軽装で臨むことは絶対に止めましょう。

服装や靴・帽子・雨具に至るまで、天候の変化に耐えられるような格好で臨むようにしてください。

テンカラ釣りにおすすめの竿はこちら

アルファタックル(alpha tackle) ロッド WIZZ テンカラ ST36 68151

アルファタックル(alpha tackle) ロッド WIZZ テンカラ ST36 68151

最安値価格
¥4,151(amazon)

Amazonへ ¥4,151

楽天市場へ ¥4,818

Yahoo!へ ¥4,776

ダイワ(DAIWA) 渓流竿 テンカラX 36 釣り竿

ダイワ(DAIWA) 渓流竿 テンカラX 36 釣り竿

最安値価格
¥10,010(Yahoo!)

Amazonへ ¥10,780

楽天市場へ ¥10,780

Yahoo!へ ¥10,010

シマノ(SHIMANO) ロッド 渓流竿 パック テンカラ ZW 31-34 ショートテンカラ竿 カバンに収まるコンパクト設計

シマノ(SHIMANO) ロッド 渓流竿 パック テンカラ ZW 31-34 ショートテンカラ竿 カバンに収まるコンパクト設計

最安値価格
¥18,873(Yahoo!)

Amazonへ ¥22,121

楽天市場へ ¥20,790

Yahoo!へ ¥18,873

シマノ(SHIMANO) ロッド 渓流竿 天平(てんぴょう) テンカラNB LLS36 やや胴に乗る本調子 小継 エントリーロッド

シマノ(SHIMANO) ロッド 渓流竿 天平(てんぴょう) テンカラNB LLS36 やや胴に乗る本調子 小継 エントリーロッド

最安値価格
¥13,862(Yahoo!)

Amazonへ ¥16,171

楽天市場へ ¥20,800

Yahoo!へ ¥13,862

シマノのテンカラ釣り専用竿です。

比較的安価ですから、初心者の方にもおすすめですよ。

やや胴に乗る本調子で、キャストのタイミングが取りやすくなっています。

フロロカーボンラインとの相性が良く、軽く振るだけでカンタンに毛鉤を飛ばせます。

テンカラ釣りにおすすめの毛鉤はこちら

ダイワ テンカラ毛針セット ウェットソフトハックル1

ダイワ テンカラ毛針セット ウェットソフトハックル1

最安値価格
¥1,267(楽天市場)

Amazonへ ¥1,283

楽天市場へ ¥1,267

Yahoo!へ ¥1,270

Bassdash(バスダッシュ) 完全フライ フライフィッシング用 毛ばり フライ ケース入り フライセット 76本入り

Bassdash(バスダッシュ) 完全フライ フライフィッシング用 毛ばり フライ ケース入り フライセット 76本入り

最安値価格
¥4,080(amazon)

Amazonへ ¥4,080

Yahoo!へ ¥5,936

n-VISION ヤマメまっしぐら!『テンカラ・ヤマメスペシャル 4本セット』コレならあなたも釣れる!

n-VISION ヤマメまっしぐら!『テンカラ・ヤマメスペシャル 4本セット』コレならあなたも釣れる!

最安値価格
¥1,280(amazon)

Amazonへ ¥1,280

毛鉤 写真

n-VISION テンカラ・ゼンマイ胴毛ばり 2種4本セット

出典:amazon

昔から古式毛鉤釣法として使われてきた、ゼンマイの綿毛を巻いた毛鉤です。

山菜のゼンマイの綿毛で作られているのは、珍しいですよね。

ゼンマイが水に濡れると透明感が出て、脱皮寸前の羽虫に見えるようです。

フライフィッシング」カテゴリの人気記事

トラウト」カテゴリの人気記事

釣り初心者」カテゴリの人気記事

DAILYランキング