ワーム 写真

TKツイスターはあらゆるリグで使用可能な飛距離抜群ワーム!気になる使い方やインプレ、フックサイズなどを一挙ご紹介!

FISHING JAPAN 編集部

ハイプレッシャーシーズンや活性の悪い時のバスフィッシングで使いたいのが、グラブ系ワームですよね。

メガバスのTKツイスターは様々なリグを使ってアクション変化を楽しむことができます。

そして、飛距離も安定していることから、釣り人から非常に人気が高いです。

今回は気になる使い方やインプレ、フックサイズなどをご紹介します。

TKツイスターとTKツイスターJr

このワームには、2つのサイズ展開があります。

オリジナルサイズのTKツイスターは、4.5インチです。

高比重マテリアルなので、小~中規模フィールドでは対岸のカバーに投げられるほど飛距離が伸び、バスに大きくアピールします。

一方、TKツイスターJrは、3.5インチです。

オリジナルサイズより一回り小さく、口を使わないバスの活性を上げるのに効果的です。

フックサイズは?

オリジナルサイズに使用するフックサイズは、#2/0または#3/0がベストです。

遠投したい時は#3/0、近距離や障害物が多いエリアではフックが出にくい#2/0がおすすめです。

一方、TKツイスターJrのフックサイズは、#5/0がベストサイズです。

実際にサイズ違いを使い比べてみて、使いやすいものを選ぶのもいいかもしれません。

TKツイスターの使い方は?

使い方は、ボトムでゆっくりズル引きやシェイクが効果的です。

ノーシンカーやテキサスリグはもちろん、リーダーレスダウンショットやネコリグ、ノーシンカーワッキー、ダウンショットリグ、ダウンショットワッキー、ジグヘッドリグ、ラバージグ、アーキーヘッド、フットボールヘッドなど、あらゆるリグでアクションを変えることができます。

エリアやターゲットに応じたセッティングが求められます。

ワームにはスリットがはいっているのでセッティングしやすいですよ。

リグ別水中動画はこちらをご覧ください!

インプレはこちら!

ノーシンカーでもかなりの飛距離がでます。尚、様々なリグが可能!!自分はノーシンカーで使用しています。

出典:アマゾン

琵琶湖で46センチをあげました。ノーシンカーでもかなり飛ぶし、水中に沈む速度もいい!!ウォーターメロン、ヌマエビの色がオススメ。

出典:アマゾン

小さいのにMクラスのベイトでも良く飛び野池の釣りで非常に重宝しています!

出典:アマゾン

釣れる匂いだとは分かりますが...臭い。部屋や車では開けないようにするべきです。去年は40UPを10本以上これであげてます。ノーシンカーもおススメですし、自分はラバージグのトレーラーなんかにも使ってます。

出典:アマゾン

飛距離が安定していることから、ノーシンカーで使用している釣り人も多いのではないでしょうか。

インプレでは、ウォーターメロンシードというカラーが特に人気でしたよ!

普通の巻きではなかなかバスが食ってこない難しい状況のときは、ぜひTKツイスターを使ってみてくださいね。

詳細はメガバスの公式HPをご覧ください!

ご購入はこちら!

関連記事

タダマカナイトはただ巻きで稚魚の動きを再現できるシャッドタイプワーム!特徴やインプレ、カラーなど合わせてご紹介!

フラッターベイツのタダマカナイトというワームをご存知ですか? ビックフィッシュを釣るために開発され、シーバスからヒラメ、マゴチなどのサイズアップが期待できるシャッドタイプワーム…

FISHING JAPAN 編集部
タダマカナイトはただ巻きで稚魚の動きを再現できるシャッドタイプワーム!特徴やインプレ、カラーなど合わせてご紹介!

この記事に関するテーマ

テーマをクリックすると、テーマに関連する一覧が表示されます!

全てのテーマを見る

DAILYランキング