ヒラメ ルアー 写真

ヒラメルアーはどれを選べばいいの?サーフや堤防からキャストするためのルアー選び

FISHING JAPAN 編集部

ヒラメを釣ろうとすれば、ひと昔前なら船で沖に出て狙うか、エサを付けて投げ釣りをおこなうかが主流でした。

最近ではアプローチの方法が多様化してきて、サーフ=砂浜や堤防から、専用のルアーをキャストして狙うアングラーが増えてきましたよ。

ヒラメをターゲットにしたルアーを駆使して、広範囲をチェックしながら追い詰めていくわけです。

ゲーム性がとても高くなり、サーフに並び立ってロッドを振る姿が、ひんぱんに見られるようになってきましたね。

ここでは、ヒラメのルアーゲームに使うためのおすすめアイテムをご紹介します。

ヒラメが釣れるポイント

ヒラメが釣れるポイントとは、どこになるのでしょうか?

分かりやすいところから挙げると、河川の河口域やサーフになるでしょう。

岸に打ち上がった波が急速に沖へ離れていく、離岸流の発生しやすい条件が揃っているのがポイントですね。

どちらもずいぶんと広いエリアが該当しますから、遠投して探ることのできるルアーを使うことが重要になってきますよ。

ヒラメゲームを楽しむアングラーが、メタルジグやシンキングミノー・バイブレーションなどを多用している理由は、この辺にあるわけです。

その他のヒラメが釣れるポイントとして、漁港の入口付近が挙げられます。

そこにはひんぱんに漁船が通ることによって発生した、ミオ筋が存在するからです。

ミオ筋は、周りの海底よりも深く掘り込まれたようになっているので、明確な段差=ブレイクラインが存在しますよ。

小魚やエビ・カニなどの甲殻類などは、この地形変化に集まる習性があり、ヒラメにとって格好のエサ場なのです。

河口からサーフエリアでヒラメゲームを楽しんでいる動画はこちら

ミオ筋に関して知っておきたい情報をピックアップ

ミオ筋などのブレイクラインに小魚が寄り集まる理由には諸説ありますが、そこにある水がよく動いて攪拌され、常にフレッシュな状態を保っているからかもしれません。

そういう良好な環境が、プランクトンなどの微生物を発生させることにつながり、プランクトンをエサにしている小魚たちが寄ってくるのでしょう。

エサが豊富なら、ヒラメが集まるのも頷けますし、ミオ筋そのものは砂地であることが多いので、そこに潜って身を隠すことも可能です。

ヒラメにとって楽園と呼べる環境条件といえるでしょう。

ただし、漁船の通路ですから、ルアーをキャストし続けていると航行の邪魔になることも。

周囲を常に確認しながら、漁船の航行の妨げにならないように釣りをおこなってください。

ヒラメが反応するルアーの色

ルアーの色は、ヒラメがよく反応するものを選ぶようにしたいですね。

「それってどんな色なのかイメージ湧かないよ、、」

確かに、ヒラメがルアーに反応しているシーンを見ないと、確信は持てないでしょう。

一般的によく効くといわれている定番の色は、ゴールド系やオレンジ系、それからナチュラル系に振ったものでしょうか。

実際にゴールド系の配色をしたミノーやバイブレーション・ジグヘッド+ワームなどが販売されているので、使ってみました。

水深の浅いところで横に引っ張って泳がせてみると、ゴールド系のギラギラ感はハンパなく目立ちます。

これならボトム付近で待ち伏せしているヒラメからも、よく見えるでしょうから、バイトを誘発する気がしますね。

ゴールド系を中心に、カラーローテーションを駆使しながら、ヒラメの反応を拾っていくようにしましょう。

食いが浅いな!と感じたら、まずは色を変えてください。

それからリトリーブスピードなどを変えていくように実践してみましょう。

おすすめのヒラメルアーはこちら!①ジグヘッド+ワーム

ヒラメルアーとしておすすめなのは、ジグヘッド+ワームの組み合わせです。

これだと遠投が効きますし、色もワームの付け替えだけでカンタンに対応できますよ。

ワームを装着していると、ショートバイトでもヒラメの歯型が残りますから、感じたアタリが単なる根掛かりだったのか、それともヒラメだったのか、巻き取ったルアーを見て確認することが可能です。

「この歯形はもしや・・・エイ?」というケースもありますから、歯型診断できるようになっておきたいですね。

このスキルは、たくさんの魚種をジグヘッド+ワームで釣り上げていれば、自然と身につくもの。

釣れた魚とワームの傷跡を交互に眺めながら、記憶するようにしてください。

こんなに釣れるルアーはかつてありません。ワームを80~90m先まで飛ばせて、探れるハイブリッドルアー!
ヒラメをとりあえず釣りたい初心者に最適。

出典:amazon

ずいぶんと多くの種類のワームがリリースされていますよね。

ジグヘッドにセットして、水中で泳がせてみると、小魚にしか見えないような艶かしいアクションを発生させてくれます。

でもよく見てください、スローに引っ張って機敏にアクションするワームは、ファストリトリーブでもしっかりアクションしてくれるのでしょうか?

ワーム単体でオフセットフックにセットしてリトリーブすると、回転してしまうようなタイプも存在します。

となると、ヘビーキャロナイナリグのような仕掛けは、遠投性に長けていても実際に使うのはデメリットが大きいのかもしれません。

その点ジグヘッドリグなら、ラインアイがヘッド部分の上に付いて固定されていますから、ワームの回転をきっちり抑え込んでくれます。

ヒラメゲームにつきものな遠投アプローチは、ジグヘッドリグがあってこそ成り立つのかもしれませんね。

おすすめのヒラメルアーはこちら!②ミノー

ヒラメルアーといえば、昔から細身ロングボディのミノールアーは欠かせません。

その遠投機能を向上させるために、各メーカーは独自の重心移動システムを搭載するようにしています。

この仕組みによって、じゅうぶん過ぎるほどの飛距離を稼いでくれますし、沖合いから波打ち際まできっちり探ることができるのです。

最近は大型でスリムなミノーが増えてきましたが、そのほうがヒラメに見つけてもらいやすいですし、よりハイレベルな遠投機能を載せることも可能になるのでしょう。

一週間前にクリアキスカラーで71cmの大座布団を釣り上げたので、他のカラーでも釣りたいと思い色々試してましたが、このシロギスでも釣り上げることができました。

出典:amazon

サーフゲームなどでミノーを引っ張っていると、マゴチやエイ・青物がよく釣れます。

本命のヒラメではありませんが、どれも引きは強烈!

魚を釣り上げる醍醐味はじゅうぶんに味わえるので、楽しみが増えた気分になります。

また防波堤や河口域でミノーを使えば、シーバスがひんぱんに掛かってくることも。

シーバス狙いで釣りに行っても対して釣れないのに、ヒラメ狙いに切り替えた途端よく釣れるというのは、どちらも同じようなポイントに生息しているということでしょうか。

どの海も水温が上昇傾向にありますから、今後思わぬ魚種がヒラメ狙いで釣れてしまうかもしれませんね。

おすすめのヒラメルアーはこちら!③メタルジグ・鉄板系バイブレーション

ヒラメ用に開発されたメタルジグも当然よく効くのですが、他の釣りで使う目的で製作されたメタルジグのほうが、ヒラメを釣り上げてしまうこともあります。

メタルジグは、底取りがカンタンにできますし、遠投性能もバツグン。

ヒラメの鋭い歯で破損してしまう恐れもありませんから、安心して使うことができるルアーです。

歯が立たないという意味では、鉄板系のバイブレーションもヒラメルアー向きといえるでしょう。

ダニエルは、手元にブルブルを感じながら
スローで巻いて、ヒラメを多数釣り上げた。
飛ぶし、泳ぐし、手元に伝わるし、
シンペンを含めて、最強のルアーだと思う。

出典:amazon

メタルジグはリフト&フォールで、鉄板系バイブレーションはリトリーブで、というのがアプローチの基本だと考えられてきました。

ところが最近リリースされたメタルジグの中には、リトリーブするだけで左右にボディを揺らしながらスイミングするタイプがありますし、鉄板系バイブレーションもリフト&フォールでヒラメをバイトに持ち込めるようになっています。

ルアーの進化は、種類の境界線すら失くしてしまう方向に進んでいるのかもしれません。

単体のルアーが、さまざまなアクションを起こせるというのは、アングラーにとって大きなメリットになるはず。

手にしたルアーをきっちり理解してから、ヒラメゲームをスタートしなければならないということでしょう。

さまざまなアプローチでヒラメゲームを楽しもう!

ヒラメゲームに用いるルアーや関連情報を特集してみましたが、いかがでしたか?

船釣りでしか大きなヒラメは釣れない!と考えられていたのは過去のこと。

これからは、さまざまな釣り方を駆使して、多くのアングラーにヒラメをゲットしてもらいたいですね。

そのために必要な情報を、FISHIG JAPAN編集部ではリアルタイムで追いかけて掲載していく予定です。

気になる対象魚や釣り方の特集を、今後も積極的にアップしていきますのでご期待くださいね!

ヒラメの謎に迫る!ヒラメってカレイとどう違う?その見分け方から驚くべき生態の変化、釣法まで、奥深いヒラメの全容をじっくりと解き明かします!

皆さん、カレイ、ヒラメと聞いてどんな魚を思い浮かべますか? 体は偏平、目は体の片方にそれぞれ、背は茶色で腹は白くて海底にいる…という感じでしょうか? ヒラメとカレイはよく似た…

FISHING JAPAN 編集部
ヒラメの謎に迫る!ヒラメってカレイとどう違う?その見分け方から驚くべき生態の変化、釣法まで、奥深いヒラメの全容をじっくりと解き明かします!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング